<   2016年 09月 ( 103 )   > この月の画像一覧
これ、結構面白いです
これ、鹿児島県霧島市のPR動画なんですが、結構面白いです。
特に僕らにはJALとANAのFAが空港で・・・・のくだり。
ぜひ息抜きにご覧ください。


by shackinbaby | 2016-09-30 12:17 | 旅行 | Comments(6)
JAL・ダイアモンドプレミアラウンジのJAL特製焼きカレーパン
羽田、新千歳以外の空港にも徐々に出来そうなJALのダイアモンドプレミア・ラウンジ。
f0036857_20545415.jpg

本当に羽田のここには毎度毎度お世話になっているのですが、いつも何となく気忙しく、飲んだり食べたりはしているのですが、それを写真に撮るまでの余裕は今までありませんでした。
なので、最近ラウンジに午前11時半から営業終了時まで出ているJAL特製焼きカレーパンも、ここで話題にしたことはたぶんなかったと思います。
f0036857_20551389.jpg

JALのウェブには

国際線ラウンジで好評いただいている「JAL特製ビーフカレー」をベースに開発した具をフォカッチャ生地で包みました。
「焼き立て」ならではのサクサクとした食感とたっぷり詰まった具がバランス良く味わえるオリジナル商品です。


とあります。

     https://www.jal.co.jp/dom/service/lounge/hnd/diamond.html

f0036857_20553259.jpg

そうかなぁ、JALのラウンジのカレーとは似ていますが、フォカッチャ生地に包まれているせいか、僕にはあれとはちょっと違うかな、アレンジしてあるかなと・・・。
揚げてないカレーパンですが、焼きということで表面はオイリー、ラウンジで摘まむには必ずお手拭が必要になるので、カレーパンとしてはOKなのですが、どうなのかなぁ?、そう思いながらもちろんいつでも食べてます(笑)。
f0036857_20554843.jpg

実際売れ行きはそれまでのメゾンカイザーのパンよりすごくて、いつでもあっという間になくなっている感じですが、次から次へと補充はされています。
一体1日何個くらい並べられるのでしょう。
この他にもソテーした国産オニオンとブイヨンと合わせたオニオンスープ、かつおと昆布の出汁に3種類の合わせ味噌で仕上た味噌汁なども選べるようになっています。
f0036857_20561035.jpg

この日はなかったですが、お握りが出ている日もあります。
by shackinbaby | 2016-09-30 07:37 | グルメ | Comments(8)
ブリティッシュエアウェイズの近距離線機内食有料化
前にもここで取り上げたブリティッシュエアウェイズのヒースローとガトウィック空港発着のイギリス国内線、近距離ヨーロッパ線すべての飲み物、軽食が有料となる件ですが、このほど来年の1月11日からと決まったようです。

     http://www.britishairways.com/en-gb/information/food-and-drink/short-haul-economy-dining

機内有料販売メニューはマークス&スペンサーと組んだもの。

     http://www.britishairways.com/en-gb/information/food-and-drink/short-haul-economy-food-menu?clickpage=resp-information--food-and-drink--short-haul-economy-dining&kmtag=c&ban=||DP|8x1|CTA1|||||||||L2|||||||

f0036857_6585363.jpg

面白いのはロンドン・シティ空港やロンドン・スタンステッド空港出発便はこれまでとのこと。
支払いはもう現金は通用せずクレジットカードかデビットカードのみ、ブリティッシュエアウェイズのクラブ・メンバーはアプリを通してAVIOSで支払うことも可能だそうです。
なおビジネスクラスはこれまで通り。
これを取り上げた記事を見ると、どの人もこの傾向(機内食の有料化)はこれから強まるだろうと言っています。
これでますますLCCとの差別化を含めて競争は激しくなるんでしょうね。
で、気になった事、単なる水も有料なのかなぁ?
きっと、そうなんでしょうね。
by shackinbaby | 2016-09-30 07:36 | 旅行 | Comments(8)
JALのスカイスイート777がグッドデザイン賞
JALのスカイスイート777とANAの羽田空港国内線カウンターが、ともに「グッドデザイン賞」を受賞したようです。

     http://www.jal.co.jp/newsky/ss2/

6月18日からバンコク線に投入され、後にシンガポール線、10月24日から香港線、来年からはホノルル線と投入されていくこのJALの新装機。
僕も先日のバンコク旅行で往復、そのビジネスクラス(スカイスイートIII)を堪能させてもらいました。
f0036857_7313245.png

グッドデザイン賞受賞の評価ポイントとしては、ビジネスクラスの立体交差構造など、個人のスペースを最大限確保できる空間の使い方だったようです。
JALのウェブには

評価のポイント(審査者コメント要約)
ビジネス客とリゾート客が混在する国際線中距離路線の特性に応じて、各クラスで座席配置に工夫がなされており、特にビジネスクラスにおいて、フルフラットにした際に、座性を上下にずらすことで個人スペースを最大限に確保する空間の使い方が優れている。
隣席との間の可動式ディバイダーなど、複数人利用にも配慮がなされている。
限られた機内で、空間の使い方の工夫によって、より快適な移動時間を提供するデザインである。


とありました。
ANAのほうも今年の4月のリニューアル。
f0036857_7324415.jpg

目的別で色分けし、エリアを集約させることで無駄のない動線にしたカウンター。
案内表示には、従来と比べて4倍近く大きくしたピクトグラム(絵文字)を採用し、日本語を理解しない訪日客などにも分かりやすくしてあるそうです。
自動手荷物預け機「ANA Baggage Drop サービス」導入も評価の対象だったようですね。
両者ともにおめでとうございます。
by shackinbaby | 2016-09-30 07:35 | 旅行 | Comments(2)
「ザ・リッツ・カールトン」、日光に進出!
「ザ・リッツ・カールトン」は、東武鉄道が持つ、この1月で営業を中止した中禅寺湖畔の「日光レークサイドホテル」跡地にホテル進出、2019年にもオープンするとのことです。
f0036857_2037088.jpg

(在りし日の「日光レークサイドホテル」)
日本4軒目の「ザ・リッツカールトン」ホテル。



北海道のニセコも実現すれば、日本では5軒体制となるようです。
「ザ・リッツカールトン」はマリオット系ですから、スターウッドのメンバーはここにもポイントで宿泊できることになりますね(と、うらやましそう、笑)。
なお日光では、東武鉄道が老舗の「金谷ホテル」を今月30日にも買収するとか・・・。
by shackinbaby | 2016-09-29 20:45 | ホテル | Comments(2)
ヒルトンの顧客情報悪用か、偽造カード使用で中国人グループ逮捕
他人のクレジットカード情報を使った偽造カードで買い物したとして、警視庁は、中国籍の男女6人を不正作出支払用カード電磁的記録供用と詐欺容疑で逮捕したそうです。
グループが利用したカード情報はいずれもホテル大手のヒルトン・ワールドワイド社から流出したものとのことで、同庁が情報の入手方法を調べているそうです。

     http://www.sankei.com/affairs/news/160929/afr1609290012-n1.html

確かにヒルトン・ワールドワイドは昨年11月、ホテルの情報管理システムが不正アクセスをされ、クレジットカードの決算情報が流出したと発表していましたね。
何か嫌なニュースです。
by shackinbaby | 2016-09-29 20:44 | ホテル | Comments(4)
reduced rates! 23425円@ハイアットリージェンシー東京(2)
このブログではお馴染みの新宿の「ハイアットリージェンシー東京」のclub kingに宿泊中。
f0036857_10545476.jpg

高層のview roomも悪くないですが、僕は窓からの公園の緑と、このバスルームの作りが気に入っているので、club roomにアップグレードされると(といってもこのところ毎回ですが)、本当に嬉しいんです。
f0036857_105589.jpg

僕の泊まった7階の部屋からの夕方の景色。
f0036857_1055224.jpg

くっきり見えている三角の影は富士山?
f0036857_10553620.jpg

夜になってきてもこの日は珍しく天気の良い日、本当に遠くまで見渡せました。
f0036857_1122822.jpg

やはり、これ、富士山ですよね。
f0036857_11222654.jpg

9階にある「リージェンシークラブラウンジ」では、朝食が朝6時半から10時まで、ティータイムが(といってもドリンクとクッキーあたりだけですが)午前10時から午後6時までと午後8時から9時まで、カクテルタイムが午後6時から8時までとなっています。
あ、そうそう、午後2時頃から冷蔵庫にパウンドケーキとフルーツが置かれます。
僕はあのパウンドケーキ、地味ですけど結構好みだったりします。
f0036857_1129686.jpg

全体にスタッフは世話を焼かず、放置系のラウンジ。
f0036857_1129208.jpg
f0036857_11293779.jpg

出されている軽食はミニマムなもので、1人1皿、こうした4皿が乗ったプレートが配られます。
f0036857_11295252.jpg

これは煮込みハンバーグがメイン、メインは2種類から選べます。
ま、flyers talkなどでは最悪のカクテルタイムと評されているのも、少し分かるような・・・。
でも昔経験したことのある軽食の争奪戦めいた殺伐とした(?)雰囲気がなくなり、まったりした静かなカクテルタイムはある意味悪くないかもしれません。
今度は朝食の様子を見てみましょうか。
f0036857_1130972.jpg

f0036857_11302782.jpg
f0036857_11305848.jpg

↑のトレイ左にはパスタもあります。
f0036857_11311490.jpg
f0036857_1131337.jpg
f0036857_11315196.jpg

朝食はカクテルタイムとは違い、和食はないものの、まずまずですかね。
by shackinbaby | 2016-09-29 08:05 | ホテル | Comments(6)
今朝の客室から
朝6時ごろの客室からの景色です。
夜は雨が少し降ったようですが、今日は申し訳ないくらいの快晴になりそうです。
f0036857_07352730.jpg

では、仕事に行ってきます。
by shackinbaby | 2016-09-29 08:04 | ホテル | Comments(8)
reduced rates! 23425円@ハイアットリージェンシー東京(1)
ここ「ハイアットリージェンシー東京」にはもう泊まり過ぎているので、もう宿泊レポートはいらないだろうと思っていたら、このロビー・シャンデリアが元通りになったという数日前の記事はかなりなアクセス数がありました。
f0036857_10412297.jpg

なので最新の体験を簡単に。
チェックイン時、9階の「リージェンシークラブラウンジ」はがらがら、誰一人として利用者はいませんでした。
f0036857_10413815.jpg

予約はハイアットのウェブからで、アドバンスレートの1泊1室19550円++、総額234525円というもの。
f0036857_10415422.jpg

予約時のゲストルーム・キングはクラブルーム・キングにアップグレードとなりました。
f0036857_10422741.jpg

ウェブ上ではこの日はクラブルームは満室らしく、しばらく前から表示されなくなっていました。
それでもこうして当日アップグレードされるので、かなりな部屋数が、上級メンバー用に取り置きされているのかもしれません。
f0036857_10442769.jpg

この写真はハイアットのベッドメイクの上手さを・・・。
f0036857_10481233.jpg

このピンとしたシーツの張り方、素晴らしい。
数日前に取り上げた「ヒルトン東京お台場」のベッドメイクと比べてみてください。
雲泥の差です。
f0036857_10444413.jpg

このくらいの高さのほうが隣の公園の緑が借景になり、意外にもGOOD。
f0036857_10445823.jpg
f0036857_10452979.jpg

僕の好きなバスルーム。
f0036857_1045145.jpg

角を利用したミニバーはハイアット・タッチを感じます。
f0036857_10454491.jpg
f0036857_1046777.jpg

クローゼット。
f0036857_10463181.jpg

いつも書きますが、中に電気が点くと嬉しいのですが・・・。
浴衣もガウンも完備。
f0036857_10465028.jpg

インテリア、色使いが気に入っているウェット・エリア。
f0036857_10472165.jpg
f0036857_10473682.jpg

この大きなガラス窓は好き嫌いもあると思いますが、僕は部屋は広く見えるし、風呂からTVや外も見えるし、好きな作りです。
f0036857_10492449.jpg

アメニティは「ファーマコピア」、独特の匂いで、僕にはこの匂い=「ハイアットリージェンシー東京」です。
f0036857_10494060.jpg

最後にフロアプランを・・・。
f0036857_20481086.jpg

by shackinbaby | 2016-09-28 11:37 | ホテル | Comments(8)
オービカ・モッツァレラ・バー(Obica Mozzarella Bar)
横浜でもう一軒行ったのは横浜駅前の「相鉄ジョイナス」地下2階にある「オービカ・モッツァレラ・バー」(Obica Mozzarella Bar)。
f0036857_2133082.jpg

ローマに本店を構える水牛モッツァレラ・チーズの専門店で、もうすぐ大阪の梅田にもオープン予定。
東京では六本木ヒルズや東京ミッドタウンにあります、その横浜店。

     http://obica.jp/yokohama/

店内は東京の店と同じにお洒落な雰囲気で、いかにも女性やカップル好みです。
ここはうちの奥さんが友達から聞いたとのことで、ぜひ行ってみたいと・・・。
(それなら別に横浜店じゃなくても良いのに・・・は僕の内なる声、笑)
f0036857_214376.jpg

ここの売りは何といってもイタリア・カンパーニャ地方から空輸される高品質の水牛モッツァレラ。
メニューにはいろいろな種類のモッツァレラが並んでいて、40g、80g・・・など量も選べます。
f0036857_2142363.jpg

僕はここでモッツァレラでも、例えばアッフミカータ、ストラッチャテッラ、ブッラータなどここならではのものを食べたかったのですが、奥さんの意見で一番スタンダードなクラシカをフルーツトマトと一緒に・・・。
奥さん曰く、「だって知らない変な味のが出てきたら嫌だもの」と。
f0036857_215476.jpg

ミルクの甘みとほのかな塩気、適度な弾力にジューシーな食感などやはり専門店で、こういう気軽な店で本格的なモッツァレラが食べられるのは嬉しいですね。
僕らが頼んだのはブランチ・スペシャルというセットで、彼女はパスタ・メイン、僕はピザ・メインにして、シェアで食べることに・・・。

     http://obica.jp/common/images/yokohama/yokohama_lunch_holiday.pdf

イタリアンハムとグラナパダーノチーズのサラダ。
f0036857_2152368.jpg

産地直送トマトとツナのサラダ。
f0036857_2154734.jpg

サラダにはドレッシングはかかっておらず、テーブルの上のオリーブ・オイルとバルサムコ酢で自分で味付けします。
サラダなどの他にデザートやコールドプレスジュースなども選べます。
パスタはトマトとパプリカ、パンチェッタのパスタ。
f0036857_2162660.jpg

茹で方も悪くないです。
ピザはピッツァ・ タルトゥーフォと言う面白い形をしたピザ。
f0036857_2165245.jpg

テーブルに運ばれてくる1メートル以上前から強烈に香るマッシュルームとトリュフ、僕が過去この店に行った中で一番気に入った料理です。
f0036857_2171873.jpg

石臼挽きのイタリア産小麦粉、低温48時間発酵、2段階熟成とかいうこだわりのピザ。
奥さんは「ピザーラのばかり食べてると全然違うね、美味しい」と・・・。
そりゃ、そうでしょう。
単品で頼むとかなり高いこのピザもこういうセットに入っていると急に安くなっています。
奥さんはこのお洒落インテリアと、まずまず美味しいピザやパスタに、満足したようです。
出来れば今度はもっと普通じゃないモッツァレラ、食べてみようよぉ。
なお「オービカ モッツァレラバー」(Obica Mozzarella Bar)という店の名前は、イタリア語Ecco Qua(さあ、どうぞ)のナポリ地方の方言であるObica(オービカ)に由来しているそうで、お客をいつでも「 さあ、どうぞ」とお迎え入れるこの店のスピリットがこめられているんだそうです。
by shackinbaby | 2016-09-28 07:10 | グルメ | Comments(2)