<   2016年 04月 ( 82 )   > この月の画像一覧
羽田エクセルホテル東急
久しぶりの「羽田エクセルホテル東急」です。
最近あまり国内出張もなく、国際線ターミナル直結の「ロイヤルパークホテル・ザ・羽田」などが出来たこともあり、ご無沙汰もいいところでした。
以前は本当によくお世話になったのに・・・。
f0036857_0304625.jpg

今回は翌日が早めの羽田発の便、それに東急ホテルの「コンフォートメンバーズ」のポイントも失効前に使ってしまわないと・・・ということでの予約でした。
f0036857_031568.jpg

予約はホテルのウェブからで、羽田空港前後泊プラン(2名・サービス料込・消費税込・食事無し)、スタンダ-ドツイン(23㎡ セミダブル122cmX2)(禁煙部屋)、1泊1室19900円というもの。
僕がよく泊まっていた頃より、このホテルもだいぶ値上がりしていますね。

     http://www.haneda-e.tokyuhotels.co.jp/ja/index.html

f0036857_0333085.jpg

アサインされた部屋は4階、明らかに23㎡という広さではなく、30㎡弱はありそうな部屋。
スーペリア・ツインにアップグレードしてもらえたみたいです。
このホテルではチェックイン時に「アップグレードさせていただきました」などとはっきりは言われないのですが、コンフォート・メンバーだからでしょうか、時々広めに部屋になったりします。
f0036857_0343755.jpg

窓からは滑走路が目の前ですから(残念ながらANA機ばかり)、部屋タイプとしてはプレミアム・ツインというものだったかもしれません。
f0036857_0353733.jpg

このホテル、エアポート・ホテルですが4★のシティ・ホテル程度には設備が揃っていて、備品の質感は高くありませんが、不自由するところはありません。
ま、贅沢を言わせてもらえばベッドですかね、もう少し良いベッドだと更に良眠が出来るはずです。
客室内はfree wi-fi、でも僕はここではいつもPCを無料で借りています。
f0036857_0362877.jpg

バス・アメニティはボトル式。
f0036857_0373423.jpg

メンバーだからでしょうか、朝刊も部屋に届けられるし、フロントにいるスタッフも礼儀正しい人が多いです。
悪くはない(エアポート)ホテルなんですが(特に第2ターミナル出発の人には)、もう少し値段が下がるとより使いやすいと思うのは無理な話でしょうか。
by shackinbaby | 2016-04-30 18:23 | ホテル | Comments(4)
ラディソンなどカールソン・ホテルズが中国企業に買収
以前にも書いた「カールソン・ホテルズ」が中国の「HNAグループ」(「海南航空」などを持つ流通運輸系コングロマリット)に買収されるかもの話題ですが、このたび最終決定となったようです。

     http://www.reuters.com/article/us-carlson-hotels-m-a-hna-idUSKCN0XP011
     

つまり「ラディソン」、「パークイン」、「カントリースイーツ、更には「ラディソン・レジドール」などのホテルは中国系のホテルということになります。
「カールソン・ホテルズ」は一時「アコー・ホテルズ」が買収との噂もあったのですが、またも中国企業の手に・・・。
某英文サイトでは

The Chinese companies are on a shopping spree like the Japanese were few decades earlier. Only time will tell whether these purchases end up being successful.

と書いていました。
f0036857_833362.jpg

(写真は「ラディソンホテル成田」)
by shackinbaby | 2016-04-30 08:47 | ホテル | Comments(4)
ヒルトンのQ2プロモ
いつもはかなり早くヒルトンの季節ごとのプロモについて書くんですけど、今回は遅れてしまいました。
5月1日からのQ2プロモはダブル・ポイントです。
皆さんのGWのご滞在に間に合いますように・・・。

     https://www.hiltonhhonors.com/5887_04212016/?lang=jp
by shackinbaby | 2016-04-30 08:46 | ホテル | Comments(6)
リーゾカノビエッタ
最近2回続けて行った店です。
めちゃくちゃ気に入ったというわけではないのですが、この立地が何とも便利で・・・。
f0036857_22581241.jpg

東京駅の改札入ってすぐ。
ま、東京駅に一体いくつ改札口があるのか分かりませんが、各線連絡通路の一つ下の階、「グランスタ」へ続く改札口です。
そこにあるこの「リーゾカノビエッタ」という店は、何とリゾットの専門レストラン。
それも人気のイタリアン・レストラン「カノビアーノ」の植竹隆政シェフの店とのこと。
f0036857_2333753.jpg

イタリア料理店がそのディフュージョン・ラインの店として、気軽に入れるパスタ専門店などをやっているのは時々見ますが、ここはそのリゾット版。
リゾットも日本でその地位を確立しつつあるし、こういうカウンターだけの回転の速いレストランにもリゾットは合っている気がします。
リゾットは「桜海老と新じゃが芋・グリーンピースのリゾット」とか「毛蟹と春野菜・新玉葱のリゾット」など季節的なものの他に、定番めいたものが多数メニューにあって、選ぶのに悩みますが・・・
f0036857_235845.jpg

「暑いのでお気を付け下さい」と注文後3~5分で出てくるリゾットは、色味的にどれも似たような感じです。
↑の初回は「きのことポルチーニ茸のリゾット」(1150円)、2回目の↓は「健味鶏ときのこのリゾット」(1380円)。
f0036857_2362779.jpg

最初に食べたのはしめじや舞茸も入っていましたが、メニュー名通りポルチーニの香りも立ち、米もまずまずイタリアンにうまく煮られていました。
2回目のは鶏はもも肉、ここではバジルの風味が効果的。
これらを注文後3~5分で出すノウハウがきっと大変なんでしょうね。
僕はリゾットだけじゃ量的に足らないかなと思い、初回はこのメンチカツ(320円)も頼みましたが、ま、メンチカツとしては普通のメンチ。
トマトソースとチーズでイタリア~~ンには食べられましたが・・・。
でもリゾットだけでも、さすがにお米、意外に腹の足しにはなったので、2回目はリゾットだけで。
f0036857_2391428.jpg

店内が満席に、店の外にも行列が出来たりした時の、男性店員のやや高圧的な態度が気になりましたが、味的には本格的な(に近い)リゾットが一人でも、年配者でも、気軽に食べられて、これはこれから似たような店が他所にも出来そうです。

     http://www.tokyoinfo.com/shop/search/detail/riso-canovietta.html

あ、そうだ、2回目の時、リゾットだけでも充分と思っていたのですが、正直言うと「グランスタ」の「ユーハイム」がやっている「神戸牛のミートパイ」というのを買っちゃいました。
f0036857_23154967.jpg

神戸牛って形容詞以外は、まさにミートパイだと思いました。

     http://www.tokyoinfo.com/shop/search/detail/kobebeefmeatpie.html
by shackinbaby | 2016-04-29 22:44 | グルメ | Comments(0)
JALの被災地応援便就航、機体に「くまモン」「めじろん」
僕らは募金以外なかなか熊本・大分の支援が出来ません。
そんな僕らの気持ちも乗せて、JALさん、しっかり応援、よろしくお願いいたします。


by shackinbaby | 2016-04-29 22:43 | 旅行 | Comments(0)
サクッと小田原 (11) 「一夜城ヨロイズカファーム」でランチ
ここが鎧塚シェフの「一夜城ヨロイズカファーム」のレストラン部分。
中はかなり狭く、そこに25~6席が詰め込まれています。
f0036857_13562168.jpg

季節が良くなれば、きっとこのガラス窓の部分を開けることになるんでしょう。
それも気持ち良さそうです。
f0036857_1401333.jpg

ウェイトレスはベテランそうな人と、まだ初々しい(あまりよく分かっていない)人の混合?
額の中の字は片岡鶴太郎氏の手になるものとか・・・。
f0036857_1358201.jpg

ランチはこの3600円の3コースのみ。
前菜、メイン、デザート共に選択肢はありますが・・・。

     http://www.grand-patissier.info/ToshiYoroizuka/farm/#caferestaurant

f0036857_1415697.jpg

アミューズには豚のリエット、鶉の卵のポーチドエッグ、マスタード風味。
f0036857_14347.jpg

小さ過ぎて味は良く分からない・・・。
パンは焼きたて熱々、本当にいま窯から出してきたって感じの3種類のパンが出てきます。
f0036857_144118.jpg

レーズンの入ったパン、ライ麦のパン、米粉のパン。
バター、岩塩、オリーブ油付き。
f0036857_1445844.jpg

これは旨いなぁ、最初からパンを食べ過ぎちゃいます。
籠にパンがなくなれば、お替りも聞いてくれますし、余るとお土産にと包んでくれたりもします。
前菜は僕が帆立のポワレ、ホタルイカ、筍のソテーに春菊のソース・・・
f0036857_14554100.jpg

奥さんの方は鰤のスモークにホワイト・バルサミコ酢のドレッシングというものを。
f0036857_1471846.jpg

出来は、申し訳ないけどフツーかなぁ。
小さな温かいスープは里芋だったか・・・。
f0036857_1417156.jpg

これももう少し濃厚あるいは鮮烈な味が欲しかったかも。
f0036857_14182827.jpg

奥さんのメインは鮃のムニエル、軽いカレークリームソース・・・
f0036857_14192538.jpg

僕は500円の追加料金で、黒毛和牛ほほ肉のプレゼにしてみました。
f0036857_14203475.jpg

僕の方はプラス料金を取るだけあって肉の素材、煮込み方、ソース、この手の料理の手本のような出来でした。
でもなぁ、この店ならではのところがないとなぁ、余りにスタンダードな美味しさ。
f0036857_14223045.jpg

(前述のように食べ残したパンはお土産に・・・)
アヴァン・デセールに桜の一口アイスが出た後、僕の方はフォンダンショコラ。
f0036857_14233751.jpg

もう少しフォンダンショコラが熱々だと、添えられているバニラ・アイス、中から溢れるショコラフランボワーズ・ソースと相まって、もっと美味しく食べられたかも・・・。
f0036857_14243249.jpg

奥さんの方はケーキの盛り合わせ。
f0036857_14253477.jpg

奥さんの意見も「デザートが思ったよりフツーよねぇ」と・・・。
鎧塚シェフの店ということで、僕らのデザートに対する期待が高過ぎたからかもしれませんが、この値段のコースの中のデザートとして、やはりフツーとしか言いようがありません。
それでも奥さんは来たかったというここに来られて、そこそこ満足げではありました。
恐るべし、ヨロイズカ・ブランド。
ここから小田原市内へは無料で呼び出せるタクシーで・・・。
(ここはネットが繋がらない?)
午後は奥さんの気の向くままに小田原市内を散策、名物のあんパンも買ったり、彼女的には「欲しいものはすべて買った」と。
今回は奥さんの希望を全面的にいれたショートトリップ、東京からは本当に近いリゾート地で、サクっと行くには良いところでしたよ。
by shackinbaby | 2016-04-29 05:39 | 旅行 | Comments(6)
サクッと小田原 (10) 一夜城ヨロイズカファーム
「ヒルトン小田原」でたっぷり遊んだshackinbaby夫婦。
レイト・チェックアウトはリクエストせず、お昼にはタクシーに・・・。
行き先はここ、「一夜城ヨロイズカファーム」です。
f0036857_9302164.jpg

ここはうちの奥さんがぜひとも行きたかったというあの有名パティシエ鎧塚俊彦氏の店。

     http://www.grand-patissier.info/ToshiYoroizuka/farm/

f0036857_9321231.jpg

2011年に出来たここは有名な小田原の「一夜城」跡近くにあります。
「一夜城」があった「石垣山」は、本来「笠懸山」と呼ばれていたようですが、1590年豊臣秀吉が小田原北条氏を水陸15万の大群を率いて包囲し、その本陣として総石垣の城を築いたことから「石垣山」と呼ばれるようになったそうです。
その城が、世に「石垣山一夜城」または「太閤一夜城」と呼ばれるのは、秀吉が築城にあたり、山頂の林の中に塀や櫓の骨組みを造り、白紙を張って白壁のように見せかけ、一夜のうちに周囲の樹木を伐採し、それを見た小田原城中の将兵が驚き士気を失ったためと言われています。
しかし、実際にはのべ4万人が動員され、約80日が費やされたと・・・。
秀吉は、この城に淀君ら側室や千利休、能役者を呼び茶会を開いたり、天皇の勅使を迎えたりしたそうです。
f0036857_1562476.gif

「ヒルトン小田原」からは多少の渋滞もありましたが、金額にして約3000円の距離。
早川の山の上にうねうねと上がって行った、後ろに「一夜城址」、眼の前には雄大な相模湾(この日は残念、曇り空でよく見えませんでしたが)というロケーションに建つここ「一夜城ヨロイズカファーム」は、右からレストラン、パティスリー・ブーランジェリー、マルシェ(直売所)と、3つのパートから出来ています。
f0036857_9333280.jpg

駐車場はかなりな台数停められるので、こんな天気にもかかわらず次から次へと車が駐車場に入ってきます。
ものすごい数のお客、それがあまり広くない店にひしめくのですから、特に真ん中のパティスリー・ブーランジェリーはレジ待ちの長い行列が・・・。
f0036857_9411389.jpg

まずはマルシェ。
f0036857_9433763.jpg

ここには地元の生産者が持ち込んだ地場の野菜や果物、花などが所狭しと並べられています。
f0036857_950118.jpg

特に土地柄か蜜柑はマニアックな品揃えで、相当な種類が、生産者の名前と試食付きで・・・。
奥さん曰く「どれも新鮮そうで質が良さそうだけれど、うちの近所のスーパーの方が安い」と主婦目線。
あれほど来たいと言っていたのに、ここでは何も買わずでした。
f0036857_955127.jpg

今度は真ん中にある激混みのパティスリー・ブーランジェリーに。
f0036857_959918.jpg

外から入るドアもありますが、隣のマルシェからも入れます。
f0036857_131347.jpg

このパティスリー・ブーランジェリーに近づくや、素晴らしく芳醇なパンの香りが鼻腔一杯に・・・。
これは確かに思わず「買わなくちゃ」という気分になってしまいますね。
f0036857_1324543.jpg

色々なタイプのパンが置いてあって、お客も多いですが、補充もこの時間は頻繁にありました。
噂によると、午後にはもうパンが残り少なくなることもあるんだとか・・・。
f0036857_13403.jpg

どれも美味しそう。
f0036857_135969.jpg

この蒲鉾のように板の上に乗っている「一夜城ロール」というロールケーキは一日X本という限定品と・・・。
f0036857_1362649.jpg

ただでさえ狭い店内には10人以上の人がパンをトレイに乗せてレジ待ちしている大混雑状態、正面からは写真が撮れませんでした。
f0036857_1374194.jpg

コンフィチュールなんかもあるんですね。
f0036857_13504642.jpg

マルシェ、パティスリー・ブーランジェリーで時間をつぶした僕らは、予定通りの時間にレストランの方に・・・。
ここは20数席の小さなレストラン、でも常に予約で一杯とのことで、珍しくうちの奥さんが前々日に電話で予約を入れていました。
実際満席で、レストランの入り口には満席表示が出され、残念そうに帰る人も続出でした。
by shackinbaby | 2016-04-29 05:38 | 旅行 | Comments(0)
サクッと小田原 (9) 「オーシャンラウンジ」@「ヒルトン小田原」の朝食
「ヒルトン小田原」の「ブラッスリー・フローラ」でのバフェ朝食の後、どんな内容なのか気になったので2階の有料ラウンジ「オーシャンラウンジ」にも来てみました。
f0036857_22575096.jpg

ここは朝の7時から10時までが朝食タイム。
何処かにライトコンチネンタルブレックファストと書いてあったように、本当にライトな品揃えでした。
f0036857_2259820.jpg

もちろん(?)ラウンジには誰もいず、オープンから時間がたっているにもかかわらず、誰も利用した形跡がありません。
ホテル側もこのラウンジの運用はもう一度良く考えた方が良いでしょう。
f0036857_2305493.jpg

冷蔵庫は朝仕様。
f0036857_2355172.jpg

話は変わってホテル1階の「ヒルトングランドバケーション」のデスクではチョコレートではなくこの300円券がもらえます。
f0036857_2364998.jpg

隣にある大きめのギフトショップの「ヒルトンショップ」ですぐ使えます。
なお情報ですが、「ザ・ロビー・ラウンジ」で土日と祝日だけやっている「デザートブッフェ」(3417円)は、フロントを通すと3078円に割引されるとのことです。
by shackinbaby | 2016-04-28 04:24 | 旅行 | Comments(6)
サクッと小田原 (8) 「フローラ」@「ヒルトン小田原」で朝食
僕ら夫婦が泊まった「ヒルトン小田原」。
f0036857_2215266.jpg

翌朝もお日様は顔を出してくれませんでしたが、窓を開けると海と一面の緑、澄んだ空気に、鳥の鳴き声と、さわやかなリゾートの朝を感じさせてくれます。
f0036857_221664.jpg

ダイアモンド・メンバーは1階の「ブラッセリー・フローラ」のフル・バフェでも、2階の「オーシャンラウンジ」のライトコンチネンタル・ブレックファストでも朝食を好きな方で選べます。
僕らは1階の方に・・・。
f0036857_22172849.jpg

ここは朝の7時から10時までが朝食タイム。
エントランスでは、スタッフがゲストの部屋番号を確認し、そのステイタス、あるいはプランによって、案内するエリアを変えているようです。
一般の人たちはこちらのようで・・・
f0036857_22184097.jpg

ヒルトンのメンバー(ヒルトンHオナーズのメンバーなら誰でも?)はこちらになるようです。
ここは各人、各グループ、スタッフがエントランスのスタッフの(小声の)指示に従って、席まで案内してくれるシステム、自分たちで好きなところには座れないようです。
f0036857_22194011.jpg

ここ「フローラ」もリニューアルされたようで、以前の記憶よりモダンでこぎれいになっている気が・・・。
スタッフは男性が多く、若い人も年配風な人もいますが、おおむね親切で丁寧そうです。
f0036857_22211178.jpg

バフェ・テーブルでは奥の卵料理コーナーが一番人気のようで、注文待ちのミニ行列も・・・。
f0036857_22221682.jpg

朝食の基本アイテムはほとんど揃っています。
ここはサラダ。
f0036857_22233761.jpg

パン各種。
f0036857_22262264.jpg

ヒルトン標準のパンでした。
f0036857_22245123.jpg

ワッフルと様々なトッピング。
f0036857_22273335.jpg

フルーツはもう少し充実すると嬉しかったかなぁ。
f0036857_2228357.jpg

この辺りは小田原っぽい?
f0036857_22295260.jpg

中華粥のトッピング。
f0036857_2231148.jpg

このホテルも御多分に漏れず中国からの観光客が多いですからね。
クコの実がちょっと珍しかったかも・・・。
f0036857_22325566.jpg

ここが和食コーナー。
f0036857_22343474.jpg

僕はここで小丼にご飯をよそい、おかずを上に載せて、即席海鮮丼もどきを作って楽しみました。
f0036857_22355339.jpg
f0036857_22372699.jpg

ジュース各種に、最近のヒルトンらしくスムージーも・・・。
f0036857_22384529.jpg

僕が食べたもの。
オムレツは小さく作ってもらったホワイト・オムレツです。
f0036857_2240184.jpg

忙しそう、かつメニューにないリクエストでしたが、シェフは引き受けてくれて、「時間かかりますよ」と言われましたが、出来上がったら僕の席まで届けてくれました。
有難う<あの時のシェフ。
これは前述の即席海鮮丼。
f0036857_22412769.jpg

しらすや烏賊など・・・。
最後は中華粥。
f0036857_2254931.jpg

この日は結構がんがん食べちゃいましたね、朝から和洋中3皿、しっかり完食。
またフィットネスとプールで少し頑張らなくちゃ・・・。
by shackinbaby | 2016-04-28 04:23 | 旅行 | Comments(0)
JAL北米線、10000 eJALポイントプレゼントキャンペーン
JALは4月25日から7月15日まで、「旅プラス会員」を対象に北米線で「10000 eJALポイントプレゼントキャンペーン」をやっています。
期間中、日本地区JALホームページから対象航空券を購入して、搭乗前にキャンペーン登録すると、抽選で300人に10000 eJALポイントがプレゼントされるというキャンペーン。
対象は、5月6日から7月15日までに日本を出発する、東京発のニューヨーク、シカゴ、ボストン、ロサンゼルス、サンディエゴ、サンフランシスコ、ダラス・フォートワース、バンクーバー線、大阪発のロサンゼルス線で、日本地区JALホームページで購入可能なすべての個人運賃です。
300人だと、当たる確率は低そうですけど・・・。
by shackinbaby | 2016-04-28 04:22 | 旅行 | Comments(2)