<   2014年 07月 ( 83 )   > この月の画像一覧
上海、悪くないかも (1) 珍しく成田空港サクララウンジ
食わず嫌いだった上海に、本当に久しぶりに行ってきました。
奥さんは「あの国は嫌」と僕以上にかたくなだったので、またまた僕一人の旅行。
f0036857_19472863.jpg

いつも通りの弾丸旅行でしたが、今回は珍しく2泊3日、実質滞在時間は41時間と僕にしてはややゆとりのある旅程でした。
f0036857_19473850.jpg

今回はJALの正規割引券「ダイナミックセイバー3」を買い、マイルでアップグレード、ビジネスクラスで行ってきました。
値段は成田発浦東着のタイプBで10万円ちょうど、諸税などが18720円、総額11870円でした。
必要マイル数はアップグレードディスカウントキャンペーンが適用になって、往復で10000マイルでOK。
f0036857_19474859.jpg

上海までの所要時間は長くても3時間半くらい、そんな距離にビジネスはもったいない・・・、最初はそう思っていたんですがエコノミーの一番安いものでも53000円するんです。
それなら、今年のFLY ON POINTもそろそろ考えなくちゃだし(笑)、今回は「ダイナミックセイバー」+アップグレードにしてみました。
JALの中国線はいつでもそこそこ空いているので、アップグレードも思い立ってすぐにオンラインで完結、取るのは超簡単でした。
実は今回ビジネスクラスにして良かったことが、旅の最後で起こったのです。
旅のものはホテル選びも上手く行ったし、アップグレードもあった、美味しいものもそれなりに食べられた・・・、今回の旅行も最後の最後でまたもトラブル、「ビジネスクラスで(少しは)良かったぁ」を実感することが起こったのです。
それについては、ま、順番に・・・。
(実際には数日前にもう「久しぶりの上海旅行は〇もXも・・・」という記事で、その大体は書いちゃいましたけどね)
で、いつもの僕の旅行写真ですが、これ、珍しいでしょう?
僕、初めて行った「サクララウンジ」の方のダイニング・エリアです。
何でまたこっちに?
こういうところがブログをやっていると、いつも同じ「ファーストクラスラウンジ」の写真じゃあ?となっちゃうわけですよ。
今まで成田空港のJAL「サクララウンジ」の方に行ったのは、PCを使わせてもらった時とマッサージを受けた時だけ。
初めてこの階段を上りました。
f0036857_19475796.jpg

「ファーストクラスラウンジ」と似た様なものが並んでいますが(種類は少ない)、何か新鮮です(笑)。
f0036857_1948973.jpg

インテリアも重厚感は少ないですが、全然OKですよ、これなら。
f0036857_19481951.jpg

もちろん(笑)昼は食べて来ないので、ここで遅めのランチを。
もう何回目になるんだかの生姜焼き丼とカレー丼のダブル丼で(笑)・・・。
f0036857_19482978.jpg

あとは出発まで人の少ないPCルームで時間をつぶします。
f0036857_19484013.jpg

僕の乗るJAL877便は午後2時10分発。
f0036857_19485135.jpg

機材はもう飽きるほど乗った767。
f0036857_1948599.jpg

もちろんSS6なんか入るわけがなく、古~いタイプ(スカイラックス)のもの。
f0036857_1949677.jpg

お客さんは意外なほど多く、でもそのほとんどが日本人ではなさそう。
FAも上海ベースの人が乗務していますが、全員上海ベースの人でも良いくらいかも。
f0036857_19491633.jpg

ただ僕の乗ったビジネスクラスとなると、3分の1くらいの搭乗率で、これはほぼ日本人って感じでした。
f0036857_1949291.jpg

この列など誰もいない・・・。
f0036857_1949435.jpg

当然どの人も隣席ブロック状態です。
客が少ない分、サービスはいつも以上に丁重で、文句はないところです。
機内食はアグー豚など沖縄がテーマの和食(「沖縄南国膳」)か、ハンバーグがメインの洋食(「街の洋食屋さん」)か、からの選択。
f0036857_19495279.jpg

これはまずまずの美味しさだったです。
鴨胸肉のロースト・カポナータと共に、彩り野菜のマリネ、ずわい蟹のバロティーヌ・イクラ添え・ペッパー・スモークサーモンが前菜として一皿に・・・。
f0036857_1950175.jpg

スープは浅蜊とソテーオニオンのスープ、これはちょっと味にインパクトがなかったかな。
丸ごとフルーツトマトのサラダはまずまず。
ハンバーグは林檎と大根の和風ソースで、割と良い肉使ったハンバーグでした。
f0036857_19501641.jpg

米粉のロールとドライ無花果入りのハードロールに手作りバター。
機内食のパンも最近はだいぶ美味しくなりましたね。
そしてデザートにアイスクリーム。
f0036857_1950274.jpg

上海までの所要時間は3時間くらい、食事を終えてシートを倒してまどろんでいると、もうあっという間の到着です。
面白かったのはシートポケットに入っていた中国からの観光客用パンフレット「日本達人」です。
日本の繁華街、有名店、お土産などの紹介、それにレストランの割引券なんかが入ってるんですが、有名ラーメン店の1割引き、大盛り無料、100円引き、叉焼無料などいろいろ特典クーポンが付いていて、これ、僕みたいな人間でも使えるのかな?とか・・・。
by shackinbaby | 2014-07-31 00:25 | 旅行 | Comments(4)
よく分かりませんでした(笑)
これ、桐谷美鈴も出演しているジェットスター・ジャパンのヴィデオ・クリップなんですけど、これは一体何?



ミュージカル?
どういう人たち向けのどういうクリップ?よく分かりませんでした。
面白くね~とか思いながらも、僕は最後まで見ちゃいましたけど(笑)。
by shackinbaby | 2014-07-31 00:24 | 旅行 | Comments(4)
「ヒルトン沖縄北谷リゾート」に行ってきちゃいました (15)
だらだらと書いてきました僕の「ヒルトン沖縄北谷リゾート」ステイの記録も、これで最終回です。
もうちょっとだけお付き合いください。
沖縄中部料理の骨汁を「みはま食堂」で食べた後、炎天下、帰りはホテルまで歩いてみました。
道は単純なのでそれは問題なかったのですが、とにかく暑い、わずか15~6分が結構長く感じました。
この観覧車が見えてくると一安心、ホテルはもうすぐなはずです。
でもとにかく暑い、何か冷たいものを・・・。
f0036857_1657387.jpg

ドリンクを買って一息、あぁ、そうだ、観覧車にも乗ってみよう。
f0036857_1658051.jpg

この暑さ、お客はほとんどいなそうです。
約15分の1回転が500円。
f0036857_16581351.jpg

窓は開いているので、風が通り、それほど暑くは感じません。
f0036857_16583080.jpg

あぁ、これが上から見た「ヒルトン沖縄北谷リゾート」の全景かぁ。
f0036857_16585443.jpg

そしてこれが隣接する「アメリカンビレッジ」。
昨日の夜はここをうろうろしたんだっけ(笑)。
f0036857_1721394.jpg

反対側はこんな景色、つまりヒルトンのオーシャンビューじゃない部屋はこんな景色になってしまうということ?
f0036857_16594299.jpg

フローズンヨーグルトの量り売りの店があったので、更にそこでまた一息。
f0036857_1733388.jpg

いろいろなフレーバーがありましたが、残念、どのフレイバーもあまり香り立ちません。
f0036857_1734669.jpg

アメリカ人の利用も多く、山盛りのヨーグルトにこれまたオレオなどたくさんのトッピングを乗せて、結構美味しそうに食べていました。
とにかく暑いから美味しく感じるのかなぁ?
f0036857_174280.jpg

ホテルのギフトショップでお土産を、「ちんびん」の粉です、298円也。
安いお土産ですが、最近もう沖縄で買うものもあまりないので、今回はこれだけ・・・。
f0036857_1742114.jpg

「ちんびん」ってご存知ですか?
中国から伝わってきたとされる沖縄風黒糖クレープのことで、これが水で溶くだけで作れちゃうミックス粉なんです。
ホットプレートで焼いてくるくる巻けば出来上がり、黒糖味のもちっとした食感の嬉しい素朴なスイーツで、時々食べると結構美味しく感じます。。
沖縄では旧暦の5月4日だったかな、ユッカヌヒーに子供たちの成長と無病息災を祈る為、神仏にお供えしたお菓子だと聞いたことがあります。
隣のサーターアンダーギーのミックス粉は作り方が難しそうなので、止めておきました。
ヒルトンは午後4時までのレイトチェックアウトもOKもらっていたのですが、実際には午後3時過ぎ、ラウンジでチェックアウト。
理由は那覇空港まで、沖縄バス運行のリムジンバスで帰ることにしたからです。
この時はまだヒルトンにリムジンは停まらず、近くの「ベッセルホテル」から午後3時15分発がこの日の空港行き最終バス。
那覇空港到着予定は午後4時半と・・・。
本当はもう少し遅いバスがあればその方が僕の予約便には良かったのですが、仕方ないです、バスならたったの800円で帰れるのですから(笑)。
ラウンジではいつも親切に地図まで書いてくれて僕に近隣情報を教えてくれた女性が、何と外まで、それも「ベッセルホテル」の途中までも、あの暑い中、道案内してくれたのです。
慣れてない感じはありましたが、必死に努力している様子の彼女には、「頑張れ~」の応援を・・・。
また会いましょう。
バスのチケットは「ベッセルホテル」のフロントで買います。
f0036857_1743898.jpg

バスは僕一人を乗せて定刻に出発、「北谷公園」近くの「ザ・ビーチタワー」などホテルを回りながら空港へと走ります。
(停まるのは「ラグナガーデン」、「ムーンシャイン」などのホテル)
空港到着はやや遅れて午後4時半、すかさず僕はJALのカウンターに行き、飛行機を2本前の羽田行きに替えてもらいます。 
僕の今回の予約はJALのマイルを使っての特典航空券、当日空きさえあれば、予約便より前の便には変更可能なんです。
後の便には確か出来ないはずですが・・・。
これで僕の1泊2日の沖縄旅行は終わり、台風とは2日違いで出会わずに済み、今回はラッキーでとても楽しめる旅になりました。
by shackinbaby | 2014-07-30 00:36 | ホテル | Comments(10)
B787-9型機、ニュージーランド航空はANAに不満?
ANAは7月27日、アメリカ・ワシントン州エバレットで日本初となるボーイング787-9型機を受領、29日深夜、羽田空港に到着したとのことです。
787-9型機は787-8型機のストレッチ・モデルで、座席数や貨物量が約1.2倍の大きさ。
ANAは8月4日にこの同社向け初号機で遊覧フライトを予定、これを「787-9での世界初の旅客フライト」というような表現をしていることから、787-9のローンチカスタマーであるニュージーランド航空は「世界初の旅客フライト」は8月9日からのオークランド・シドニー線だ・・・とやや不満そうです。

     
     http://www.ausbt.com.au/ana-boeing-787-9-dreamliner-inaugural-first-flight
     http://www.ausbt.com.au/air-new-zealand-boeing-787-9-auckland-sydney-flights-start-august-9

確かにANAのフライトは機体に「TOMODACHI」ロゴをラッピング、日本と日本に住む米国の小学生を招待しての「a charter service, "not a revenue or commercial flight."」。
ニュージーランド航空としては「世界初の旅客フライト」という表現をANAのチャーター便にされるのは、気分が良いものではないんでしょう。
僕はここでtrumpeted (喧伝する)という単語を覚えてしまいました。
でもANAはどうしてこんなことをするのかな、フライトを8月9日以降にするとか、表現を少し変えれば良かったのに、同じアライアンスにいる仲良しなんだから・・・。
by shackinbaby | 2014-07-30 00:35 | 旅行 | Comments(11)
「シェラトンホテル札幌」がリ・ブランド
スターウッドは僕は会員ですが(まだ、資格はく奪されてないはず)、もう2年近くはどこも泊まっていません。
「セントレジス・バンコク」や「セントレジス・バリ」、「W台北」などは本当に満足出来る今でも思い出に残る宿泊でしたが、さて日本のスターウッド・ホテルとなると、もうこれはほとんどご無沙汰状態・記憶無しといった状態です。
そんな中、僕も大分前、一度は泊まったことのある「シェラトンホテル札幌」がシェラトンの冠を9月末で下すというニュースを聞きました(ヒルトン系などに比べると情報が遅くてすみません)。
確か地下に温泉などあって、部屋も広めにゆったりした作られたホテルだったような記憶です。
f0036857_2325077.jpg

新しい名前は「ホテルエミシア札幌」、「スマイルホテル」や「プレミアイン」などのビジネスホテルを展開している「ホスピタリティパートナーズグループ」初のフルサービス・ホテルへとリ・ブランドです。

     http://www.hospitality-operations.co.jp/

思い出せばこのホテル、「シェラトンホテル札幌」の前は「新さっぽろパレスホテル」って名前だったような気が・・・。
調べてみると1996年の設立のようですからもう18年選手、新しいホテルの名前「エミシア」とは、「笑み」=「Emi」と、「幸せ」=「Siawase」の組み合わせ、ホテルを利用する全ての人のHappinessにつながることを意味しているんだとか、本当にそうなると良いですね。
そしてこの時代に作られたホテルもそろそろリニューアル、リ・ブランドなど変遷の時を迎えるところが多くなってきそうです。

リ・ブランド絡みで、もう一つ(ヒルトン系のニュースは迅速です、笑)。
コンラッド・ブランドのなかったイギリス・ロンドンにこの9月、「コンラッド」が出来ます。
それがまだ出来たばかりの「インターコンチネンタル・ウェストミンスター」のリ・ブランド・ホテルなんだそうです。
f0036857_23322292.jpg

by shackinbaby | 2014-07-30 00:34 | ホテル | Comments(4)
「ヒルトン沖縄北谷リゾート」に行ってきちゃいました (14) 「みはま食堂」で骨汁
僕の「ヒルトン沖縄北谷リゾート」は1泊のみの相変わらずの弾丸旅行。
沖縄くんだりまで行ったのならもう少しゆっくりしてくれば・・・なんですが、最近の我が家の状況ではそうもいかないのです(泣)。
f0036857_12223136.jpg

ホテルは午後4時までのレイト・チェックアウトをお願いしてあるので、時間はたっぷり。
朝の9時前から午後1時過ぎまで水に入ったり、甲羅干ししたり・・・。
午後1時も過ぎるとお腹も・・・ということで部屋に戻りシャワーを浴び服を着替えてラウンジで一息。
そしてランチへと突撃です。
ランチの候補もいろいろあったのですが、前日がステーキだったので、今日は沖縄風の料理にしてみようということで、ローカルにも観光客にも評判という近所の「みはま食堂」にしてみました。
f0036857_12224833.jpg

近所といってもヒルトンからは微妙な距離です。
歩くと15~20分くらい。
道は分かりやすいのですが、何しろこの炎天下、ちょっときつい感じです。
なので帰りは歩いて帰ってきましたが、行きはタクシーにしました。
f0036857_1223698.jpg

ホテルにタクシーは常駐しておらず、ベルが電話で呼んでくれます。
「みはま食堂」まではタクシーで5~6分、1メーター料金が上がって560円也でした(安い!)。
f0036857_12232327.jpg

食堂はやはり地元風の人8~9割、僕のような観光客風の人ちらほらといった客筋。
テーブル席と小上がりの両方があって、メニューは壁に大きく張り出されています。
取りあえず何でもある感じ、そば、チャンプル、チャンポン(僕らの知ってるチャンポンとは違います)、カレー・・・。
お奨めは沖縄そばのセットみたいですが、僕は勇気を奮ってテレビ「秘密のケンンミンSHOW」で話題騒然となった「骨汁」(ほねじる)を注文。
f0036857_12234261.jpg

ところで骨汁って皆さん、ご存知でした。
汁もの料理の沢山ある沖縄でも、この北谷など中部沖縄でのみよく食されているというこの料理。
沖縄そばなどの出汁を取るときに使った豚の「骨付き肉」じゃなく「肉つき骨」とでもいうべきものを、スープと野菜で煮込んだ料理なんです。
出汁を取った骨を出汁で煮るという不思議といえば不思議な汁物。
見た目は何ともグロテスクですが、美味しさはなかなかのものと聞いています。
さぁ、出てきました。
おぉ、大迫力。
f0036857_12235927.jpg

これで550円というお値段も嬉しいです。
早速手づかみで骨を取り、わずかに付いている肉をこそぎ取っていきます。
f0036857_12241813.jpg

肉はホロホロに煮えていて、すぐに身離れし、なるほど、これは好きになる人がいてもおかしくありません。
レタス、大根、豆腐なども一緒に塩分はありますかなり薄味で煮込まれています。
f0036857_12243659.jpg

ついていう生姜は肉の臭みを更に消してくれて、これはあったほうが美味しく食べられますね。
f0036857_12245575.jpg

ご飯もこんな大盛り。
味付けは全然違いますが、韓国のカムジャタンなんかを思い出しましたね、この料理。
沖縄のこの地方でしか食べられないというローカルな皿に、気分はルンルンで(古い?)、ホテルまでは歩いて帰りました。
by shackinbaby | 2014-07-29 00:10 | ホテル | Comments(4)
スカイマーク、A380をキャンセル?
ひえ~~、スカイマークのA380、キャンセルの方向で話は進んでるみたいです。
お金が無くて買えない・・・と。
この記事の書き方だと「まだ内内の話だけど・・・」みたいな情報のようですが、この会社が単なる憶測で物を書くわけはないし・・・。

     http://www.bloomberg.com/news/2014-07-28/airbus-said-to-drop-order-for-six-a380-jets-with-japan-s-skymark.html

続報を待ちますが、とりあえず残念の一言。

追加 : 上記ページの日本語版も出ました。(7月29日1時)

     http://www.bloomberg.co.jp/news/123-N9FF3I6JIJUQ01.html

再追加 : スカイマークからプレスリリースが出ました。(7月29日9時)

     http://www.skymark.co.jp/ja/company/press/140729_press.pdf

再々追加 : スカイマーク社長の会見内容 (7月29日午後4時)

     http://www.nikkei.com/article/DGXLASDZ29H5V_Z20C14A7000000/

     
by shackinbaby | 2014-07-29 00:09 | 旅行 | Comments(12)
「ヒルトン沖縄北谷リゾート」に行ってきちゃいました (13)
「ヒルトン沖縄北谷リゾート」の「SHINKA」で朝食。
いったん部屋に戻って、水着に着替えて、いよいよプールです。
f0036857_12101014.jpg

気温はもう32度くらい、陽射しもすごいです。
f0036857_12102637.jpg

空の色も海の色も蒼い!
f0036857_12104177.jpg
f0036857_12113676.jpg

さぁ、これが子供が少ないはず(別に決まっているわけではありません)のカスケードプールと呼ばれるプール。
f0036857_12115223.jpg

タオルは部屋番号など登録なしに借りられますが、担当の女性はバイリンガル、ネイティブの英語も話せる人でした。
f0036857_12121273.jpg

水中に作られたベッドもあるし・・・
f0036857_12124697.jpg

反対側にはこういうカバナもあります。
f0036857_1213544.jpg

ここに陣取ってカバナの幌を開くと、目線はこんな風に・・・。
カバナは有料ではないらしくfirst ome first serveな感じ、幌も真っ白で、これはなかなかに良かったですよ。
カップルで使うとちょっと狭いですが、あっ、それが良いのか?(笑)
f0036857_12324433.jpg

午前9時くらいの時点でこのくらいの混み具合、大声も聞こえないし、うん、良んじゃないですか?
皆さん、思い思いに水の中で泳いだり遊んだり、あるいは日焼けに専念されていたり・・・。
f0036857_12332278.jpg

カスケードプールの隣には、芝生のエリアもあって、そこにはハンモックも並んでいます、
f0036857_12145648.jpg

もう少しハンモックの数の少ない方がリラックス出来そうですが・・・
f0036857_121513100.jpg

ハンモックの幅は広めで、これは気持ち良かったですよ。
ハンモックに揺られての実際の目線はこんな感じ。
f0036857_12153243.jpg

今度は気分を変えてスライダーなどのある主に家族向けの(決まっているわけではありません)ラグーンプールに行ってみましょう。
f0036857_1215487.jpg

水深の浅いところもあったり多彩な作りで、確かに家族連れが多い気もしますが、それほど賑やかな(うるさい)感じもしませんでした。
f0036857_1216496.jpg

注意は午前中はホテルの陰になる部分が多いので、これが良いという人も嫌だという人も・・・。
by shackinbaby | 2014-07-29 00:08 | ホテル | Comments(4)
「ヒルトン沖縄北谷リゾート」に行ってきちゃいました (12) 「SHINKA」で朝食
「ヒルトン沖縄北谷リゾート」のエグゼクティブラウンジ利用者の朝食は、そのラウンジででも、3階にあるオールデイダイニング「SHINKA」のバフェでも、どちらでも取れるようになっています。
(ところで、SHINKAって?進化?)
f0036857_1075529.jpg

中はかなりな席数のあるレストラン、それでも日曜朝の混みようはかなりなものでした。
ヒルトン・メンバー用の特別なエリアもないようで、こんなに混むのなら品数は少なくてもラウンジの方が良かったかも?と思わせる程の混雑ぶりでした。
客層は「ヒルトン東京ベイ」に似た感じで、皆さん、とてもすべてにおいてカジュアルです(言い方が難しい、笑)。
f0036857_1081828.jpg

ここで朝食を(有償で)食べるといくらなのか、値段をチェックしているのを忘れました。
(参考までにルームサービスだとアメリカン・ブレックファスト、和朝食、中国式朝食ともに3000円++です)
f0036857_1083587.jpg

ジュースのサーバーにはマンゴ「ドリンク」も、隣はゴーヤのスムージーでした。
f0036857_1085122.jpg

サラダ・バー。
人気でトレイがいつもきれいになっていることは少なかったです。
オープン・キッチンの流行のスタイル。
f0036857_1092677.jpg

まだすべてに新しく、ステンレスもピカピカです。
f0036857_9185657.jpg

玉子料理は注文に応じて作ってくれるようですが、どういう訳か目玉焼きだけが大量に作られています。
僕が聞くと「オムレツも出来ます」と。
それならどこかにちゃんとそう書いておけば良いのに・・・。
これじゃここは卵料理は目玉焼きしかないと思っちゃいますよ。
それと僕は作るところを実際には見ていないのですが、オムレツを鉄板の上で作ったようです。
f0036857_11495058.jpg

味は別として、姿かたちは史上最悪のオムレツです。
僕の方が多分上手に出来ます(フライパンを使うから)。
f0036857_1094329.jpg

パン。
紅芋などを使ったデニッシュもありました。
f0036857_1010025.jpg

和食アイテム。
f0036857_10101786.jpg

フルーツやヨーグルト。
f0036857_10103798.jpg

その奥で調理しているのは?
f0036857_10105580.jpg

これはフローズン・ヨーグルトで、大きな凍らせたブロックをへらでとんとん叩いて、ちょうど良い硬さにしてゲストに出してくれるんです。
好みのフレーバーを付けて、近くにあるフルーツのシロップ漬けなどを合わせても良い感じです。
f0036857_10111216.jpg

僕のはマンゴ味にしてもらいました。
それにしても、こんな風に作るフローズン・ヨーグルトって始めて見ました。
このシェフ、ずっと凍ったブロックをつぶし続けてるわけですよね。
何か、変。
食べ頃にしたものを冷たい容器に入れておいておくだけで良いような気もしますけど・・・。
コーヒーはここで自分で入れます。
f0036857_10103069.jpg

ま、文句も書きましたが、ヒルトン・メンバーということで、これが無料でいただけるんですから、文句は言いますまい、です。
by shackinbaby | 2014-07-28 00:26 | ホテル | Comments(2)
「ヒルトン沖縄北谷リゾート」に行ってきちゃいました (11)
ぐっすり寝た後の「ヒルトン沖縄北谷リゾート」。
かなり早く目覚めてしまったので(年か?笑)、ホテル内を散歩してみました。
f0036857_23265085.jpg

沖縄は朝の6時というのに、もうかなりな日差し。
今日も暑くなりそうです。
f0036857_2327741.jpg

朝早い出発の外国人観光客(台湾の方だったみたい)もいて、ロビーはもうそれなりに賑わっていました。
f0036857_23272255.jpg

昨日はよく見られなかったプールをしっかり見てみましょう。
朝日がすごい・・・。
f0036857_23273866.jpg

8階の角の部屋が僕の部屋です。
その上がエグゼクティブ・フロアにある「ラージ・テラス付き」という部屋なのでしょうか?
f0036857_23275442.jpg

まだ誰もいないラグーンプール。
f0036857_2328121.jpg

あと3時間もすれば、子供たちの嬌声が響き渡るんでしょう。
f0036857_23282529.jpg

滑り台や・・・
f0036857_23284156.jpg

短いながらスライダーもあります。
f0036857_23285547.jpg
f0036857_232995.jpg

丸く見えているところはジャクージでしょうか。
f0036857_23292491.jpg
f0036857_23294173.jpg

多分朝食後、僕はこちらのプールには来ないでしょう。
f0036857_23295914.jpg

もう一つのカスケードプールといわれているほうで遊ぶと思います。
by shackinbaby | 2014-07-28 00:25 | ホテル | Comments(0)