<   2013年 09月 ( 66 )   > この月の画像一覧
バニラ・エアは12月20日から4路線で運行予定
バニラ・エアは12月20日から、成田空港を拠点として、那覇、新千歳、桃園(台湾)、仁川(韓国)の4路線に1日2~4便の複数便で運航予定と、発表しました。

     http://www.vanilla-air.com/press/20130930-1.pdf

航空券販売は11月1日からとのこと。
運賃はオープン時のセールはあるでしょうが、取り合えず片道、那覇までが7500円~、新千歳までは5500円~、桃園(台湾)は10000円~、仁川(韓国)は8000円~だそうです。
燃油サーチャージ無し、20キロまでの受託荷物も無料と・・・。
噂されていたグアムやサイパンへの予定は無さそうで、もしかするとこれはETOPSの認可の問題なんてのもあるかもしれません。
by shackinbaby | 2013-09-30 18:07 | 旅行 | Comments(4)
いつもと全く同じ、週末香港弾丸 (16) 「HOORAY」で香港の夕暮れを
僕の香港弾丸、夕方は香港島に渡り少しだけショッピングも・・・。
そして午後6時過ぎ、今度は銅鑼灣のワールドトレードセンター(「ザ・エクセルシオール香港、怡東酒店」の隣のビルです)5階にある「HOORAY」に行ってみました。
f0036857_1123444.jpg

ここは香港島でも最大級のハーバービュー・テラスを持つレストラン・バー。
歩き疲れをドリンクで癒すだけではなく、刻々と暮れ行く香港を目も前に出来る人気のスポットでもあるのです。
f0036857_1124867.jpg

席にはいろいろなタイプがあり、インドア席、しっかり食事出来そうなところ、ソファ席など・・・。
f0036857_113966.jpg

でも一番人気はやはりこのアウトドアのテラス部分でしょうか。
f0036857_1133088.jpg

夕暮れが近づくにつれて暑さの中にも吹く風に涼しさが加わり、その気持ち良さも格別です。
f0036857_1134476.jpg

僕は香港に行くと高層ホテルなど高いところからハーバーを見下ろすことが多いので、お隣の「ザ・エクセルシオール香港」34階の「トッツ・アジアン・グリル&バー」(ToTT's Asian & Grill & Bar)のテラスなどではなく、この低層のテラス・レストラン・バーを選んだのですが、これも正解だったようです。
f0036857_1135942.jpg

午後6時半を過ぎてくると、さっきまで真昼間感一杯だった陽の光がどんどん翳ってきて・・・
f0036857_1141250.jpg

後はもうまるでショウのようです。
f0036857_1144692.jpg

雲の多いややどんよりした日でもこれだけの景色、天気の良い晴れた日ならさぞかしでしょう。
f0036857_115671.jpg

ここはレストラン部分にも力を入れていて、シェフは何と「シャングリラホテル」の「なだ萬」出身の日本人と・・・。
なのでメニューにはイタリアンを中心に、おでんや焼き鳥といった日本料理まで並んでいます。
f0036857_1151960.jpg

この店が本当に込んでくるのはもっと遅くなってのようですが、僕は暗くなる寸前が好き。
f0036857_1153479.jpg

このくらいのところで腰を上げます。
ドリンクは一杯HK$100を見ておけば大丈夫です。
ちょっと高めですけどね・・・。
by shackinbaby | 2013-09-30 01:00 | 旅行 | Comments(2)
季節のご飯
今日の夕ご飯は、奥さん特製の栗ご飯でした。
f0036857_18212122.jpg

栗が知り合いからいつもいただく大粒のやつではなくて、市販の小さいのだったのはちょっと残念。
もうこういう季節なのですね、食後に飲むコーヒーも涼しくなってきてからどんどん美味しく感じられます。
by shackinbaby | 2013-09-30 00:59 | グルメ | Comments(2)
いつもと全く同じ、週末香港弾丸 (15) 永合隆飯店
「ザ・ミラ香港」にはチェックインから24時間いられるプランで宿泊しているので、今回はチェックアウト時間にいつものように気を使わなくても良いのは、嬉しいことです。
午後遅くなってから、昼の「キュイジーヌキュイジーヌ」(國金軒)で食べた叉焼があまりに美味しかったので、小食として燒臘店はどうだろうと考えました。
そんな中、思いついたのがMTR「太子(プリンスエドワード)駅」近くの「永合隆飯店」です。
f0036857_161263.jpg

地元の人たちが行き交うディープなエリア(MTR駅から歩いて2分、砵蘭街にあります)に馴染むこの焼味の専門店は、香港政府の認可を受けた焼味料理一筋50余年という超老舗店。
香港版ミシュランにも取り上げられたので、僕ら観光客にも一躍有名になりました。
f0036857_162658.jpg

店の奥のスペースで職人が豚などの食材をさばいて店頭で焼いて売るという自家製焼味が絶品との評判。
香港のこうした料理は一皿が日本よりやや小盛りなので、小腹を満たすにはちょうど良いかもと思ったのです。
f0036857_164278.jpg

店のオバちゃんたちは愛想はありませんが、決して不親切ということもない感じ。
もちろん言葉は広東語オンリーです。
なのでオーダーは基本的に指さし。
座ると箸とか蓮華が直にテーブルの上に投げ出されるので、食べる前に茶碗に入って出てくるお茶で洗いましょう。
僕のオーダーは2種類の肉を載せたご飯もの。
f0036857_171254.jpg

焼肉叉焼飯、一皿HK$45だそうです。
(一番下の写真の数字、読めます?)
ローカルな店としては結構高めの値段ですが、味はさすがに保証付き。
やや焦げてかりかりしたような部分からジューシーな内部まで、どの部分も美味しい・・・。
パサつきのない、とても良い感じの叉焼でした。
タレもあまり濃すぎず絶妙な味。
もう一つの焼肉と書かれた豚肉のローストの方もパリパリの堅い皮と分厚いジューシーな肉とのバランスが中々のもの。
f0036857_172790.jpg

メニューにはこんなにも種類がありますが、きっとどれも美味しいのでしょう。
f0036857_174287.jpg

向かいのテーブルに座ったオッちゃんが、どこかから小袋入りの調味料を持ってきました。
そうか、マスタードとかプラムソースとか常備している燒臘店も多いものな、どこか奥の棚にでも置いてあるのでしょう。
でもここの焼味、味がしっかり付いているので、そのままでも充分美味しかったですよ。
by shackinbaby | 2013-09-29 12:08 | 旅行 | Comments(6)
名古屋飯? (4) 味噌カツ
味噌カツも名古屋では外せないローカル料理でしょう。
これは「セントレア」(中部国際空港)の「矢場とん」で食べました。
この店、最近は東京駅前の「KITTE」にも店を出していて、あそこも結構行列は出来てますが、食べようとすれば東京でも簡単に食べられる名古屋飯ですけど。
f0036857_952196.jpg

僕のオーダーは「わらじとんかつ定食」(1680円)の「半々」。
普通のロースとんかつのほぼ倍の大きさで文字通り「わらじ」と同じサイズの薄いとんかつを、味噌だれとソースの2種類の味で食べようというのもの。
全部味噌だれだと飽きちゃうかと思って、これにしました。
f0036857_9523446.jpg

ところが、この味噌だれが美味い、普通のとんかつ部分は全くフツーで、いらなかったかも・・・。
甘く濃厚な味噌だれは、八丁味噌などの味噌、鰹出汁、砂糖とか水飴などを使っているのでしょう。
八丁味噌や鰹の匂いがきつすぎると僕はちょっと苦手入ってしまうのですが、ここのはちょうど良い、僕ら非名古屋人にも容易に受け入れOKの、ローカルの中にも洗練された味と言えるかも・・・。
f0036857_9524884.jpg

一味唐辛子や胡麻も味噌だれとんかつによく合います。
f0036857_953134.jpg

「セントレア」にもたくさんの飲食店がありましたが、この店が一番にぎわっていたでしょうか。
店頭で売られているかつサンドなども、かなり売れていました。
by shackinbaby | 2013-09-29 00:05 | グルメ | Comments(4)
いつもと全く同じ、週末香港弾丸 (14) スターバックスの月餅
「ザ・ミラ香港」の「キュイジーヌキュイジーヌ」で食事した後は、またも尖沙咀をぶらぶら歩きです。
まずはホテルの真ん前にあり、僕の部屋から溢れる緑が見えていた「九龍公園」へ・・・。
f0036857_0491597.jpg

公園側から見た「ザ・ミラ香港」。
この公園にはイスラム寺院の「九龍清真寺」があるので(部屋からも特徴ある丸屋根が見えていました)、近くにはイスラムの女性たちが多数たむろっています。
セントラル(中環)にフィリピン人の女性が日曜日多数集まってくるのの、イスラム版のようです。
足の向くまま、尖沙咀を歩きます。
喉が渇いたので、近くにあった「スターバックス」へ・・・。
f0036857_0493398.jpg

ここ「i SQUARE」(國際廣場)のスタバは巨大なガラス窓から「彌敦道」が一望の下。
人気店でいつも混んでいます。
で、ここで僕はまずいつもの月餅を買います。
f0036857_0494521.jpg

僕は香港のスタバの月餅が好みで、コーヒー味プラス・アルファの、中に玉子の入っていないモダンな月餅は、くど過ぎず、まさに日本人にも向く、美味しい中華風スイーツだと思っているのです。
今年はエスプレッソとヘイゼルナッツの月餅と、塩キャラメルとアーモンドの月餅の組み合わせ。
4個入りのセットでHK$228でした。
ここは月餅そのものに割引はないのですが、月餅を買うとトールサイズの飲み物無料券「To you, From us」なんてのをもらえちゃうのです。
しかも3枚も!
f0036857_0501248.jpg

例えば香港ではキャラメル・マキアートのトールサイズはHK$38ですから、HK$38X3=HK$114。
じゃ、月餅なんて結局ほぼ半額じゃん(笑)。
安過ぎ!
f0036857_0503047.jpg

もちろん月餅を買って会計した後、何食わぬ顔で(笑)無料券をカウンターに・・・。
f0036857_21335710.jpg

いろいろな月餅を買ってきましたが、やはり我が家的にはスタバの月餅が一番評判良かったです。
もちろん反論は多いと思いますが・・・。
by shackinbaby | 2013-09-28 01:00 | 旅行 | Comments(4)
最近のヒルトン
ヒルトン系のニュースをまとめて少し・・・。
★まずは、「ヒルトン大阪」初の大規模リニューアルのニュースから。

     http://www.sankeibiz.jp/business/news/130926/bsd1309261707005-n1.htm

525室ある客室を2014年度中に順次リニューアル、すでに改装済みの大宴会場やブライダルサロンに続いて、2015年にはその他の宴会場も一新されるとのことです。
確か開業は1986年とずいぶん昔ですからね、いつかはと思っていましたが、ヒルトン日本進出50周年を迎えての翌年、いよいよだそうです。
楽しみ。
デザイン・テーマは東京などに共通するクール・ジャパンでしょうか?

★次の話は9月26日夜の「ヒルトン・グアム・リゾート&スパ」での爆発。

     http://www.guampdn.com/article/20130926/NEWS01/130926004/BREAKING-NEWS-Police-holding-press-conference-scene-explosion-Tumon?odyssey=mod|breaking|text|Frontpage

まだ、よくその詳細は分かっていないみたいですが、ホテルのウェブにはプールを10月2日まで閉めますというアラートのみ。
こういう場合、トップページに何らかコメントがあるのが普通だと思うのに、本当に何もなしでした。

★それから第4四半期(Q4)のプロモーションについて。
今の段階で僕が聞いているのは、プロモの名前が「More nights, More points」で10月10日から、2連泊するとダブル・ポイント、3連泊でトリプル・ポイント、4連泊でクアドルプル・ポイントになる、というものらしいです。
最高4倍まで、つまり「UP TO 4X HH」と・・・。
正確なところはこのあと数日中にもオープンになるでしょう。
同タイプのプロモは以前にもありましたけど、僕にはあまり歓迎できるタイプのプロモじゃありません。

★最後に料金表示についてですが、来年の消費税値上げをにらんで、hilton.comでの「ヒルトン東京」、「ヒルトン大阪」そして「コンラッド東京」の料金が外税表示となり、表示される金額に5%の消費税と10%のサービス税が上乗せされるよう変更になっています。
他のヒルトン系ホテルも近日中に追随かと思われます。
by shackinbaby | 2013-09-28 00:59 | ホテル | Comments(5)
いつもと全く同じ、週末香港弾丸 (13) キュイジーヌキュイジーヌ(國金軒)
せっかく香港に来たのだから、どこか一軒くらいはファイン・レストランで食事してみたい・・・。
そこで選んだのは、僕の泊まっている「ザ・ミラ香港」内にある「キュイジーヌキュイジーヌ」(國金軒)というレストランです。
f0036857_0334863.jpg

この名前に記憶のある方は香港リピーター、そうです、セントラル(中環)のifcモールにある同名のレストランと同系列の店です。
f0036857_03455.jpg

5か所もレストランを持つ「ザ・ミラ香港」の中でも、シグネチャー・レストランという位置づけ。
店内はご覧のようにモダンさにエレガントさを併せ持つ高級レストラン・スタイルです。
でもここは香港、ゲストはかなりカジュアルな雰囲気の人が多くて、でもこの時間帯の飲茶中心の広東料理レストランのような喧騒は全くなく、あっという間に満席の皆さん、これが本当に香港の人?というくらいおとなしく静かに食事を楽しまれていました。
来る層が全然違う感じのするレストランです、ここ。
f0036857_0341863.jpg

日曜日の昼は大体3回転、僕は一番早い10時半からの予約を入れ、朝食・昼食兼用のブランチとしました。
飲茶の蒸篭を重ねているテーブルが多かったのですが、僕は一人でも注文可のセットランチに・・・。
割と好きなメニューが並んでいたからです。
f0036857_0343411.jpg

おつまみは叉焼入りの煮凝りと胡瓜の和え物、そして醤油漬けの大根。
ともにかなり美味しくて料理が来るまでの間、箸が止まりません。
後者は「ヒルトン東京」の「王朝」のご飯ものの時に出る漬物と似ています。
f0036857_0345123.jpg

まずは蒸し点心2種。
f0036857_035511.jpg

写真のピントが合ってなくて申し訳ありませんが、このレストラン、このスターターからして最高でした。
食べた瞬間に分かる質の良さ、美味しさ。
海老の新鮮なぷりぷり感、大きさが本当に凡百の店とは大違いです。
揚げ点心。
f0036857_0351736.jpg

これも美味しい、どうしたらこんなに脂っぽくなくサクサクはらはらに揚げられるんでしょう。
f0036857_0352995.jpg

香港らしく春巻きにはウスターソースをかけてみます。
次は叉焼と水母の盛り合わせ。
f0036857_0354594.jpg

これもすごい、叉焼がバカウマでした。
最近のあまり脂っぽくないタイプの叉焼ですが、このジューシーさ、この旨味、この食感、このほのかな温かさ!!
やはりこの美味しさは香港の高級店ならではのものでしょう。
f0036857_036772.jpg

スープは英語名でメニューにスピナッチ・スープとありましたが、実際にはシーフードのスープのよう・・・。
f0036857_0362130.jpg

たっぷりすぎるほどの海老、帆立、白身の魚はガルーパでしょうか、もちろんそれにほのかなほうれん草風味が良く合っています。
f0036857_0363673.jpg

メインには豚肉とセロリ、蓮根、ワイルドマッシュルームなどを炒めたもの、まさに中華の王道的な料理です。
f0036857_0365519.jpg

豚がとにかく美味しい豚肉、野菜の食感も歯に心地良く、味も最近のトレンドで濃すぎません。
ご飯ものは海老と雲南ハムの炒飯。
f0036857_037838.jpg

これも文句なし。
量も割とあるので、この辺でかなりお腹一杯になります。
デザートは温かいアーモンドクリームの中に胡麻団子が入っているもの。
f0036857_037248.jpg

甘いアーモンドはそれほど好きではなかったですが、量も少なく、あっさりくどくなかったので、これは食べられました。
f0036857_0374119.jpg

値段はこれでHK$348にアルコールを含むドリンク1杯HK$50強制で計HK$398ですが、何と(ま、本当はこれを計算してたのですが、笑)ホテル・ゲストならこれから25%OFFとなるのです。
25%OFFはかなり大きいです。
つまりHK$298にまでディスカウントされて、この内容ですから、御馳走様、美味しかったですの一言ですね、このレストラン。
満足ついでに、ここの月餅(カスタード餡)も買っちゃいました。
ただ月餅はメンバー用事前割引だけが適用で、25%OFFにはなりませんでした、残念(笑)。
隣のミラマー・ショッピング・センターにある月餅専用引換所はひっきりなしに取りに来る客でミニの行列、一体一日に何個売れるんでしょうって感じでした。
by shackinbaby | 2013-09-27 00:06 | 旅行 | Comments(2)
成田空港「検問」廃止へ
2015年3月までに成田空港の検問が終了予定というニュースを聞きました。
日本で唯一行われている身分証の提示を求めるあの検問は、成田闘争の歴史を背景に、1978年の開港以来続いてきました。
今後は監視カメラを使った機械警備、車両の入場管理・記録などのシステムで、ノンストップゲート化を進めていくとのことです。
もう最近のあの検問はどう見ても形式的なものでしたものね。
by shackinbaby | 2013-09-27 00:03 | 旅行 | Comments(4)
名古屋飯? (3) あんかけスパ
名古屋飯と言えば、まず、これでしょう、あんかけスパ。
f0036857_8581345.jpg

肉や野菜、そしてトマトなどのコクと旨味、そして大量の胡椒が溶け込んだピリ辛のソースに、2.2ミリという極太麺がからんだ、これは何とも癖になる味・・・そんな評判の名古屋独自の麺料理です。
地元スタッフによると「あんかけスパなら『ヨコイ』さんか、『チャオ』さんでしょう」ということで、宿泊ホテルの近くにあった栄の「ヨコイ」に行ってみました。
f0036857_8583322.jpg

店内はフォークロアにアメリカン・アーリー、そしてレトロが混じったような面白いインテリア。
あんかけスパにはそのトッピングによってかなりな種類があって、一番人気は野菜トッピングの「カントリー」、肉類トッピングの「ミラネーゼ」、肉と野菜の両方盛りの「ミラカン」辺りのようで、更にはピカタ(豚肉黄金焼)やエビフライが乗せられたものもよく注文があるそうです。
サイズには普通盛りの他、1.2倍(イチニー)、1.5倍(イチゴ)盛りも選べます。
f0036857_8585463.jpg

食べてみます。
最初は強烈な胡椒の味を感じますが、それがどんどん気にならなくなり、ソースのトロミとその辛味が食欲をどんどん増進させていきます。
箸が、というかフォークが止まらなくなります。
イタリアのスパゲッティとは遠すぎる親戚、やはり名古屋で進化した、これはかなり独特な料理だと思いました。
僕の注文「ミラカン」(900円)にはハム、ウインナー、ベーコン、ピーマン、マッ シュルームなどが・・・。
赤いウインナーが雰囲気出してますね。
付け合せのポテトサラダとコールスローはデフォールトで出てくるようです。
f0036857_8591673.jpg

by shackinbaby | 2013-09-27 00:02 | グルメ | Comments(4)