<   2013年 08月 ( 55 )   > この月の画像一覧
うちの奥さんと東京駅デート (3) 「Cantonese 燕Ken Takase」の続き
「Cantonese 燕Ken Takase」のランチ・コース2皿めは、うちの奥さんと僕、主に広東風季節の蒸し餃子三種で、同じでした。
f0036857_15523390.jpg

どれもしっかりした味付けがなされているので、これ以上の調味料は不要。
茸など季節の野菜の具やスープの味も濃厚です。
次はスープ。
f0036857_1552484.jpg

僕の方は金糸瓜と夏野菜入りのコーンスープ、燕の巣のコラーゲン添えです。
金糸瓜とはソウメンカボチャ、最近はすっかりポピュラーになりましたね。
コーンがすごく甘く、金糸瓜とやや硬めのコーンなどのテクスチャーの違いも楽しい一品。
このシェフらしく、燕の巣でコラーゲン入れてきています。
ただビジュアル的にはどうでしょう、もう少し何とかなっても・・・。
奥さんの方は冬瓜と金糸瓜のチキンコラーゲン入りスープ、干し貝柱風味でした(写真省略)。
4皿めは広東三種野菜のバラエティというもので、これも夫婦共通。
f0036857_1553667.jpg

一番左が涼菜の鴨塩漬卵風味です。
f0036857_15532087.jpg

真ん中の黒く見えるものはアマランサス(莧菜)のガーリック炒め。
アマランサスもキヌアなどと並んで、最近はやりの食材。
いわゆる擬似雑穀で、そのタンパク質は精白米の約2倍。雑穀の中でもタンパク質の多い蕎麦をも上回っていて、質的にもとても優れています。
カルシウムは精白米の25倍、脂質は5.6倍、鉄分は50倍と、ヒエ、キビ、アワなどに較べてもはるかに多く、その他、繊維、リン、カリウムなども多い、本当に栄養価の高い食品なんです。
右のは節瓜の干し貝柱ソース。
f0036857_15533577.jpg

節瓜は香港では良く見ますよね、旬は冬だったかな、毛瓜って言われているあれです。
どれも中華の野菜料理って感じ、僕は真ん中のアマランサスの炒めが好きかな・・・。
僕の方のメインは車海老のマンゴマヨネーズソース、卵黄抜きのヘルシースタイル、リーフサラダ添えです。
f0036857_1553574.jpg

これは「SENSE」時代からあったはず、シェフのスペシャリティ?
海老の質は文句なく、マンゴが香るマヨネーズソースも悪くないのですが、僕はこれは卵黄入り普通のマヨネーズソースのコクの方に分があるのでは、なんて思っちゃいました。
少し捻った新感覚のヘルシー&クリエイティブ中華としては成功なんでしょうが・・・。
奥さんの方のメインは豚ロース肉と夏野菜炒め、オリジナルVXO醤とともにです。
f0036857_15541262.jpg

ソースの手作りはさすがですね。
僕にはややヴォリューム不足に見えたメインでしたが・・・。
次の麺は黄ニラ、もやしと大豆ミートの細切り炒め入り香港細麺スープヌードル。
f0036857_15543082.jpg

これは本当に香港の味、スープも最後まで飲み干したいくらいでした。
奥さんの方は炒飯。
f0036857_15545177.jpg

香り大豆と香港漬け菜、アマランサス入りの野菜炒飯というもので、揚げた大豆などテクスチャーも面白く、僕も味見させてもらいましたが、悪くなかったです。
具が野菜ばかりなのに、肉なしを感じさせないところが、さすがヘルシー中華。
そして最後のデザートは冷製のスイカの再構築といった感じのものでした。
レモンゼリー入りスイカのピューレ、バジルシードのコラーゲンとミントの香りというのが正式な名前のよう・・・。
f0036857_15551355.jpg

スイカのピューレの上にプラセンタ入りのジュレ、そしてバジルシード。
周りのスイカの皮にあたるところはキウイとバジルのソースだったと思います。
さあ、この7品のコース、どう総括しましょうか。
一捻りした新感覚の広東料理、医食同源をテーマにヘルシーでいて美味しい、そして見ても美しい中華料理として評価は出来ますが、どうしても「SENSE」時代より値段分やや贅が尽くされていない感じ。
僕的にはやや不完全燃焼なランチコースでした。
もちろんどれも水準以上の美味しさではあると思うのですが・・・、歯切れの悪い表現ですみません。
by shackinbaby | 2013-08-31 20:25 | グルメ | Comments(4)
空の上でもお好み焼き@ピーチ
LCCのピーチ、あそこのピーチ・デリなる機内販売の軽食はいつでもよく考えられてるなと思ってましたら、今度は秋メニューに有名お好み焼き店「千房」特製の「お好み焼き」(700円)が登場だそうです。
f0036857_8223855.png

関西ベースのエアラインを自負するピーチとしてはいかにもですが、機内食にするにはやや臭いが問題かも、実際にはどうなんでしょう。
で、こうなると次は551の豚まん?(笑)
by shackinbaby | 2013-08-31 20:24 | グルメ | Comments(4)
うちの奥さんと東京駅デート (2) Cantonese 燕Ken Takase
うちの奥さんと東京駅周辺でデート(?)中。
ランチは予定していた(でもランチなので甘く見て事前に予約はしていなかった)「アルカナ東京KARATO」に満席とふられ、そこで次の候補に考えたのが「東京ステーションホテル」の「Cantonese 燕Ken Takase」です。
f0036857_1546350.jpg

「シェラトン・グランデ・トーキョウベイ」、「ホテル日航東京」の中華を経て、「マンダリンオリエンタル東京」の「SENSE」で初代の料理長となり、「SENSE」をミシュランの星に導いた高瀬健一シェフが独立して開いた中華レストラン。
電話を入れてみると、まだ席は用意出来るとのこと、良かった、ランチは「アルカナ東京KARATO」から「Cantonese 燕Ken Takase」に変更です。
f0036857_15461799.jpg

(JR東京駅丸の内南口改札を出ると、ドームの下にホテルへのエントランスが3か所ありますが、そのうち真ん中のここから地下のレストランやフィットネスに行く階段があります)
ホテルのウェブにはこの店のコンセプトとして

マンダリンオリエンタル東京の「カントニーズダイニング SENSE」でミシュラン一つ星を獲得し、その後も日本の中国料理シーンを牽引し続けるシェフ高瀬健一が、自身初のオーナー料理長としてこだわり抜いたヘルシーな広東料理を提唱するレストラン。
紀元前から現在に至るまで本場広州や香港などで日常的に親しまれている医食同源の思想に基づいて再昇華された広東料理は、これまでの日本人の中国料理に対する固定観念を根底から覆すほどの健康的で繊細かつ高貴で奥深い味わい。
自身で香港まで足を運び厳選して取り寄せた副材料や新鮮な季節野菜などを随所に取り入れた珠玉の逸品の数々を、その魅力を余すことなく全てのお客様にお楽しみいただけるように考え抜かれた丁寧なプレゼンテーションで提供します。
美食の中心都市東京から発信する、ここでしか味わえない身も心も若返るようなニューカントニーズの新世界を是非一度ご自身の五感で体験してみてください。


とあります。
相変わらずこういう文章はすごいですねぇ。
果たして僕らもこう感じるのでしょうか。
f0036857_15464112.jpg

(もちろん↑の階段を使わなくても、いったんホテルに入ってからこのエレベーターでレストランのある地下に行くことも出来ます)
おぉ、モダンな感じのエントランス。
従来の中華料理店ぽくは全くありません。
f0036857_1547097.jpg

店内のインテリアはこんな感じ。
f0036857_15472178.jpg

ややダークな印象ですが、シックなエレガンスを感じる、そう、フレンチ・レストランと言ってもいいような中華のレストランとしては新感覚派で僕らを迎えてくれます。
f0036857_15473685.jpg

スタッフのスキルにはややばらつきもあり、僕のところからはキッチンの入口なども見える席だったので、そこでのスタッフの私語、ある人は頻回にズボンをずり上げるなど(癖?)気になることもありましたが、ま、おおむねは平均と言えるでしょうか。
f0036857_15475665.jpg

(こういうディスプレイもヌーベルですね)
f0036857_1548532.jpg

ランチのコースは3000円(野菜中心)、3800円、5800円、7500円・・・とあります。
お茶はこんな茶器でモダンに・・・。
高いお茶もありますが、これは金木犀の香りがする清香黄金桂というもの、これならたったの800円です。
f0036857_15492782.jpg

もちろん何度でもお湯を足してくれますが、香りはだんだん失せて行いってしまいます(当たり前か)。
僕のオーダーは艶燕という5800円のコース、奥さんは麗燕という3800円のコース。
共に7品からなるようです。
まずこれは僕の方の前菜。
f0036857_15494479.jpg

茹で鶏の冷製を真ん中に、周りにヒアルロン酸入りの夏野菜のサラダ。
サラダには熟成黒酢のジュレと胡麻ドレッシングがかかっていて、これは恒順鎮江香酢の勝利ですね、美味しくいただけました。
こちらは奥さんの方の前菜、健康野菜のオードブル四種盛り合わせというもの。
f0036857_15495842.jpg

プレゼンテーションもきれいで、ヘルシー&クリエイティブなのは分かるのですが、どうなんでしょう、「SENSE」だったら値段も相当違いますが、もう少し凝りまくってますかね。
奥さんの味の評価は「まあまあ」と。
by shackinbaby | 2013-08-30 18:01 | グルメ | Comments(6)
最新のアマンは「アマノイ」
「アマン・リゾーツ」26番目のホテル、「アマノイ」(AMANOI)がこの9月、ベトナムにオープンします。

     http://www.amanresorts.com/amanoi/home.aspx

場所はホーチミンシティから北東に飛行機で1時間、ベトナム航空でホーチミンシティの他、ダナンやハノイからも便があるカムラン空港(CAM RANH AIRPORT)へ、そこからヌイチュア国立公園(NUI CHUA NATIONAL PARK)内を車で90分走ったところにあるビーチ・リゾートとのことです。

     http://en.wikipedia.org/wiki/Nui_Chua_National_Park

f0036857_18451167.jpg

ホテルのあるビンハイ湾(VIN HY BAY)はベトナム有数の美しさを誇る海辺と、日本語訳はおかしいですが、ここに詳しく出ています。

     http://yesvietnam.info/ninh-thuan/ngo-ngang-ve-dep-vinh-vinh-hy/?lang=ja

確かにアマンが選ぶだけあってきれいなところですね、程度にハイダウェイだし・・・。
f0036857_18453790.jpg
f0036857_18455053.jpg

ただお値段はやや高めでパビリオンがUS$750+~US$1375+、ヴィラとなるとUS$5800+~US$8500+までいっちゃいます。
場所がベトナムなので、日本人にもあっという間に人気のホテルになるでしょうね。
by shackinbaby | 2013-08-30 18:00 | ホテル | Comments(2)
うちの奥さんと東京駅デート (1) KIITE
東京駅丸の内口の景色が、これで本当に変わった気がします。
1931年、日本最大級の郵便局として東京駅丸の内口前に建てられた「東京中央郵便局」が、建築から82年という時を経て、当時の姿を可能な限り残しながら、「KITTE](キッテ)という施設に生まれ変わったのです。
f0036857_15402194.jpg

東京駅に直結、地下1階から6階まで7つのフロアに広がる館内には、日本の物作りや心地良さを伝える東京初出店の店を多く含む約100の店が集結。
f0036857_1540372.jpg

ここ「KITTE」は、旧「東京中央郵便局」の局舎を一部保存・再生した部分と、新たに建築した新築部分で構成されています。
昭和モダニズムの代表建築だった「旧「東京中央郵便局」を踏襲するエクステリア、そしてインテリアの方は今をときめく隈研吾氏が担当されたようです。
聞くところによるとこの「KITTE」のコンセプトは、「FEEL JAPAN」とか・・・。
1通の手紙に切手を貼るとたちまち郵便になり誰かのもとに想いとして届いていくという、日本郵便がこれまで提供してきた郵便事業への思いをコンセプトに込めているとのことです。
(こういうコンセプトとか考える人って、何かすごいですね。いや、やっかみとかそういうことでなく・・・
f0036857_1540582.jpg

館内は中年の女性グループを中心にかなりな混みよう。
1階にあるチョコレート専門店「メリー」と以前ここでも取り上げたフランスのセント・ヴァレンタイン村にあるミシュラン1つ星レストラン「オ・キャトーズ・フェブリエ」がコラボしたカフェ「MARY’S CAFE」(メリーズ カフェ)など昼前というのにもう満席でした。
うちの奥さんは早速自分が行きたかったお目当ての店へ・・・。
僕は彼女にはついていかず、興味のあった4階にある旧「東京中央郵便局長室」なんてところへ、でもここはちょっと残念な出来でした。
八角形の柱や壁の傷など当時のままの状態というのが売りのようですが、机や書類棚などの備品は一切なく、ただ部屋の中に当時の写真が数枚あるだけ。
f0036857_15411566.jpg

でも窓の外からは、東京駅丸の内駅舎がこんな風に見えるんですよ。。
f0036857_15413314.jpg

パノラマでも撮ってみました。
f0036857_15421535.jpg

奥さんの買い物が長引いているようなので、今度は最上階6階にある「KITTEガーデン」で時間をつぶします。ここは東京駅を目の前にした1500平方メートルもある開放的な屋上庭園。
昨年復元された東京駅丸の内駅舎や電車の発着風景がいつまでも見飽きないビューポイントです。
f0036857_15423353.jpg

またもパノラマ撮影。
f0036857_15431310.jpg

奥さんのショッピングがすんだところで、今度はランチ。
どこで食べましょう、ここ「KITTE]の地下1階・5階・6階には飲食店が一杯、やはりここは最上階6階にある「日本のおもてなし」をテーマにしたやや高級めのレストランでしょうか。
f0036857_15433378.jpg

でも残念、僕が第一候補に考えた「アルカナ東京KARATO」などもう予約で一杯とのこと。
まさか暑い夏の日のこと、「アルカナ東京KARATO」でもこのテラス部分じゃ食事出来ないですものね。
じゃ、どこにしよう・・・。
あ、あそこは?
by shackinbaby | 2013-08-29 17:27 | 旅行 | Comments(0)
今後の予定
まだまだ隠遁中のshackinbabyです。
旅行・グルメ系ブログのここにはこの後、いくつかのホテルやレストランのレポート、「月餅買いに週末香港弾丸」、「ボロブドゥール遺跡が見たかったから弾丸ジャカルタ」・・・などが登場する予定です。
もうしばらくは更新少なめかもしれません。
by shackinbaby | 2013-08-28 20:34 | Comments(10)
JAL機内食、大進撃?
9月からJALの機内サービスがいろいろ変わりますが、エコノミー機内食もコストを考えながら工夫を凝らしたものが出てくるみたいです。
まずは、成田発のロサンゼルス・サンディエゴ・シカゴ・ボストン・ニューヨーク・ロンドン・フランクフルト・パリ・ヘルシンキ線のプレミアムエコノミーとエコノミーで出される「AIR吉野家」。
AIRシリーズ第10弾の「AIR吉野家」は「吉野家」との2回目のコラボで、今回の売り物は「史上最高のうまさ」と・・・(すごい表現)。
f0036857_2325676.jpg

牛肉のやわらかさとうまみを徹底的に追求、店舗と同じうまさを高度約12000メートルの上空でも完全に再現することに成功、牛肉だけでなく、ご飯・玉ねぎ・たれ・紅生姜まで「すべて牛丼に一番」と思えるものだけを厳選し、凝縮したJAL自慢の一品なんだそうです。
前回も好評だった「AIR吉野家」、こう聞くと上空でも一度は食べてみたくなりますね。
片や、羽田発のサンフランシスコ、シンガポール、バンコク各線のプレミアムエコノミーとエコノミークラスの朝食では、スープ専門店「スープストックトーキョー」のスープ、「野菜と鶏肉のトマトシチュー」がメニューに載るそうです。
f0036857_233282.jpg

どうしても睡眠不足になり、食欲もいまいちな深夜便の朝食として、これはなかなか良いのではないでしょうか。
最後に上級クラスのほうになりますが、ANAのピエール・エルメに対抗してか、JALは以前からチョコレートを提供していたジャン・ポ-ル・エヴァンとコラボ、ファーストは「日本料理 龍吟」の山本 征治氏、ビジネスは創作料理「山田チカラ」の山田チカラ氏担当の創作スイーツが提供されるとのことです。
f0036857_2355614.jpg
f0036857_2361024.jpg

これも楽しみですね。
このところ機内食の話が多くてすみません。
僕、機内食って何か好きなんですよ、非日常で・・・。
by shackinbaby | 2013-08-28 20:33 | 旅行 | Comments(8)
懐かしのシベリア
shackinbaby@夏休み中です。
現在森の中の一軒家にいますが、車で10分も行けばコンビニはあります。
でも全国展開の店ではないせいか、品揃えは我が家の近所のコンビニとは結構違い、品数もかなり寂しい感じ。
そんな中、懐かしいものを見つけました。
これです、でもお分かりの方はもう少ないかも・・・。
f0036857_1465992.jpg

懐かしのシベリアです。
(シベリアケーキとも言ったような・・・)
形は三角形で、カステラの間に柔らかめの羊羹が挟まっているというもので、僕が子供の頃よく母にせがんで買ってもらった昔ながらの和洋折衷タイプのスイーツ。
最近ほとんど見たことがなかったのですが、当地のコンビニの店頭にはこれが数個並んでいたのです。
あまりの懐かしさに、即購入。
カステラ部分が昔より上質になっているせいか、懐かしさもプラスされて、美味しくいただけましたね。
ところで、このシベリアの発祥は上野公園前の今はなき「永藤パン店」といわれています。
(我が家では、ただ「永藤」と言ってましたが・・・)
あそこの玉子パンとか紫蘇パンは、大昔の我が家の常備おやつ。
日持ちがそれらよりは短い甘食も、父はよく買ってきてくれました。
甘食って、お若い方、分かります?
f0036857_14262534.jpg

(ネットに落ちていた写真。右が甘食、左が玉子パンです)
で、シベリアはその「永藤」の職人が甘党だった乃木将軍のシベリア遠征の時に考案して持たせたのが始まりとか・・・。
でもこのスイーツ、シベリアの広大なる雪原をひた走るシベリア鉄道をイメージしたものという記述もあって、ま、本当のところはよく分かりません。
奥さんが後ろから映画「風立ちぬ」でも、これ出てきたよ~なんて言ってます。
食べていると、子供の頃の思い出が・・・、家で待っている老いた母に絶対買って帰ろうなんて思いました。
by shackinbaby | 2013-08-27 19:33 | グルメ | Comments(10)
速報! 「コンラッド・ソウル」でもHPCJ特典が適応に!
皆様もうお馴染みの「ヒルトン・プレミアムクラブ・ジャパン」(HPCJ)、国内のコンラッド、ヒルトン、ダブルツリーbyヒルトンでの宿泊・飲食がいつでも割引になる優待プログラムですが、9月1日から何と「コンラッド・ソウル」も対象ホテルになるようです。
(公式サイトにはまだアップされていません)
f0036857_20571359.jpg
f0036857_20573211.jpg

後記:HPCJにも正式にアップされました。

     http://www.hpcj.jp/popup/130826/
by shackinbaby | 2013-08-26 20:58 | ホテル | Comments(0)
JALホノルル線機内食、「俺の・・・」・「クア・アナイナ」とコラボ
絶賛夏休み満喫中のshackinbabyです。
当地はとにかく空気が違う、もう四方八方から森林の匂い、少し奥に行くと山葵が取れるという小川まであるんですよ。
超リラックス。
皆様へのお返事が遅れていますが、ちゃんと目は通させていただいてます。
そんな中、「これは情報早いだろう」とアップ予定していたのがJALホノルル線の新機内食の話、でもJunさんにはもうコメント欄にアップしていただいていました。
(有難うございます、Junさん。
日本にはいらっしゃらないのに、本当にいつも最新・的確な情報とご講義に感謝感謝です)
まずは、成田、名古屋、関空発ホノルル便の新メニューから。
「俺の機内食 for Resort」というもので、行列の出来る人気店「俺のイタリアン」「俺のフレンチ」の総料理長たちの考案になるもの。
前菜は、イタリアン・シェフによるポテトサラダの上に海老のカクテルとコンソメジュレが乗ったもの、
メインディッシュには「俺のフレンチ」で人気のビーフストロガノフのJAL版、バターライス添えという布陣です。
f0036857_17314686.jpg

羽田発便のほうは、ハワイでも日本でも人気のバーガーショップ、「クア・アイナ」とのコラボ・メニュー、「クア・アイナ for Resort」だそうです。
f0036857_17313624.jpg

「クア・アイナ」店舗でも人気のサンドウィッチのJALアレンジで、いわゆるBLTサンドイッチのようです。
カリッとしたベーコンと甘みのある玉ねぎが入ったバンズに、レタスとトマトを客の好みで挟んで食べるスタイル。
経費は抑え気味でも、万人に合い、コラボ店のイメージで更に味が膨らむ、これはなかなか良い企画ですね。
この新機内食は、9月からのJALホノルル線リニューアルの一環。
「ハワイ線はJALにとって国際線の原点」という立場に立って、エコノミーだけではなくビジネスクラスの機内食も一新(スカイオーベルジュBEDD)、ビジネスクラスにはシェルフラットシートを導入、個人運賃と特典航空券利用者には「レインボートロリー」無料乗車特典、女性専用パウダースペースや授乳エリアの設置、ジェイク・シマブクロによるオリジナル・ミュージック・・・などで他社と差別化する予定だそうです。
by shackinbaby | 2013-08-26 16:18 | 旅行 | Comments(6)