<   2014年 05月 ( 97 )   > この月の画像一覧
JAL、東京モノレール乗車で25マイル
JALユーザーの方、明日から交通系ICカードで東京モノレールの浜松町・羽田空港間乗車で、25マイルもらえます。
f0036857_11374390.gif

前回登録した人も、今回再度登録が必要だそうです。

     http://www.jal.co.jp/121campaign/tokyomonorail2014/
by shackinbaby | 2014-05-31 11:02 | 旅行 | Comments(0)
もうこれ以上食べられません(笑)、ホーチミン弾丸 (31) 暑い時はアイスクリーム@「ファニー」
僕のホーチミンシティ半日プライベートツアーは、僕の都合で予定より30分早終わり。
理由はただただ暑かったからです(笑)。
ガイドの「ホテルまでお送りします」を、「アイスクリーム食べたいから『FANNY』まで送って・・・」という僕のリクエストに即座にOKだったのも、僕一人のプライベートツアーだったからでしょう。
丁寧にお礼を言って、有名なアイスクリーム屋「FANNY」前でツアー終了です。
(有難うございました、チップを受け取ろうというそぶりがなかったので、チップは払いませんでした)
f0036857_20454826.jpg

場所は、グエンフエ通りからトンタットティエップ通りに入り、「サイゴンセンター」方面へ歩いて行ったところ。
左側に見えてくるオープン・カフェ風の店です。
何でも以前はインド人の集会所だった建物のリストアとか・・・。
ここで出される100%ナチュラルなアイスクリームやシャーベットは、観光客だけではなく、ジモティにも大人気。
f0036857_20461091.jpg

ベトナムにおけるアイスクリームの高級ブランドとしてもその名前を確立していて、例えばJALのビジネスクラス帰国便のデザートはここ「FANNY」のアイスクリームでした。
f0036857_21345164.png

店にはインドアの席とアウトドアの席がありますが、僕はアウトドアで日陰になっている席を・・・。
f0036857_20465854.jpg

店内はどこも女性受けするようなインテリア。
女性店員はもちろん外国人にも慣れていて、最低限の英語に対応可能です。
f0036857_20471790.jpg

メニューは写真入りで分かりやすく、ドリンク類、クレープ、ケーキ、シャーベット、アイスクリームが系統だって載っています。
f0036857_20473556.jpg

店で食べるのには単独フレイバーのものより、こうしたアイスクリーム・デザートの方が良さそう。
フルーツやウェハース、生クリームを合わせたシクロをかたどったものも気になりましたが、僕のチョイスは「ARISTO」というこの蓮の花をテーマにしたもの。
f0036857_2048315.jpg

ラズベリー、抹茶チョコレート、カラメル・ソースなどで作られたデザートで、これで95000ドン、約460円でした。
f0036857_20482367.jpg

アイスクリームとミネラルウォーターでだいぶ体もクールダウン。
この後、どうしましょう。
やはり、この後はここの2階?
ここの2階には「テンプルクラブ」という、ここもまたブレッド・ピットとアンジェリーナ・ジョリーが食事したというベトナム料理店があるのです。
by shackinbaby | 2014-05-31 00:26 | 旅行 | Comments(2)
香港ドラゴン航空の「新斗記」メニュー
2006年にキャセイパシフィック航空に買収された香港ドラゴン航空、いまはキャセイの子会社ということになりますが、最近日本ではどこに就航しているのかと思ったら福岡だけなんですね。
福岡・香港線。
とすると、その路線のビジネスクラスでは、これから「新斗記」監修の中華料理が楽しめるそうですよ。

     http://www.dragonair.com/ka/ja_JP/about-us/media-centre/press-release/2014/dragonair-partners-with-xin-dau-ji-to-feature-authentic-hong-kong-cuisine-on-new-inflight-menu.html

「新斗記」は尖沙咀からMTRで一駅の佐敦駅近くにある人気広東料理店de、以前この地で人気を博していた「新兜記」の伝統を継いでいる店なんだとか・・・。
店自体はそう高級には振ってないようですが、味はかなりなものと、特に焼味は香港のどのグルメ・サイトを見ても結構なな評判です。
今回の機内食では「豚ひき肉のつくねと蓮根餅」、「白身魚の唐揚げ・スイートコーンソース添え」、「パイナップル入り酢豚」、「冷製豚バラ肉のガーリック添え」、「牛ほほ肉蒸し煮松茸・バイリン茸・山クラゲ添え」などが出される予定か、美味しそうな名前ばかりですね。
f0036857_1830617.jpg

僕の過去の香港ドラゴン航空の機内食体験から、親会社のキャセイより泥臭い、よりローカルな皿が多かった印象なので、広東料理ファンには、これは喜ばれるかもしれませんね。
実はこのレストラン、今回書き始めた香港弾丸旅行の時、行こうかと候補に入れておいて5~6軒の中に入っていたのです。
でも店の性格からして一人では辛いメニューが多そうだったので、結局は別のところにしてしまいました。
by shackinbaby | 2014-05-31 00:25 | グルメ | Comments(0)
これは修行かも?週末香港弾丸 (1) いつもの羽田
これは書かないでおこうかなと思った旅行記録ですが、ホーチミンシティと並行して・・・。
f0036857_06916.jpg

何故「書かないでおこう」と思ったかというと、使いたくない言葉ですが、まさにホテル「修行」のための旅行だったし、しかも悪天候に振り回されて、あまり印象の良くない旅行だったからです。
f0036857_062090.jpg

ハイアットのダイアモンド・オファーを達成するために、短期間で2泊の宿泊実績が欲しかった・・・。
つまりホテルに泊まるためだけに旅行を計画したのです。
f0036857_063042.jpg

僕の与えられた時間は土曜の午後から最長で月曜の午前中まで、出来ればお金を使わないでハイアットに2泊したい・・・。
国内のハイアットは大体経験済み、となるとトライすべきは韓国・ソウル?中国・上海?
あ、そうか、香港もあるか・・・。
f0036857_063912.jpg

ということで便数に多くのオプションがある香港に狙いを定め、いろいろフライトをチェックしてみますが、意外に値段が高い。
ということで、こういう時は特典航空券の出番です。
f0036857_065011.jpg

結局決めたのはJALのマイル21000マイルでキャセイパシフィック航空の羽田発着香港行きを・・・。
往路が午後便のCX549便、帰路が午前便の548便。
オンラインで瞬時に予約は確定、燃油サーチャージとか諸税は合計で16720円でした。
f0036857_07364.jpg

土曜日は午前中で仕事を終えて、最高に快晴の天気の下、午後4時40分発のCX549便に搭乗予定。
出発までは、いつものJAL便搭乗と全く同じ。
この時は時間に余裕があったので「サクララウンジ」のシャワー室も使わせてもらいます。
f0036857_07219.jpg

ガラガラでした。
f0036857_073024.jpg

「サクララウンジ」も上の階、下の階ともにほとんどがゲストがいません。
f0036857_074140.jpg

誰でも、こうした上級メンバー表示席に座っても、文句言われない感じです。
f0036857_075255.jpg

香港の宿泊は土曜夜に「ハイアットリージェンシー香港沙田」、日曜夜に「ハイアットリージェンシー香港尖沙咀」に・・・。
「グランドハイアット香港」や「グランドハイアットマカオ」なども考えましたが、値段から考えて(安いほうが良い)この選択になりました。
土日は上記の逆の順番に泊まっても、また値段は上がってしまいます。
f0036857_08394.jpg

尖沙咀の方はすでに泊まったことがありますが、沙田は初めて。
どんなホテルなんでしょう。
あそこの中華は評判だし楽しみだけど、場所が不便過ぎると嫌だなぁ・・・。
f0036857_09685.jpg

搭乗予定時間に搭乗ゲートに、新しく拡張された143番ゲートです。
f0036857_09173.jpg

ここまでは本当に順調、でもここから今回の旅の不運が始まるのです。
by shackinbaby | 2014-05-30 08:27 | 旅行 | Comments(4)
もうこれ以上食べられません(笑)、ホーチミン弾丸 (30) ツアー後半はあまりに暑くて
プライベートツアー(4時間半、US$35)でホーチミンシティの中華街「チョロン」をあちこち。
覚林寺(ヤックラム寺),天后宮(ティエンハウ廟)、ビンタイ市場と勢力的に回りましたが、やはり暑い、暑かったです。
見学から帰ってくれば冷房の効いた車が待っているという状態でも、「ビンタイ市場」の後くらいからはもう暑くて・・・。
それでも当初の計画通り、僕が行きたかったところには全部連れて行ってもらいます。
これは「ヤンシン市場」というところ。
f0036857_19121366.jpg

アーミーグッズ・ファンにはたまらない店などが興味を引きました。
これは「レコンキュー通り」、骨とう品屋が並ぶ通りです。
f0036857_19124157.jpg

ま、どれも胡散臭そうで、真贋見分けられるマニア向けの通りでしょう。
f0036857_191335.jpg

この他漢方薬屋の並ぶ通りなど、あまりにも暑すぎて、写真撮ろうという気にならなくなってきてしまいました。
時間はまだ余っていたのですが、もうそろそろホテルに送ってもらおうかと思っていると、ガイドから
「シクロにはもう乗られました?緑の多そうな通りをシクロでゆったり回ってみますか?」
と・・・。
f0036857_19134054.jpg

初めてベトナムに来た10数年前に友人とシクロは乗ったことありますが、前回奥さんと来た時には、料金でトラブルが多いと聞いて、乗らなかったのです。
今回はちゃんとガイドがいるし、めちゃくちゃにぼられることはないかも・・・。
ガイドには「ぼったくり値段だったら嫌だよ」を連発、ガイドも「分かりました。shackinbabyさんには良心的なシクロをご紹介します」。
ただ「いくらくらいかかるんですか?」に、ガイドは「私が安く交渉してあげます」のみ。
ま、たぶんは知り合いというか、通々のシクロなんでしょう、僕のような観光客目当ての・・・。
f0036857_19141731.jpg

僕が値段にシビアなこと(ケチということ、笑)を悟ったのか(?)、ガイドと運転手は何やらひそひそ。
結局「US$3、あげてください」と・・・。
「それってチップ込みでですか?」と仲介のガイドに畳み掛ける僕。
もうこれ以上はぼれないと思ったのか(?)、そこで交渉終了。
約15分くらいでしたが、この辺りを一周してもらいました。
後でホテルの人に聞くと、US$10にUS$1チップと言われることすらあるそうです。
ま、僕はこの値段で、まずまずといったところでしょう。
そして、さっき市場でフルーツを買い忘れたので、その辺りのローカル向けの露店で、マンゴを買いました。
f0036857_19144015.jpg

マンゴの旬はまさに今の3~6月。
この露店ではキロ売りで、1キロ40000ドン。
匂いを嗅ぎながらホーチミンシティ滞在中に食べられるよう、熟れた感じのものを3個買ってみました。
3つで1.4キロだったので計56000ドン(こういう露店では値切りはないようです)、日本円にして約270円。
f0036857_1915544.jpg

「ベンタイン市場」辺りのフルーツ屋の半分以下の値段ですと言われましたが、この翌日超ローカルな市場では何と1キロ10000ドンで売られていました。
ただそれは形が不揃い、傷だらけ、品種も違うのだったかもしれません。
僕の買ったマンゴは確かに美味しく、甘く瑞々しいものでしたが、舌触りが例えば僕の好きなタイ産のナムドクマイ種などに比べると・・・でした。
f0036857_21414689.jpg

by shackinbaby | 2014-05-30 00:10 | 旅行 | Comments(2)
もうこれ以上食べられません(笑)、ホーチミン弾丸 (29) ビンタイ市場の続き
チョロンにある市場の中で最大の「ビンタイ市場」に来ています。
その外周には野菜や果物、乾物などの食品系を扱う露店が数百に渡って並んでいます。
f0036857_21564696.jpg

まだこういう天秤棒が現役。
f0036857_215754.jpg

ベトナム風菅笠だって、まだまだかぶっているオバちゃんは多いです。
f0036857_21572156.jpg

こういう卸しみたいなところで買うと一体いくらくらいするんでしょう。
観光名所辺りで売っている100分の1以下?
米や豆、砂糖などもこういう大量店頭展示。
f0036857_21574948.jpg

ハエがたかってるなんていうのは日常茶飯事です(笑)。
f0036857_21581241.jpg

燕の巣だって売ってます。
ベトナムでも高いんでしょうね、きっと。
f0036857_21583359.jpg

市場の外周の雰囲気、こんな感じです。
でもこれは幅の広い方の道。
f0036857_2159211.jpg

中東の国のスークのスパイス類などの売り場を思いだします。
f0036857_21592144.jpg

米にもいろいろ種類があり、値段もピンきりであるそうです。
f0036857_21593858.jpg

もう一度「ビンタイ市場」の中に入って、ウェット・マーケットと食堂の辺りを・・・。
f0036857_215956100.jpg

さすがベトナム、こういうところにもフランスパン。
ベトナム式サンドイッチのバインミー用かな。
あ、まだバインミーを食べてない、どこかで食べなくちゃ・・・。
もうカオスとしか言いようのない「ビンタイ市場」をガイドと共に歩き回り、外に出たところで出くわしたCD売り。
f0036857_2201833.jpg

ベトナムの演歌にあたる曲を大きな音量で流しながら、道路を流していました。
一体一日何枚売れるんでしょう。
ローカル音楽好きの僕、どんなCDがあるのか見ようとすると、ガイド
「ここでは買わないほうが良いですよ。音の出ない粗悪品もあるし」
と。
音が出なくちゃねぇ・・・。
by shackinbaby | 2014-05-29 10:23 | 旅行 | Comments(2)
「トラベラーズチョイス・旅行者のお気に入り」のエアライン部門
まあ、僕がJAL派だということで、こんな記事もお許しください(笑)。
世にたくさんあるランキングの一つではありますが、ANAに押されているJALにとってはこれは嬉しい受賞。
JALが「トリップアドバイザー」の「トラベラーズチョイス・旅行者のお気に入り」のエアライン部門の1位になったとのことです。

     http://www.tripadvisor.jp/TripNews-a_ctr.TCFavorite2

これは「海外旅行に持っていくお気に入りのブランド」についての調査で、8298名の「日本の」トリップアドバイザー・ユーザーの選出によるものと・・・。
エアライン以外のお気に入りも見てるとなかなか興味深く、そうだよねってものもあるし、「お気に入りの薬」が正露丸というのは僕には??。
ところで各ジャンル、2位以下も見てみたいんですけど、どこにあるんでしょう。
僕には見つけられませんでした。
by shackinbaby | 2014-05-29 10:22 | 旅行 | Comments(0)
ヒルトンのタイムセール
もうすぐ恒例のヒルトンのタイムセールが始まります。
夏休みなどご利用の方は、ご注目ください。
韓国のヒルトン4軒も対象みたいです。

     http://jp.hiltonhoteldeals.com/jpsale/jp/

ただし僕らHPCJメンバーは、これからの割引はないので、よく考えて・・・ということになると思います。
by shackinbaby | 2014-05-29 10:21 | ホテル | Comments(10)
シカゴ・オヘア空港のAPC、日本人も対象に
ついにです、アメリカで初めて、シカゴ・オヘア空港の自動入国審査「APC」(Automated Passport Control)が従来のアメリカ人、カナダ人のみ対象から、日本を含めオーストラリア、ドイツ、英国などビザ免除国の旅行者も利用出来るようになりました。

     http://www.flychicago.com/OHare/EN/AtAirport/AirportSecurity/Automated-Passport-Control.aspx

APCは無料で、事前登録も不要です。
f0036857_118686.jpg

オヘア空港には32台のAPCキオスク端末が設置、必要情報を自分で入力するだけでよく、これによりパスポートのスキャンや税関申告書類の審査にかかっていた時間が大幅に短縮される見込みことのことです。
心配な言語ですが、日本語を含めた多言語表示が可能と・・・。
僕の利用することの多いJAL便の場合、KAL便と到着が重なるときがあり、時々激混みを記憶しています。
これは相当助かりそうですね。
by shackinbaby | 2014-05-29 10:20 | 旅行 | Comments(2)
もうこれ以上食べられません(笑)、ホーチミン弾丸 (28) ビンタイ市場
自分に向いたツアーが催行最少人数に足らなくて催行されなかったりで、結局は4時間半のホテル送迎付き日本語のプライベート・ツアーを選んだshackinbaby。
日本語の達者なベトナム人ガイドと、冷房付きの車を運転する若いドライバーの3人で、ホーチミンシティのややディープなところを回ります。
主なところはホーチミンシティの中華街、チョロン周辺。
チョロンとは、ベトナム語で大きな市場(チョは 市場、ロンは大きい)という意味だそう・・・。
そういう意味ではチョロンの最もチョロンらしいといえる「市場」は必見かもしれません。
f0036857_2150464.jpg

ホーチミンシティの市場というと1区の中心にある「ベンタイン市場」があまりにも有名です。
でもあそこはもう観光客も行く市場から、観光客専用の市場になっているかのよう、安くもないし、押し売りもひどい・・・。
そこへ行くとこのチョロンはもともと問屋などの多いところ、その市場も基本は業者用の卸売り、ホーチミンシティで商売する人はここで商品を仕入れるという本当の(?)市場と聞いています。
f0036857_2151556.jpg

チョロンにある市場の中でも一番大きな「ビンタイ市場」、僕らにとってはこぎれいな「ベンタイン市場」などとは雰囲気がまるで違う、活気溢れる華人とベトナム人が共存するカオスそのものといっていいような最高に「市場」な市場を見学です。。
f0036857_21512628.jpg

(これは中庭にある市場の設立者のお墓。天気は快晴、気温35度近くまで上がっています)
f0036857_2151439.jpg

メインゲートを入ると、まず壊れたエレベーター(笑)。
今では単なる2階への通路、あるいは物置に・・・。
ものすごい人の数、狭い通路を動き回るに運び屋さん。
押し売りもいなければ、逆に「この人買わないな」と思えばもう全くの無関心。
中に生鮮食料品を扱う店は少ないのですが、独特の臭いが・・・。
これ、特に女性陣は苦手とおっしゃる方もいるかもしれません。
何度も書きますが、見慣れた「ベンタイン市場」などとは全く違います。
商品の数もさすが卸売りだけあって、もうその数と種類が圧倒的。
この帽子屋の辺りは、こうした店が数十軒、もう見渡す限り帽子、帽子、帽子・・・です。
壮観!
f0036857_2152252.jpg

でも、はっきり言って、ここで買いたくなるようなものはほとんどありません。
でも僕、ここ、見てて本当に楽しい・・・、こういうところがあるんだぁ、と。
f0036857_21522660.jpg

ガイドがいなければ、およそどこがどうなっているのか分からない市場をあちこち・・・。
f0036857_21524323.jpg

ただこういう市場の常で同じような商品を扱う店は固まっています。
f0036857_2153886.jpg

そんな中、ベビー服にはこれなら買っても良いかなというものもありました。
卸しだけではなく小売りもしてくれるという店で適当に値段を聞いてみると、最初の段階でTシャツがもう日本円で1枚100円を切っていました。
f0036857_21532782.jpg

市場を出て、今度はその外周を歩いてみます。
f0036857_21543529.jpg

ここには野菜や果物、乾物などの食品系を扱う露店が数百にも渡って並んでいます。
f0036857_21545387.jpg

僕にはこっちの方が面白いかも・・・。
どんどん見ていきます。
臭い的にはこっちの方がすごそうですが、外周の店で店の半分はオープンエアになっているせいか、こちらはあまり気になりません。
by shackinbaby | 2014-05-29 00:49 | 旅行 | Comments(0)