<   2014年 02月 ( 59 )   > この月の画像一覧
すぐ戻ります
shackinbaby@成田空港です。
いつものホテルを経て(1泊1室7392円)
f0036857_11265939.jpg
f0036857_11271919.jpg

がらがらの成田空港第2ターミナルからです。
f0036857_11273675.jpg

お仕事系の集団行動ですので自由になる時間はないでしょうが、ちょっと留守をいたします。。
もしかするとレスが遅れ気味になるかもしれません、お許しください。
by shackinbaby | 2014-02-28 10:50 | 旅行 | Comments(0)
週刊誌のグルメ記事
いろいろな雑誌にいろいろなグルメ記事が載ります。
売れている雑誌などに「美味しい」と取り上げられたら、それはそのお店、客足は爆発的に増えるでしょう。
2週間くらい前の「週刊文春」に、僕の知っている店が出ていました。
たまたま僕が時々仕事で行くところの近所にある食堂(ほんと、そんな感じの店です)で、僕もこれまで数回食べたことのある店です。
何気ない街の食堂なのに「美味しいよなぁ」とは思っていました。
でも週刊誌の見出しは「気楽だけど、心底うまい、日本の洋食も世界遺産に」という大層なもの。
あの料理をそこまでいう(笑)?
やはり自分で味を確かめてみないことには、雑誌の受け売りというのは難しいですね、食べ物に関しては。
f0036857_19343710.jpg

店の名前は「ルー・ド・メール」、JR神田駅西口から歩いて数分のところにある洋食レストラン。
以前は近くの1階にあったのですが、最近こんなビルの更にその2階という「知り人ぞ知る」ところに引っ越してしまったのです。
f0036857_1935081.jpg

この新しいほうの店も、そういう立地ながら、かなりな客の入り。
食事処超激戦地の神田にあってこれだけの客を集めるのは、やはりその美味しさ?
週刊誌の記事で知ったのですが、この店は「ドンピエール」、「ペリニヨン」の系列店と・・・。
道理でカレーやオムレツ、メンチカツが美味しいはずです。
ディナー・タイムにはステーキとか、メンチカツはメンチカツでもテレビ「チューボーですよ」に出た時の高級な方のメンチカツなど高いメニューもありますが、ランチはセットで1000円くらいの皿がほとんどです。
一番人気は「ドライカレー・オムレツ乗せ」、でもこの日は「メンチカツカレーをビーフカレーのルーで」(1600円)に.
f0036857_19354174.jpg

こんな感じで出てきます。
カレーは中辛の、そういえば「ドンピエール」とほとんど同じ印象の、日本人なら誰でも美味しいと感じるもの。
(でも週刊誌での激賞ほどとは思いません)
ランチのメンチカツは「チューボー・メンチカツ」に比べると、悪く言うと、高級チーズハンバーグのような感じ。
f0036857_19355530.jpg

大きく厚く、肉も良い肉使っていますが、僕らはもっと完成度の高いメンチカツをたくさん知っています。
美味しいランチにはなると思いますが、ランチに1600円出すとなると、もう少しプラス・アルファが必要だと思っちゃいます。
僕にとっては、特別に美味しい店ではなく、「普通に美味しい街の食堂」って印象は変わらず、神田に行くとまたここに来てしまうかもしれません。
by shackinbaby | 2014-02-28 00:47 | グルメ | Comments(0)
「ヘイフンテラス」でランチ (2)
「ペニンシュラ東京」2階にある「ヘイフンテラス」でランチ。
奥まった僕の希望通りのとてもプライベートな席に案内してもらいました。
f0036857_147681.jpg

蒸しものは標準的なもの、今一つ香港には及びません。
餃子の中の海老も大きくさすがの点心ですが、全体の食感などで満点とまではいきません。
ここのは味がしっかりついている点心のようで、醤油、酢、芥子など必要ありません。
豆板醤だけで十分です。
f0036857_1471719.jpg

海月とローストダック。
これも香港のトップクラスのお店と比べると・・・。
較べちゃだめですかね、ここは日本だし。
日本としたら美味しいほうですよ、もちろん。
f0036857_1483853.jpg

ブースの中から外を見るとこんな感じ。
この窓から料理はサーブされます。
通路の向こう側の壁のちょうど下がホテル・ロビーのシャンデリアの部分になるはずです。
スープは蟹と石垣島産アオサのスープ。
高級店らしく燕の巣乗せです。
f0036857_1485520.jpg

薄味ですが、しっかりした味付け(変な言い方ですが)。
ここは化学調味料使っていませんね。
ほのかにアオサの香りもあって、思ったより美味しいスープでしたね、これ。
次はホタテと旬野菜の醤油ソース炒めですが、このホタテの大きいこと、大袈裟に言えば風呂吹き大根の大根かと思うくらいでした。
f0036857_149988.jpg

これはピリ辛のソースが抜群で、野菜に付けて、皿の上は舐めるようにきれいになってしまいました。
メインは鮑。
f0036857_1492623.jpg

たぶん正式名は「干し鮑の姿煮込み 伊府麺を添えて」でしょう。
鮑はまさかの日本産、親切にしてくれたアシスタント・マネージャーが言うには吉浜の鮑と・・・。
でも僕の想像では吉浜じゃなくて大間とかその辺りの鮑じゃないかと思うんですけど・・・。
吉浜だったら、ランチのこの総額6800円という値段では無理だと思うからです。
f0036857_1494223.jpg

僕の感触ではこの鮑は40頭、つまり干し鮑の状態で15グラムということですが、ここ「ヘイフンテラス」でメニューに載っている10頭の吉浜産鮑は6万円以上します。
f0036857_1495332.jpg

鮑は小さいですが、まずまずの出来です。
歯にねっとりまとわりつくような最高の鮑の絶妙感はありませんが、これは堂々と鮑の姿煮と胸を張れると思います。
隣はキノコのソテー。
伊府麺も思ったより美味しかったです。
ただホタテとこの鮑、似たようなソースの皿が連続するのは嫌な人もいるかもしれません。
デザートはフルーツ入り杏仁豆腐とエッグタルト。
f0036857_1512998.jpg

これは少し手抜きというか、シンプル過ぎるかな。
杏仁豆腐は量的にたっぷり、とても滑らかで、悪くはないのですが。
全体にとても良い時間を過ごせましたが、ランチに6800円はちょっと・・・そうですよね、ちょっと贅沢し過ぎちゃいました。
でもこの店でディナーすると相当な金額に、このランチ、コストパフォーマンスとしてはとても良かったランチでしたよ。
by shackinbaby | 2014-02-27 00:08 | グルメ | Comments(10)
世界のベストアイランド
世界最大規模の旅行口コミサイト「トリップアドバイザー」は各種のランキングを多数発表しています。
これは最近発表された「トラベラーズチョイス 世界のベストアイランド2014」という人気の島のランキング。

     http://www.tripadvisor.jp/TravelersChoice-Islands-cTop-g1

世界では
     1位 アンバーグリス・キー (ベリーズ)
     2位 プロビデンシアレス (タークスカイコス諸島)
     3位 ボラボラ島 (フランス領ポリネシア・タヒチ)
     4位 マルコアイランド (アメリカ合衆国)
     5位 ルイスアンドハリス島 (スコットランド)
がベスト5に選ばれました。
この中では、昔にボラボラ島に行ったことがあるだけで、僕にはあまり馴染みのないビーチが並んでいます。
トップは昨年も1位に輝いた「アンバーグリス・キー」、
「世界の7大水中景観」の1つであるサンゴ礁は、1996年に世界遺産の指定を受けているそう・・・。
世界屈指のダイビング・ポイントも目白押しで、ダイバーには超有名な島とのことです。
各地域別のランキングも発表されていて、アジアのビーチなら少しは知ってるかなと見てみると
     1位 タオ島 (タイ)
     2位 バリ島 (インドネシア)
     3位 パンガン島 (タイ)
     4位 ランター島 (タイ)
     5位 ギリトワンガ島 (インドネシア)
     6位 ボラカイ島 (フィリピン)
     7位 プーケット (タイ)
     8位 パラワン島 (フィリピン)
     9位 サムイ島 (タイ)     
     10位 ランカウイ島 (マレーシア)
とタイのビーチがその半分を占めていました。
アジア・トップのタオ島はサムイ島の沖合に位置する小島、海岸にはウミガメが数多く生息していて、白い砂浜が魅力的なところです。
サムイ島からのツアーもたくさん出てますし、日本からもサムイ島とタオ島、更にはダイビングもセットになったツアーなどいろいろあって、日本でもこの島はもう有名ですね。
僕が気になるのは5位のギリ島、ロンボク島の近くですけど、バリの田舎の田舎って風情が良さそうなんです。



ロンボク島はもう10年くらい前に行っただけ、ギリ3島まで行けば、まだまだこんなきれいなビーチが楽しめるんですね。
by shackinbaby | 2014-02-27 00:06 | 旅行 | Comments(2)
ご厚意に甘えて「アマノイ」の写真でそのセンスの良さを・・・
Bonさんにご提供いただいた「アマノイ」写真集の最後です。
今日は「アマン」のセンスを感じさせる備品をまとめてみました。
f0036857_15223934.jpg

光もちゃんと計算されていますね。
f0036857_15225793.jpg
f0036857_15231213.jpg

スパで出されるドリンクもシンプルですが洗練の極致ですね。
f0036857_15233822.jpg
f0036857_15235248.jpg
f0036857_15242817.jpg
f0036857_15244075.jpg

こんな明かりも良いなぁ。
f0036857_15245124.jpg

まさに「アマン」とでもいうべき構図。
f0036857_15251271.jpg
f0036857_15252999.jpg
f0036857_15255167.jpg

こんな素敵なリゾート、本当に行ってみたいですよね。
Bonさん、貴重なお写真に有難うございました。
感謝しています。
by shackinbaby | 2014-02-26 00:25 | 旅行 | Comments(13)
羽生結弦 → ANA → 機内食シェフ特製ケーキ → ピエール・エルメ
ソチ五輪も終わりました。
僕も連日結構遅くまでテレビ中継は見てました。
特にアイススケートは・・・。
今回、日本で唯一の金メダルを取ったフィギュア男子の羽生結弦選手の演技はエキシビションを除いてすべて同時中継で見ましたよ。
すごい選手ですね、
才能と練習と若さのなせる業でしょうか、オジさんの僕は感心しきりです。
その彼がANAの所属だって知ってました?

     http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140225-00000008-jct-soci

ここに自身が所属するANA本社で凱旋報告を行った時の写真が載っています。
社長や社員に迎えられ、ANAの機内食シェフ特製の巨大ケーキが登場。直前に行われた日本選手団の会見では神妙は表情で受け答えしていた彼が一転、「すげー!」と大興奮とのことでした。
ケーキの横には、金箔でデコレーションしたピエール・エルメ特製のマカロンも並んだそうです。
「羽生結弦 → ANA → 機内食シェフ特製ケーキ → ピエール・エルメ」はいかにもこのブログ的だと思ってここに・・・。

追記: 映像が入ってきましたので、ここに貼っておきます。


by shackinbaby | 2014-02-25 18:45 | グルメ | Comments(14)
「ヘイフンテラス」でランチ (1)
本当に久しぶりに「ペニンシュラ東京」に行ってきました。
f0036857_1412751.jpg

宿泊ではありません。
f0036857_1414336.jpg

(ペニンシュラ・グリーンに塗られたMINI クーパーS クラブマンが停まっていました)
有楽町に行く用事があったので、「あ、そうだ、入院している友人のお見舞いはペニンシュラのお菓子にしよう」と、ホテル地下の「ペニンシュラ・ブティック」に・・・。
時はちょうどお昼頃、あまり高くなければホテル内のレストランでランチもしたい、親切そうなコンシェルジュに相談します。
直接レストランに行っても良いのですが、間にコンシェルジュをかませることで取れない席も取れたりするのです。
コンシェルジュはホテルの宿泊客でなくても大丈夫です、助けてくれます。
フュージョン料理の「ピーター」でも中華の「ヘイフンテラス」でも席はあると、そこでコンシェルジュに丁寧にお礼を言い、どちらがお勧めか・・・など話を膨らませていくと、彼も一生懸命こちらの好みを聞きだして、「ヘイフンテラスがよろしいでしょう」ということに。
良いホテルの良いコンシェルジュは、本当に熱心に相手の希望を聞いて、候補を絞っていってくれます。
で、これがホテル2階のほとんどを占める広東料理店「ヘイフンテラス」。
f0036857_1415664.jpg

エントランスからしてミシュランの★付きレストラン、丁寧な接遇でさすが高級店と思わせてくれます。
レセプションの女性は僕の名前を告げると、PC画面を見ることなく「あぁ」と分かったようで、コンシェルジュから電話でも入っていたのでしょうか、すぐに席に案内してくれます。
f0036857_1421765.jpg

なるほどこの席ね・・・、なるほど。
さっきコンシェルジュと話しながら、僕は一人、(料理の写真を撮りたいからとまでははっきり言いませんでしたが)プライベート空間が良い…などのリクエストもしていたのです。
らせん状に様々な席のある大型店の一番奥ですが、ここはカップル席、扉付きの個性的なインテリアで、実にプライベートな空間になる僕のリクエストにうってつけの席だったのです。
f0036857_1425116.jpg

入口に近いところ辺りはグループで来てるマダム達が多く明るく賑やかな感じ、中間くらいの皇居の見える窓側は事前にしっかり予約を入れている気合の入ったカップルやグループ…といった感じです。
f0036857_1432680.jpg

客がカップル席に入ると、この格子戸を左右に広げてくれます。
これで通路から客の顔が見えません。
料理は真ん中の窓からサーブされます。
お忍び客向けの席でしょう?
ま、僕は一人、人の目を気にせずに写真を撮ったりしたいだけなんですけど。
f0036857_144161.jpg

中は決して狭くなく、ちょうど良い感じ。
周囲は木材、竹などのそれも実に質感の高いものばかり、ここはハードにはお金をかけています。
中国・蘇辺りのの宮廷風邸宅をイメージしているのでしょう。
このエリアは大人のカップルにはお勧めの場所。
ただ奥はキッチンなので、ウェイターの人通りは激しいです。
サービスはほぼミス無し。
f0036857_1442826.jpg

他のペニンシュラの店と同じように、胡桃の飴炊きがおつまみに出ます。
これ美味しくてついつい食べ過ぎちゃいますが、食べ過ぎるとお腹が・・・。
箸などカトラリーも香港と同じものを使っているようです。
f0036857_1444246.jpg

僕のランチの最初は点心。
f0036857_145182.jpg

by shackinbaby | 2014-02-25 00:08 | グルメ | Comments(0)
ジェットスターの301円セール
このところLCCの大きなセールが相次いでいます。
エアアジアのセールもあったし、今日のジェットスターはすごかったですね。
新ブランドアンバサダーに桐谷美玲さんが就任したことを記念し、国内全路線を片道301円で提供するというセール、各路線とも2200席から400席限定のせいか、もう開始以来すごいスピードで席が埋まっていったようです。
ほぼ瞬殺状態?
僕は仕事の合間でタイミングを逃し、希望の路線を買えませんでした。
というより繋がりませんでした(笑)。
やっぱり安い値段でチケットを取るのは本当に難しいですね。
ところで何で301円?
桐谷美玲だから、美鈴、301なんでしょう(たぶん)。
桐谷美玲のCMも3種類作られ、ホテル編を載せておきます。



LCCらしくお金のかかって「ない」CMですね(笑)。
301円セールの後は、2月28日まで、片道2990円からのスペシャル運賃も販売開始だそうです。。
by shackinbaby | 2014-02-25 00:07 | 旅行 | Comments(0)
多謝、香港 (30) CX542便ファーストクラスの機内食
僕の乗ったキャセイパシフィック航空CX542便羽田空港行きはごご4時20分、ほぼ定刻の出発でした。
機材は往路と違い747-400、ファーストクラスは全9席です。
いつものキャセイパシフィックのファーストでのサービスが続き、これは日本発の時とほとんど同じです。
f0036857_2024209.jpg

僕はシートベルト・サインが消えたのも知らず、約1時間の爆睡。
気が付くと、照明は落とされ、窓の外も暗くなっています。
周りの人は食事中、もうメインあるいはチーズくらいまで行っている人もいます。
ごそごそ起き始めると、すぐに気が付いたFAが「良くお休みだったので・・・。お食事はいつ頃お持ちしましょうか?」と聞きに来てくれます。
この日は和食もまだ選べるとのことでしたが、香港製と(FAに確認しました)。
なのでこの帰路は洋食の方にしてみました。
前菜はスモークサーモンの胡麻風味、枝豆とトマトのライムマリネ添え。
f0036857_20244377.jpg

枝豆は日本人以外にも超人気ですものね、レモンじゃなくてライムなのも個人的に〇でした。
パンもいろいろなものが籠盛で・・・。
f0036857_2025718.jpg

パンは最近本当にどのキャリアーも上級クラスのは美味しくなりました。
スープはロブスター・ビスク。
f0036857_20253218.jpg

標準的なお味です、悪くはありません。
メインはスズキのソテー・レモンバター風味、ナスとローストガーリックのアニョロッティ、エノキの牛肉巻・ブラックペッパーソース添えの3種類からの選択。
f0036857_20255628.jpg

前にパスタを頼んであまり美味しくなかった印象があるので牛肉巻に、でもこれ、サーブされた時に気が付きました。
これも前に食べたことがある・・・。
キャセイパシフィック航空のファーストの機内食は、日系ほど頻雑には変わらないようです。
f0036857_20262289.jpg

かなり辛くて、これは中華の王道的料理でしょう。
青梗菜のガーリック炒めも別皿で付きます
f0036857_20291589.jpg

チーズも大盛りでいただきました。
f0036857_20302197.jpg

フルーツには珍しくマンゴがありました。
f0036857_20321130.jpg

デザートはミックスベリータルト。
f0036857_20323383.jpg

搭乗早々寝込んでしまったせいで食事開始が他の人より1時間以上遅く、コーヒーがサーブされる頃には機長から羽田に向かって降下が始まるアナウンスがあったころでした。
f0036857_2033892.jpg

ファーストクラスならではの乗客の都合に合わせたサービスで、1時間はぐっすり昼寝(?)出来たので、頭超すっきりで羽田空港に降り立つことが出来ました。
もちろん荷物もあっという間にほぼ先頭で出てきたので、飛行機のドアが開いてから約15分でモノレールのプラットフォームに立つことが出来ました。
今回もお世話になりました<JALのマイレージ、キャセイパシフィック航空、「ジ・アッパーハウス」の皆さん。
フライトを特典チケットにしたので、食事にはお金をかけた今回の旅行、個人的には満足出来る旅行でした。
今回も最後までお読みいただいて、本当に有難うございました。
by shackinbaby | 2014-02-24 00:04 | 旅行 | Comments(6)
今日のスイーツ
ジャン・ポール・エヴァンのケーキ達。
f0036857_17305058.jpg

アーモンド風味のチョコレート・スポンジとビターなチョコレート・ムースの「グアヤキル」。
隣の「ショコラ・フランボワーズ」はアーモンドとフランボワーズで風味付けしたチョコレートスポンジとチョコレートムースの組み合わせ。
どういう訳かクリスマス時期の「ビュッシュドノエル」も店頭に並んでいました。
ショコラ・アメールのムースとヴァニラ風味のビスキュイ・カカオ。
どれも濃厚なというか芳醇なチョコレートがさすがのケーキばかりです。
モンブランにだって、チョコレート・ムースが使われていました。
by shackinbaby | 2014-02-24 00:03 | グルメ | Comments(2)