<   2016年 03月 ( 90 )   > この月の画像一覧
spring has come@北京 (13) 北京で遊ぶ~胡同散策
僕の北京2日目、自由になるのは夕方の4時くらいまでです。
その頃には日本からこの日着く仕事上の同僚たちと某ホテルで合流の予定、そしてその後はまるまる2日間、ぎっしり予定が詰まっています。
遊べるのはあと少し・・・(泣)。
「パークハイアット北京」の「チャイナグリル」で無料の朝食を取り、またレセプションでタクシーを呼んでもらいます。
1階エントランスまで下りて行き、ドア・サイドに控えているベルに自分の部屋番号を言うと、タクシーの配車アプリを見ながら「あとXX分で到着します。中でお待ちください」と言われますが、座るところはありません。
ソファの一つくらいあっても良いのに・・・。
f0036857_123574.jpg

前にも書きましたが北京のタクシーはぼったくりも乗車拒否もなく乗りやすいといえば予想以上でしたが、運転手は中国語以外理解しない、しようとも思わない、住所を中国語できちんと書いたのを見せても「この辺だ」程度で下されてしまうこともある、ナビを使ったり誰かに聞いたりもしない、運転手の加齢臭がひどい・・・などの難点はあります。
あと運転席と客席を隔てる透明の境が北京のタクシーでは見当たりませんでした。
どの席に乗るかですが、ホテルからは後部座席に、街中でタクシーを捕まえた時はなめられないように(慣れているふりをして、笑)助手席に・・・。
で、僕の行先、それは北京中心部の胡同(フートン)です。
f0036857_20121835.jpg

胡同とは中国北部の市街地に碁盤目状に巡らされた横丁のことで、モンゴル語で集落を指す「ホト」が語源とか。
北京の胡同は特に有名で、1285年当地に元の大都が置かれて以来700年以上の歴史があるとのこと。
f0036857_19482636.jpg

もちろん故宮の周囲に数千本と張り巡らされたおびただしい数の胡同は北京の近代化と共にどんどんその数を減らし、近年はもう「古い北京」を演出する観光用の胡同ばかりになっているようです。
それは分かっているし、僕は20年以上前、初めて北京に来た時同じテーマのツアーに参加したこともあります。
あれから胡同はどうなったのでしょう。
気候もspring has comeで、昼間日の出ている時はだいぶ暖かくなってきているので、名物の輪タクに乗っての観光も良いかなと・・・。
それに胡同めぐりは長くても2時間だし。
f0036857_19492624.jpg

この胡同観光用の輪タクがずらっと並んでいるのは地安門西大街というところで、北海公園の北口から西に200m、道の北側のT字路を北に入った辺りです。
f0036857_21453327.gif

前もってツアーなど予約しなくても、ここに行けば輪タクから声がかかります。
でもそういうのは料金とかで怖いし説明もない(ただ乗るだけ)ので、少し高かったのですが、ネット上に数あるツアーの中から

     http://www.grandslam.com.cn/tour/hutong.html

の1時間半コースを160元で前もってオンライン予約しておきました。
このツアーなら僕一人でも日本語ガイドが必ず付くし、時間も僕にとって都合の良い長さ。
代金はガイドと会った時現金で払い、ガイドと運転手にチップとして10元ずつが・・・というシステムです。
f0036857_2022955.jpg

輪タクには僕一人で乗り、ガイドは自分の自転車で後をついてきて、要所要所で日本語で説明をするという形。
f0036857_2011021.jpg

真冬から春の芽吹きが感じられる什刹海に沿って、輪タクは進みます。
頬に当たる風は冷たいですが、寒過ぎることもありません。
f0036857_2041039.jpg

周囲には李でしょうか杏子でしょうか、桜に似た花も咲いています。
まず着いたのは宋家三姉妹の宋慶齢の住居です。
個人的にはこれは良かった、有名な鼓楼や鐘楼はすでに見ているので、初めてのここは興味ありました。
f0036857_2053354.jpg

宋慶齢、皆さんはご存知でしょうか?
f0036857_2071733.jpg

孫文の奥さんで女性政治家、お姉さんの宋靄齢は孔祥煕の奥さん,妹の宋美齢は蒋介石の奥さんです。
期待はしたのですが、レトロ・ビューティーな住居内は部屋の外から覗くだけ、庭園も平凡で、記念館にはたくさんの写真など資料が展示されていましたが、あの時代に興味がないと、ちょっと付いていくのが難しいかもしれません。
(宋家三姉妹に付いては

     http://taweb.aichi-u.ac.jp/leesemi/ronsyu2/ogawa.htm

が詳しいです)
f0036857_2075730.jpg

ガイドは中国人、日本に来たことはないとのことでしたがかなり流暢な日本語、説明も丁寧でした。
入口で待機している同じ輪タクに乗り、今度は古き良き時代が残っているという銀定橋まで戻ります。
f0036857_20161036.jpg

う~~ん、古き良き時代?
もう完全にレトロを売り物にしたショッピングゾーンですね。
f0036857_20171953.jpg

什刹海の周囲には歩道が整備され、僕のような外国人観光客も多そう。
それだけに客引きや無許可の輪タクも屯するやや怪しいエリアでもあります。
f0036857_20184872.jpg

銀定橋で輪タクを降り、ガイドと共に橋の北側にある烟袋斜街を散策します。
奥に見えているのが鐘楼。
時間のある胡同ツアーは必ず行くところです。
f0036857_20211834.jpg

この細い道が烟袋斜街。
f0036857_20222625.jpg

本当に昔はタバコ屋が並んでいたとのことですが・・・
f0036857_20254350.jpg

今はベタなチャイナ・グッズが並ぶお土産屋ストリートです。
f0036857_20264716.jpg

並んでいるのは安物ばかり、雰囲気を楽しむだけ。
f0036857_20275136.jpg

鼓楼はここから少し見えますね。
f0036857_231151.jpg

この後は徒歩で胡同の中に入って行き、その雰囲気と四合院建築を見学します。
四合院建築とは方形の中庭を囲んで、1棟3室、東西南北4棟を単位とする中国北部の伝統的家屋建築のこと。
胡同(道路)に面した建物の壁と接続して高さ2m近い煉瓦の壁が建てられ、南側に大門(表門)を構えています。
f0036857_2029147.jpg

この門構えには格というか富裕さが表れているそうで、門の上の飾りの数や階段の数が多い方が上。
両脇の石像もその人の職業などを表しているんだそうです。
f0036857_20303331.jpg

ここは中の見学が許されている四合院建築の家。
(ガイドに聞いたところ、1回の見学で20元取るとか)
f0036857_20312818.jpg

家主は見学には慣れていて僕にいろいろ熱心に説明してくれますが中国語オンリー、英語のエの字もありません。
なのでガイドが僕に日本語にしてくれますが、結構長い・・・。
台所では餃子造り中。
f0036857_20325117.jpg

でもこれ何かやらせっぽいです。
僕のような見物客が来ると、餃子を作るふりをするんでしょう。
f0036857_2034132.jpg

一回り見終わると今度は店主、商売を始めます。
四合院グッズとか・・・。
f0036857_20371026.jpg

次いでますます胡同の奥に入って行き他の四合院建築も見ていきます。
f0036857_20385545.jpg

こういう路地奥の四合院(?)もあります。
北京ではまだ見るオート三輪。
f0036857_2040060.jpg

これはお金持ちの四合院、階段の数が多いでしょ。
f0036857_20454497.jpg

これでちょうど1時間半。
f0036857_20474225.jpg

明らかに冬ではないspring has come的な景色の中、20年ぶりに胡同に来ました。
以前のイメージより更に観光地化していましたが、時間も短く手早く古い北京のムードに浸れるので、これはこれでOKかなと・・・。
この後、通りを渡り北海公園に5元払って入りかけましたが、駄目、広過ぎ・・・。
早々のうちに引き返し、タクシーを拾います。
次はランチです。
by shackinbaby | 2016-03-31 08:48 | 旅行 | Comments(2)
ヒルトンのステイタスマッチがオンラインで・・・
ヒルトンのステイタスマッチがオンラインでリクエスト出来るようになりました。

     https://hhonormystatus.hiltonapps.com/

6月30日までのオファーで、ステイタスマッチが認められれば2018年の3月まで有効(長いです、2年近くもあります)だそうです。
チョイス・プリビレッジ、ハイアット・ゴールドパスポート、IHGリワーズクラブ、マリオット・リワーズ、スターウッド・プリファード・ゲストの他にその他というプログラムもありますから、どのFSPからもトライで器用です。
GOOD LUCK!
by shackinbaby | 2016-03-31 08:47 | ホテル | Comments(0)
1980円が満開
近所のホームセンターで買ったミニテーブル盆栽の桜が満開となりました。
1980円にしては良い咲きで、テーブルの上を華やかにしてくれています。

f0036857_21331493.jpg


いよいよ各地で桜の季節ですね。
by shackinbaby | 2016-03-31 08:46 | Comments(8)
spring has come@北京 (12) 「チャイナグリル」の朝食@「パークハイアット北京」
「パークハイアット北京」に1泊したshackinbaby。
オリジナルの予約は朝食なしのルームレートのみ、でもハイアットのメンバーシップのおかげで65階最上階にある「チャイナ・グリル」のバフェが無料で楽しめます。
「パークハイアット東京」のようにルームサービスでもOKとはいかないようですが。
f0036857_1219225.jpg

天井までほぼガラス作りの構造、朝にはたっぷりの陽の光も入って、「チャイナ・グリル」は夜のファイン・ダイニング的お澄まし顔とは打って変わって、エレガント・カジュアルながら開放的でどこかウェル・ビーイングな雰囲気も感じさせてくれるものになっています。
f0036857_12265390.jpg

オープンなショー・キッチンを見ながら奥に入って行き、四角い建物のほぼ3方の窓際にテーブルが並べられています。
f0036857_12115940.jpg

僕の部屋とは違う、この方向が僕は気に入りました。
f0036857_12131393.jpg

でも周りのテーブルが家族連れだったり賑やかだったので、ウェイトレスに言い、更に奥のこの辺りに席を変えてもらいました。
こういう英語も理解できる人と、料理あるいはサービス関係の単語程度しか分からない人と、英語力は人によりかなり違います。
f0036857_1141014.jpg

あと、ここではそれぞれのテーブル番号を口頭で告げられます。
アルファベットと数字の組み合わせ。
カウンターで料理を注文した時、その番号で席まで運んでくれるシステムのようですが、結構桁数が多いと忘れちゃうんですよね(年か?笑)。
紙とか札とかあれば良いのに・・・。
f0036857_1158100.jpg

L字型にキッチン、それに2つのアイランドがあり、そこに洋風、中華風の各種朝食アイテムが並べられています。
f0036857_11262678.jpg

見てすぐに分かるのは、並べられているものの質の良いこと・・・
f0036857_11273310.jpg

例えばこの麺のコーナーのトッピングの海老の大きさ。
f0036857_11284044.jpg

サービス係の女性に麺の種類、入れる具を指定すると、完成後テーブルまで運んできてくれます。
コックに直接頼む場合は主にゼスチャー、彼らには英語はあまり通じません。
f0036857_11293962.jpg

広東風点心、北京風小吃、蒸し野菜・・・。
f0036857_11303652.jpg

ここのベイクものは美味しく、ポテト、茸、ズッキーニなど、僕の好みでした。
f0036857_11315295.jpg

パン各種。
f0036857_113852100.jpg

ハイアットとして標準の出来です。
f0036857_11421385.jpg

お粥のトッピング。
f0036857_11433178.jpg

ゲストは多いのですが、テーブル上はいつもきれいに整理されています。
f0036857_12443076.jpg

メインのキッチンの他に、こんなアイランドも朝食用に出ています。
f0036857_1147202.jpg

僕はここで野菜や果物を指定して特製生絞りジュースを作ってもらいました。
f0036857_11493687.jpg

シリアル。
f0036857_11515920.jpg

ゲストが多くなっていくと、どんどん奥の席まで使うようです。
f0036857_115343.jpg

テーブル上にはメニューも。
f0036857_1154065.jpg

これらもすべて自由にオーダー出来ます。
テーブル・セッティング。
f0036857_1155589.jpg

赤いのは人参、赤カブ、林檎、レモン、セロリ、蜂蜜・・・などを入れて作ってもらった前述のshackinbaby特製ジュース。
そして「朝はこれでしょう」的麺もの。
f0036857_11561177.jpg

スープも具材も〇で、パクチーを一杯入れて好みのスタイルにしてもらいました。
次は北京風小吃と蒸し野菜の盛り合わせ。
f0036857_1157456.jpg

お粥。
f0036857_1158474.jpg

トッピングが豊富でこれも美味しく食べられました。
最後は西洋風な盛り合わせ。
f0036857_12163635.jpg

これでもうお腹一杯、どれもまずまず美味しく食べられましたが「パークハイアット」ブランドとしては標準といったところでしょうか。
有料で食べると、これは一体いくらするんでしょうか、興味があります。
さぁ、今度は「くう・ねる・あそぶ」の「遊ぶ」の方に・・・。
何しろ僕の自由時間は夕方までなので。
by shackinbaby | 2016-03-30 17:56 | 旅行 | Comments(6)
Bonさんの「アマネム」 (1)
Bonさんから「アマネム」の写真をたくさん見せていただきました。

     https://www.aman.com/ja-jp/resorts/amanemu

まだまだオープンしたて、これからお出かけを予定されている方にも、どんなところだろうと興味津々な方にもとても参考になると思い、お許しを得てここに転載させていただきました。
Bonさん、本当に有難うございます。
f0036857_22272040.jpg

f0036857_22313447.jpg

f0036857_22274785.jpg

f0036857_22315887.jpg

f0036857_22281416.jpg
f0036857_2228315.jpg
f0036857_2228425.jpg

f0036857_22363838.jpg
f0036857_22365281.jpg
f0036857_2237485.jpg
f0036857_2237198.jpg

f0036857_2246266.jpg

f0036857_22423291.jpg

f0036857_22375846.jpg

f0036857_22494941.jpg
f0036857_2250234.jpg
f0036857_22501495.jpg
f0036857_22502864.jpg

沢山のお写真を頂いて、この順番で載せて良いのかちょっと分からないのですが、お時間のある時にでもBonさんに解説を付けていただきましょう。
素晴らしいお天気にも恵まれたようで、こうしてお写真を拝見しているわけでもワクワクしてしまいますね。
まだまだ「アマネム」の写真は続きますよぉ。
by shackinbaby | 2016-03-30 00:07 | ホテル | Comments(6)
JALの羽田空港の国内線保安検査場における待ち時間案内
JALは去年から羽田空港の国内線保安検査場における待ち時間案内をスマートフォンのアプリで開始していましたが、東京モノレールの羽田空港第1ビル駅と京急の羽田空港国内線ターミナル駅、その改札口から出発ロビーへの動線上に大型モニターでも表示するとのことです。
f0036857_21464575.jpg

僕は優先レーンを使わせてもらっているのでこの案内とは違う状況でしょうが、それでも参考になりますよね。
f0036857_21465434.jpg

by shackinbaby | 2016-03-30 00:06 | 旅行 | Comments(0)
オークラ+アウトリガー
「オークラニッコーホテルマネジメント」はハワイの「アウトリガー・エンタープライズ・グループ」と契約を締結、
「オークラニッコーホテルマネジメント」のホテル・ブランド「ニッコー・ホテルズ・インターナショナル」の提携ホテルである「ニッコー・アライアンス・ホテルズ」の初めての提携先として「アウトリガー」のホテル3軒(「アウトリガー・リーフ・ワイキキ・ビーチ・リゾート」「アウトリガー・ワイキキ・ビーチ・リゾート」「アラモアナ・ホテル」)を認定、ウェブからの予約も出来るようになるとのことです。
僕らにとって嬉しいのは、これらのホテルの支払に「JALクーポン」を利用することが可能とな事でしょう。
f0036857_2263447.jpg

(写真はアウトリガー・リーフ・ワイキキ・ビーチ・リゾート)
by shackinbaby | 2016-03-30 00:05 | ホテル | Comments(0)
Bonさんの「アマネム」写真集がはじまります
「合歓の郷」内にオープンした「アマン・リゾーツ」日本2軒目の「アマネム」。
オープン後いち早くのma-yamanakaさんの宿泊レポートに続き、ここによくいらしていただく方々も続々とこのリゾートを訪れているようです。
そんなな中、過去にたくさんのお写真とレポートをお寄せいただいているBonさんから、最新のお写真が届きました。
ご親切にもこのブログ用に転載可とのことでしたので、喜んでそうさせていただきます。
Bonさん、いつも本当に有難うございます。
初回の今日はまずイントロダクションとして、僕が興味をもった写真をとりあえず少しだけ。
f0036857_2157523.jpg
f0036857_2158631.jpg
f0036857_21582254.jpg
f0036857_21583479.jpg
f0036857_21584914.jpg
f0036857_2159383.jpg

Bonさんは

日本にもこんなところがあったんだあ~と思わせる広大な敷地でアマンマジック全快の空間でした。同じデザイナーが担当しているというのもありますがインテリア等はアマン東京とさほど変わらないので「おおっ!」と感心するものはそんなにありませんでしたが、部屋に関しては大きな窓は全て引き戸になっていてそれらをすべて開けるとベッドやお風呂から英虞湾をパノラマビューで楽しめるのはとても爽快でした。引き戸がすべて戸袋に収納できる点などは吉田五十八さんの様式を踏襲しているのかなと思いました。
アメニティなどは全て東京と同じものが使用されており特に特筆する点はありません。一点だけ不満だったスリッパは改善されていました。
スパに付属している(イタリアのテルメの様な温泉プール)サーマルスプリングは露天風呂のようで日本人は大好きな施設だと思います。私も部屋でお風呂に入る代わりに朝晩ここに行っては温まりました。
スタッフについては、多くはアマン東京からの異動で顔見知りもちらほらおりそつなく動いていましたが、やはり新規採用も多いのでスタッフの質にバラツキがありまだまだ「いつもの」アマンステイとはいきませんでした。


というコメントもお寄せくださっています。
by shackinbaby | 2016-03-29 12:23 | ホテル | Comments(6)
spring has come@北京 (11) プール、フィットネス&スパ@「パークハイアット北京」
朝食前に「パークハイアット北京」59階に・・・。
f0036857_22174247.jpg

この階にはフィットネスやプール、そして「ティアン・スパ」(TIEN SPA、天庭SPA)があり、スパ以外は特に受付もなく、宿泊客は誰でも使えます。
f0036857_22183034.jpg

こじんまりしていますが、とにかくきれいで清潔なロッカールーム&更衣室。
f0036857_22192218.jpg

大きな一面の窓からは中国国際貿易センターコンプレックスやCCTVタワーが一望の下です。
f0036857_22213485.jpg

下の方に低層で見えているのはチャイナワールドホテル北京。
サウナもあります。
f0036857_2222321.jpg

プールはもちろん温水プール、両端2か所にこれまた大きな温水槽+ジャクージが付いています。
f0036857_22232519.jpg

この時間、僕の他に誰もいなかったので、自由勝手に泳ぎ、楽しんじゃいました。
f0036857_22242394.jpg
f0036857_2228260.jpg

f0036857_2230371.jpg
f0036857_22311551.jpg
f0036857_22322353.jpg

やっと現れたプール担当らしい女性は僕という客がいるにもかかわらず、歌を歌いながら見回っていました。
まさか客へのサービス(笑)?
f0036857_22334076.jpg

オレンジとレモン入りのウォーター・サーバーも置かれていました。
f0036857_22345061.jpg

フィットネスも誰もいません。
f0036857_2235587.jpg

それを良いことに、いろいろなものを自己流で試してみたり・・・。
f0036857_22364684.jpg

高層ビル群を見ながらトレーニングできますが、やはり少しけぶっていて、日本のパークハイアットやアンダーズみたいにはいきませんね。
f0036857_22383574.jpg

「ティアン・スパ」のレセプションにいるオネーさんが声をかけてきてくれたので、スパのトリートメントルームを見せてもらうことにしました。
f0036857_2239239.jpg

ルーム内はモダン・エレガントでまとめられていて、良い雰囲気でしたよ、さすがに。
f0036857_2242173.jpg

一番リーズナブルなtraditional chinese massageが60分で800元+、90分が1100元+くらいの値段でした。
f0036857_22402930.jpg

f0036857_22435413.jpg
f0036857_224595.jpg

さぁ、そろそろ朝食を食べに行きすか。
by shackinbaby | 2016-03-29 12:22 | 旅行 | Comments(0)
spring has come@北京 (10) 「パークハイアット北京」の朝
僕の北京到着は前日の夜の8時頃、それから約11時間、朝の7時には快適だったベッドから起きだします。
この日の夕方にはもう仕事の方に合流、僕の自由になるのはこの日の午後までです。
とりあえず部屋の写真。
チェックインした時に撮ったのは暗い夜の写真でしたから、明るくなるとまた印象も違うでしょう、念のため改めて載せておきます。
f0036857_19341694.jpg
f0036857_19433296.jpg
f0036857_19443026.jpg

少し寝乱れたところが写っているのはお許しください。
f0036857_19451689.jpg

この日の朝はこの程度の外の見え方、もっとクリアな日もあったし、もっと靄って白っぽく見える日も、滞在中にはありました。
f0036857_19462477.jpg

ネスプレッソでコーヒーを淹れ、巨大なバスタブに浸かりながらゆっくりと・・・。
f0036857_1947983.jpg

巨大過ぎて、湯を貯めるまで時間がかかるのはちょっと不満。
「グランドハイアット東京」くらいの水圧でどんどん給湯してくれれば、です。
f0036857_1948313.jpg
f0036857_19485547.jpg

入浴後は59階のプールとフィットネスへ、朝食の前に少しお腹を減らしていかなくちゃです。
まずはエレベーターでレセプションのある63階へ・・・。
エレベーターを降りて右に行くと「ザ・ラウンジ」というラウンジです。
f0036857_1950626.jpg
f0036857_1951022.jpg

この側(北側?)からは、僕の部屋からは見えなかった高層ビル群を見ることが出来ます。
中国国際貿易センターコンプレックス。
f0036857_20224685.jpg

一番高いその3期ビルは高さ330m、中国一の高さを誇っています。
(パークハイアットは250m)
f0036857_20235992.jpg

ここには「チャイナワールドサミットウィング北京」という最高級ホテルが入っていて、手前には同じくシャングリ・ラ系の「チャイナワールドホテル」が見えています。
↑の右方に見える面白い形のビルが「CCTVタワー」(中国中央TV)。
その付属の建物に入る予定だった「マンダリンオリエンタル」は2009年の火事以降、どうなったんでしょう?
f0036857_19531758.jpg
f0036857_19541162.jpg

この方向は僕の部屋からの景色と同じですね。
f0036857_19553672.jpg

レセプションが見えてきました。
f0036857_19563161.jpg
f0036857_19574831.jpg
f0036857_19592044.jpg

レセプション脇の窓からは、鉄道の駅が見えていますが、電車が動く気配がありません。
現役の駅ではなさそうです。
f0036857_2004467.jpg

客室に下りるエレベーター。
f0036857_202626.jpg

これは1階エントランスから上がってきて、エレベーターを降りると、目に飛び込んでくる景色。
昨日はここに人が沢山、それに暗くて良い写真が撮れなかったところです。
f0036857_2042460.jpg

ここから64~65階のレストランやバーに行くエレベーターや階段。
f0036857_2054199.jpg

朝食バフェをやっている「チャイナグリル」にはこのエレベーターっを使います。
f0036857_2065027.jpg

でも僕はまだこのエレベーターで上にではなく、客室に下りるほうのエレベーターで59階のフィットネスやプールにまず行ってみるつもりです。
f0036857_20123296.jpg

by shackinbaby | 2016-03-28 08:47 | 旅行 | Comments(4)