<   2013年 03月 ( 41 )   > この月の画像一覧
申し訳ありません
しばらくお休みいただきます
by shackinbaby | 2013-03-25 18:36 | Comments(25)
帰りました
明日から仕事出来るでしょうか、僕の頭と体はまだ切り替えが上手くいっていません。
f0036857_22541024.jpg

出かけていた先は九州の温泉、ドライブをした道の周囲には桜の木も多かったですが、山の中は福岡などの都市部と違って、まだまだ咲き方は遅めでした。
雄大な「由布岳」は野焼きが終わった後のよう・・・。
f0036857_22542268.jpg

遠くの景色はややかすみがち、これはやはり黄砂などの大気汚染によるものだったのでしょうか。
by shackinbaby | 2013-03-21 00:29 | 旅行 | Comments(2)
ヒルトンのQ2プロモ
ヒルトンの今年第2四半期のプロモーションが発表になっています。
名前は「デイリーグランド」、レジスターは

     http://www.hiltonhhonors.com/HH22013

から出来、詳細は

     http://hhonors3.hilton.com/en/promotions/daily-grand/faq-english.html

です。
ま、最近多いタイプのもので、びっくりするようなタイプのものではなかったのは、ポイント規定改定後のプロモとしてちょっとがっかりかなって感じです。
by shackinbaby | 2013-03-21 00:17 | ホテル | Comments(0)
もう少しゆっくりしています
すみません、まだリラックス中のshackinbaby一家です。
f0036857_1704566.jpg

いつものブログ体制に戻るのに、もう少し時間ください。
by shackinbaby | 2013-03-20 00:04 | 旅行 | Comments(7)
やっとだね、成田空港
成田空港の離発着が、午前0時まで可能になるそうです。
この空港の午後11時から翌日午前6時までの夜間離発着制限は開港以来で、騒音対策のため設定。
緊急事態などを除き、1分でも「門限」に遅れれば着陸を認めてこなかったのですが、昨年来、少数の機体をフルに活用してコストを引き下げる格安航空会社(LCC)が相次ぎ参入、門限のために欠航や他空港への代替着陸が続いていました。
空港の地元自治体となる千葉県成田市と芝山町が午前0時までの離着陸を認める国土交通省などの緩和案に同意、3月31日からの航空自由化(オープンスカイ)に合わせて制限を緩和するとのことです。
まずは利用者として素直に良かった、この1時間でもずいぶん状況は違ってくるでしょう。
by shackinbaby | 2013-03-20 00:01 | 旅行 | Comments(0)
ただいま休息中 
ただいまshackinbabyは休息中です。
f0036857_16524456.jpg

帰りましたら、またゆっくりと・・・。
皆様へのお返事は少し遅れるかもしれません、お許しください。
by shackinbaby | 2013-03-19 00:03 | 旅行 | Comments(0)
美味「モリエール」 (2)
札幌・円山公園脇のフレンチ・レストラン「モリエール」でゆったりランチのshackinbaby、まさに至福の時間でした。
フォアグラは筍と出されました。
f0036857_1146762.jpg

運ばれてきた時には大根と合わせてあるのかと思いましたが、何と筍と・・・。
もちろんこれも合います。
フォアグラも上質なら、筍がまたほぼ主役。
その柔らかさ、味の入り方、文句なしです。
付け合せの蕗の薹、ウルイ(オオバギボウシ)も季節感充分で、日本人によるフレンチの良さ全開の一皿でした。
魚はこの日はカスベ。
まずはこんな皿が運ばれてきて・・・
f0036857_1146175.jpg

そこに肉厚のカスベが熱々のムニエルで登場。
f0036857_11462951.jpg

取り分けの手際も最高で、味もこの店のスペシャリテを自認するだけあってかなりなもの。
f0036857_11464040.jpg

プレゼンテーションもドラマチックで実に完成された一皿、そう思いました。
ところで、カスベって?一瞬僕も「何?」と。
北海道ではエイのことをそう言うそうです。
煮付けにしたり、焼いて食べたり・・・。
味は、癖がなく淡白で鰈のような食感です。
ソースはブールノワゼット系の濃いもの、付け合せのロールキャベツとも相性はぴったり。
そしてお口直しの紅茶と洋梨が香るシャーベットの後は・・・
f0036857_11465453.jpg

メインの合鴨の登場です。
f0036857_1147655.jpg

ここでも鴨の処理・焼き方が最高で、滲み出てくる血の色もきれいなら、味も臭みの少ない美味しい血の味(?)が楽しめて、使われている柚子やセリもいかにもこの店が目指していそうな「北海道フレンチ」で、成功しています。
数口食べたちょうど良い頃、絶妙のタイミングでサーブされる、熱々作りたてのポテトグラタンとこのソースの相性も最高で、いや~~、お腹は超満杯に・・・。
f0036857_11471935.jpg

デザートはヴァシュラン、焼きメレンゲです。
f0036857_11473324.jpg

下にはアイスクリームが敷かれています。
最後の好みの飲み物と、ミニャルディーズとしてフルーツコンフィとマシュマロ。
f0036857_11474665.jpg

マシュマロは長く紐状になったものを切り分ける形、あ、切り分けることろを写真に撮っておけば良かった、余りの満腹感と幸せ感に写真撮るの忘れちゃいました。
これで6400円+です。
東京と比べると相当にリーズナブルな値段で、実に満足感の得られる食事を楽しめましたよ、この店。
料理の味もですが、サービス陣が本当に良い感じで、近くにあったら、何かにつけて通いたいと思うような素晴らしいレストランでした。
(もちろんそういう時はもう少しお安いコースで、ですけどね)
by shackinbaby | 2013-03-18 23:45 | 旅行 | Comments(28)
美味「モリエール」 (1)
花粉から逃れたい、大雪も見てみたい(雪でお悩みの方、ごめんなさい)・・・その他もろもろの理由もあって、札幌に出かけてました。
もともとの仕事は日帰りの予定だったのですが、そういう意味でせっかくの札幌、一泊出来ることになったのはラッキーというべきでしょうか。
f0036857_11293030.jpg

泊まることで僕の自由になる時間は当初の予定より格段に増え、2日めの午後はこんなところでゆっくり過ごすことが出来ました。
f0036857_11294443.jpg

円山公園近くのフレンチ・レストラン「モリエール」です。
f0036857_11295593.jpg

この辺りは高品質のレストランがかなりな数、点在するようで、フレンチだけ見てみても「ル・バエレンタル」や「コートドール」、寿司屋だと「すし善」や「和喜智」など名店と言われる店があちこちに・・・。
冬のウィークデイのランチということでどの店も予約は前日でもほぼOK、電話での応対が特に感じ良かったこの「モリエール」、実際に店でのサービスも心のこもったフレンドリーな中に節度があって、ミシュラン最高点の評価に恥じないものでした。
f0036857_1130740.jpg

その前日が札幌市内、相当な渋滞でタクシーでの移動に予想以上の時間がかかったので、この日はこの店に行くのに地下鉄を使いました。
「西28丁目」という東西線の駅から、普通に歩けば6~7分の円山公園に面した分かりやすい場所にある店なのですが、雪に慣れていない僕はこうした普通の表通りの道を歩くだけでも悪戦苦闘。
凍ったところで足を滑らしたり、積もった雪に足を踏み入れてしまったり、それに当たり前ですが気温は氷点下、吹く風も冷たく、いや~~、僕は雪国では生きていけそうもありません(泣)。
f0036857_113023100.jpg

「モリエール」のドアを開けるや、そんな駅から店までの辛さ(?)を忘れさせてくれる至福の時間が待ってくれていました。
親身のあいさつ、ねぎらいの言葉、淀みないサービス、2面が総ガラス貼りの明るい店内、そこから見える一面の雪景色、円山公園の少しの緑、完璧な空調、シンプルでクラシックだけどエレガントなテーブル・セッティング・・・。
f0036857_11303381.jpg

メートルドテルもソムリエも押しつけがましくなく、実にフレンドリーかつ丁寧、気持ちの良いサービスをしてくれます。
こちらが一人の出張族と見るや、長くはありませんが上手に会話を入れてきてくれます。
f0036857_11304331.jpg

お昼のコースは確か3種類ほど、まずは熱々で運ばれてくる牛蒡のポタージュ。
この熱さが冷えた外から入ってきた僕にはちょうど良く、牛蒡の土臭さが最高に良いほうにフレンチされていました。
続いては百合根のカプチーノ仕立て。
f0036857_1131086.jpg

百合根のほっこりした甘さが120%引き出されていて、優しくそれでいて見事の素材の味を感じさせる・・・この店はどの食材にも北海道産のものを使っているようです。
パンは1種類、バゲット。
f0036857_1131132.jpg

美味しく良く焼けていますが、これは一流店なら当然程度かも・・・。
そして次は鰊の燻製のサラダ。
f0036857_11312238.jpg

春を待つ畑のように多種多様の野菜、茸、フルーツが・・・。
これは美味しい、鰊がこんなにも臭みなく食べられるなんて!
傍に置かれた胡麻も効いている。
ちゃんとしたメニュー表、後でもらっておけば良かったです、ソースの説明とか充分あったのですが、結構忘れてしまっています(すみません)。

     http://www.sapporo-moliere.com/index.html
by shackinbaby | 2013-03-17 23:28 | グルメ | Comments(10)
星のや東京
去年の8月頃でしたっけ、ここで「『大手町に温泉ホテル』ってもしかして・・・」という話題を取り上げ、その時確かBonさんが「星野リゾートあたりがやるんじゃないでしょうか」とおっしゃられていた件での、続報です。
やはりBonさんの睨んだ通り、三菱地所が進める「丸の内再構築プロジェクト」の一環に属する「大手町一丁目5番1」に建てられるのは、「星のや」の軽井沢、京都、竹富島に続く「星のや東京」だそうです。
プレスリリースによると

     http://www.value-press.com/pressrelease/108632

   建築概要 :地下3階、地上18階 最高高さ 約90m
   新築工期 :2014年度~2016年度(予定)
   客室数  :84室
   延べ床面積:約12、000平米
   構成要素 :日本料理レストラン・スパ・カンファレンスルーム・ショップなど
とのこと。
施設は最近その主流を占めるオフィスビルとの複合型ではなく、独立型の一棟丸ごとホテルとなるそうです。
18階建てというビルに「塔状の旅館」という概念を設定、外壁には江戸小紋の考え方を導入したり、建物全体のデザインを重箱をモチーフとして和を表現するなど、日本旅館のモダンなデザインを展開という情報もあります。
「星のや東京」は、同社が培ってきた日本旅館本来の運営手法を活用し、都市ホテルの新しい運営方法を実践する計画と・・・。

     http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20130315-00033411-diamond-bus_all

「星野リゾート、大手町で“一棟丸ごと温泉”運営国内観光業初の”REIT”参入も」という上記の記事によると、
「18階建てビルの最上階に、目玉となる天然温泉浴場を設置し、84室の和風客室、日本料理レストランを設える。
東京都心のど真ん中に、“ビル1棟丸ごと”温泉旅館が出没することになる。
客室料金は1泊5万円前後となる予定で、海外からの外国人出張者・観光客などの富裕層を取り込みたい構えだ」
とのことです。
そして、これは僕にはよく理解出来ていないのですが
「星野リゾートが、不動産投資信託(REIT)市場へ参入する。
早ければ6月末にも、保有・運営する宿泊施設を組み入れたREITを東京証券取引所に上場させる方針だ。
上場時の資産規模は200~300億円となる見込み」
との記述もありました。
資金調達には良い手法なんでしょうが、これの評価は僕には今の時点では何とも言えません。
この競争の激しい地域でのホテル戦争、84室で収益をあげてゆくのは、ご近所にオープンするといわれている「アマン・リゾーツ」だって難しそうな気がしますが・・・。
by shackinbaby | 2013-03-17 00:03 | ホテル | Comments(10)
BAの「ハーレムシェイク」
レッドノーズデイってご存知ですか?
Red Nose Day。
そう、赤い鼻の日ということ。
映画「ノッティングヒルの恋人」の脚本を書いたリチャード・カーティス氏らが設立した「コミックリリーフ」という慈善団体が奇数年に行っているイギリスのチャリティ・イベントで、「レッド・ノーズ」というスポンジやプラスチックでできた赤い鼻をスーパー・マーケットなどで1ポンドほどで買って、鼻につけるんだそうです。
みんな笑顔に・・・という意味でしょうか。
そしてその収益金は「コミック・リリーフ」に入る、日本で言うなら「赤い羽根」募金のようなものらしいです。
学校や職場でも募金活動が行なわれ、テレビでもこの日はBBCなど長時間特別番組を放送したりしています。
募金は大体1億ポンドくらい集まるそうですから、日本の同種の募金活動を大きくしのぐイベントですよね。
で、今年のレッドノーズデイ、各所でさまざまなサブ・イベントが行われていて、ブリティッシュエアウェイズもこの日に、レッドノーズ塗装した767型機で、「最も高い位置での『ハーレム・シェーク』と『コンサート』」という記録を立てて、この日を盛り上げたそうです。
高度は43000フィートでギネス記録も樹立、飛行機で歌ったのはキム・ワイルドとトニー・八ッドレーで、募金総額は450万ポンドにもなったと・・・。

     http://press.ba.com/?p=3056

でも前にも書きましたけど、飛行機の中での大騒ぎはどうにも理解出来ません。
安全には支障ないとのことではあるし、今回はブリティッシュエアウェイズともあろう名門会社がギネスに記録を申請までしての高所パーティですが、僕には生理的に好きになれない馬鹿騒ぎに見えます。
何もここでやらなくても・・・。


by shackinbaby | 2013-03-16 23:11 | 旅行 | Comments(6)