<   2017年 05月 ( 71 )   > この月の画像一覧
そろそろ終わりかな
お騒がせした僕の事故、車の破損状況のわりには大したことはなく、不全骨折ということはいわゆるひび、ただ打撲を含めてとにかく痛かったので、久しぶりに入院も体験しました。
f0036857_16215140.jpg
知り合いのところだったので、2人部屋を1人で使えて快適だったし、経過もまずまずだったので、ま、不幸中の幸い。
病院食も久しぶりに食べましたが、最近のは僕のイメージとかなり違ってました。
温かいものはちゃんと温かく出てくるし、これはある日のお昼ですが、なんと牛丼だったんですよ。
f0036857_1452060.jpg
ご飯にかけて食べるタイプの・・・。
山椒の効いた悪くないお味で、昔のように連日連食まずい(ごめんなさい)ということは全くなかったです。
今はもう自宅で、そろそろ職場復帰となります。
なのでこのブログにも週末くらいからは本腰を入れられるかと・・・。


なお先日、1日のアクセス人数が6000人を超えたとお知らせしましたが、そんな日はあれ以来来ず、今回の僕のサボりもあって、これのところ連日4000人台後半で推移しています。
こんな状況でも見にきてくださる皆様にはウルトラ感謝!!
コメントをいただいている方に個別にお返事する勇気と時間がなくて、本当に心苦しく思っています。
すべてはしっかり読まさせていただき、日々の糧にしています。
有難うございます、もう少し頑張ります。

by shackinbaby | 2017-05-31 00:00 | Comments(7)
使い勝手の良い寿司屋
これも過去の記録から、といってもここ1ヶ月くらいの間の話ですが、仕事仲間と行ったリーズナブルな寿司屋の話。
談笑メインの食事会だったし、つまり写真もちゃんと撮っていない、ロケーション的にもややローカルで東京じゃない・・・と、ブログ的にはボツかなと、今まで書かなかったレポートです。
f0036857_18311887.jpg

ロケーションはJR大宮駅徒歩数分、分かりやすくいうとSOGOデパートの裏。
この地の利もあってか、ここも系列のイタリアンの店も、たいてい満席、この日は事前に予約しておいたせいでしょうか、2階にある6人は入れる個室に通されました。
f0036857_18391768.jpg

気の良いいかにもベテランの職人が、刺身、煮物、焼き物、天ぷら、茶碗蒸しなどの合間にも、お任せで握ってくれます。
f0036857_20542020.jpg

何気ない野菜もしっかりした産地から選ばれたもので旨かった・・・。
f0036857_19182078.jpg

ここの寿司は僕の拙い印象(普段僕はあまり寿司を食べない)では ものすごく普通のくせのない直球勝負の寿司だったような気がします
f0036857_1925142.jpg

一緒に行った連中はかなりここが気に入ったようで(個室で好きに騒げたから?)、東京の値段の半分だな、ここ・・・と会計の時にかなり好意的に言ってました。
f0036857_19463474.jpg

ちなみに僕は奢られた方なので、正確な値段は不明です。
仕事帰り、普段よりちょっと予算を出して・・・なんていう非若手系食事会・呑み会には、ここ、良いんじゃないでしょうかね。
「すし堺」というのが店の名前です。
by shackinbaby | 2017-05-30 00:00 | グルメ | Comments(7)
reduced rates 26378円@ヒルトン東京
キーボードを一字一字たとだどしく打っていて、我ながらじれったいです。
早く通常通りに戻りたい、あと1週間くらいですかね。
記事も新しく作る勇気はまだ全然ないので、最近作って「もうこのホテルは取り上げすぎだよな」とボツにしておいたものを、引っ張り出してきました。
僕の定宿のいつもと同じステイ。
週末の滞在で確かセールの時の予約(member sale rm only)、宿泊数日前にはこの日はもう完全満室となったようで、ネット上には空きなし、ただし宿泊3日前くらいからまた空室が出てきはじめて、flexible rateでdeluxe roomが6万円以上++と、とんでもない値段のついた日でした。
そこに21450 円++ ( 総額 26378円)という僕のレートは、いかにも自分好みで少しにやっと(笑)。
ベネフィットもいつも通り、アップグレード、朝食、ラウンジアクセス・・・。
f0036857_14593783.jpg


f0036857_19274780.jpg

f0036857_19325315.jpg

f0036857_1938026.jpg
f0036857_19423170.jpg
f0036857_1947859.jpg
f0036857_19571798.jpg

f0036857_2084791.jpg
f0036857_20131246.jpg

f0036857_7531277.jpg


f0036857_20453131.jpg

f0036857_5382516.jpg

f0036857_5463294.jpg

f0036857_5593333.jpg

あまりにいつもと同じなので本来なら僕個人の記録としてだけの写真ですが、すみません、こんな状態なので、無理矢理引っ張り出してきてしまいました。
お目汚し程度にご覧ください。。

by shackinbaby | 2017-05-29 00:00 | ホテル | Comments(2)
腕が寂しくなった・・・
・・・って、事故で腕がなくなっちゃったわけじゃありませんよ(笑)。
まだ上手くキーボードが打てないので、最近の僕の日記用の文章を少し modifyして記事を一つ作ってもようかなと。
試し打ち。
いつもなら5分もあれば出来ちゃう長さだと思うんですが、今日は一体どのくらいかかるやら・・・。
ま、やってみましょう。
今回の事故が起きる前に僕は こんなところに行っていました 。
f0036857_182627.jpg

長年 、もう30年以上は使っている、僕が成人してからずっと僕の左腕にあった腕時計の調子が悪くなり、竜頭の部分が磨耗、少し時も遅れ気味になってきたので、メーカーの修理受付が以前のように大手町まで行かなくても、行きやすいここ新宿で可能になったので、時間を見つけての訪問。
店内の質感はハイブランドにしてはそれほどでもないものの、僕のような修理依頼の客は次から次へと現れ、即購入ではないのでしょうが熱心にショーケースとその値段に見いる非日本人客(かなり若い層が中心、ベビーカー率もかなり)の多さに、言葉は変ですがクールな高揚感も感じる修理依頼受付の時間でした。
で、僕の修理は無事受け付けてもらえ、10日前後でどういう修理になるのかの見積もりが出、詳細が郵送されてくるんだそうです。
その結果で本当に修理に出すかどうかを決めて欲しい、ガラスケースの細かい欠けなどに目を瞑れば(?)、基本料金の65000円で済む可能性もあると・・・。
わっ、やっぱり高いなあ!
過去に2回リペアをお願いしたことはありますが、記憶では高くても3~4万くらいだったような。
でも仕方ありません、この時計は今は亡き父の形見のようなもの、僕が成人し今の仕事についた時に「俺のお前への最後のプレゼントだ」と海外で買ってきてくれたものなんです。
若者が持つにはキラキラして当時はかなり恥ずかしかったのですが、あれから多少別の時計にしたこともありましたが、やはりこれが一番安心、自分にフィットする気がします。
それを着けているとまだ父と一緒にいるようなとまで言っちゃうと、大げさ過ぎですが・・・。
多分週明けには見積もりがくるんでしょうが、いくらになるのか、ちょっと怖い。
でも僕はいくらになってももちろん支払って、ピカピカにリストアされたいつものあの時計を腕にはめるつもりです。
今はどうしてるかって?
事故で現在は時計を外していますが、ちゃんと替わりのものはドバイの免税店で スウォッチのセールをやっていたので、好みのデザインのものを買ってあります。
日本円にして7000円強のやつ。
この今回の修理代のたぶん10分の1のスウォッチだって時を刻むという時計の基本機能は変わらないはずだし。

あ、やっぱりまだ駄目みたいですね、ここまでタイプするのに休みながらで5時間、まだ全然無理みたい・・・。
by shackinbaby | 2017-05-28 00:00 | 旅行 | Comments(12)
お知らせの続き~現状報告
現状報告です。
たぶん来週後半には復帰できると考えています。
つまりタブレットを操作できるようになるのがその頃という予想
今のところキーボードが上手く叩けない、というか時間かかり過ぎなんです。
ということで僕の今回のペースダウンの原因は骨折。
というか不全骨折なので、ま、俗いうひびですね。
でも体の痛みより、車の代金の方が・・・(泣)。

それからコメントをいただいた皆様 、本当に有難うございます、心から感謝しています。
充分なご返事が書けないのはもう少しお許しください。
>フロムリスボンさん、yujiさん、HKさん、kitakituneさん、momoさん、masaさん、Bonさん、くろさん、shojiさん、BKS-BBAさん、nagiさん、rewardさん、hoteloggさん、Octopussyさん始めいらしていただいた皆様。



by shackinbaby | 2017-05-27 00:00 | Comments(22)
24 hours Dubai (7) 「パレスダウンタウン」のpalace suite fountain view
僕が早朝午前4時半にチェックインしたドバイの「パレスダウンタウン」というホテル。
f0036857_10412058.jpg

そのpalace suite fountain viewという100㎡以上あるスイートを見ています。
通常のミニバーの他にアルコールのみのミニバーもTVの前にあり、その下の棚にはグラスやカップ、冷蔵庫が置かれています。
f0036857_2328532.jpg

スイートといえどもこちらは無料ではありません。
写真には写っていませんが、隣にはいろいろなホテル・インフォメーションも見られるiPadが・・・。
f0036857_23291198.jpg

こちらはもう一つのソフトドリンク系のミニバー・エリアです(変な表現ですが)。
f0036857_23292899.jpg

シンクもあって、ネスプレッソ、TWGのティーバッグなど完備。
f0036857_23294279.jpg

無料のミネラルウォーターも各所に複数本づつ置いてあります。
f0036857_23295650.jpg

下は冷蔵庫になっていて、つまりこのスイートには冷蔵庫が2か所あることに・・・。
ダイニングテーブルの上にはウェルカムフルーツ。
f0036857_23301061.jpg

型どおりなものながらGMからの直筆の手紙が添えられています。
f0036857_233024100.jpg

今度はドアでリヴィングルームと仕切ることの出来るベッドルームを見てみましょう。
f0036857_23304321.jpg

このゆったり感、良いですね。
さすが101㎡あるだけあります。
f0036857_23305993.jpg

色使いやデザインの文様に色濃くアラブ情緒を感じます。
f0036857_2331177.jpg

リネン類は標準品、ベッドは柔らかめですが、全体として寝やすいベッド。
f0036857_23313411.jpg

備品に質感があります。
f0036857_23315617.jpg

メンテナンスも良いようです。
f0036857_23321434.jpg

ベッドルームの窓の方からウェットエリアの方を見たところ。
f0036857_23323040.jpg

クローゼットはウェットエリア入口の両側にあります。
向かって右のガラス張りのクローゼットを開けると、こちらにはセイフティボックスなどが・・・。
f0036857_23324657.jpg

ベイシンはダブル、奥にバスタブがあります。
タオルなどの質は良好。
f0036857_2333672.jpg

アメニティーはロレンゾ・ヴィロレッツィ製です。
f0036857_23332362.jpg

このブランドは世界中のホテルで、本当に良く出会いますね。
f0036857_2338244.jpg

バスタブは普通の大きさ。
湯質、湯温はOKですが、湯量はやや少なめかもしれません。
f0036857_23334684.jpg

もちろんシャワーブースもありますよ。
f0036857_2334219.jpg

バスローブの形の良いホテルは高級ホテルというのが僕の自説です。
f0036857_23341682.jpg

トイレは広く、ヴィデ付き。
f0036857_23343175.jpg

トイレはもう一つドアすぐにあるので、計2つあることになります。
f0036857_23345313.jpg

今度はこの部屋の特徴であるバルコニーに出てみましょう。
この時の外気温は26度Cくらい。
眼の前にはbig cityドバイのパノラマが・・・。
f0036857_23351048.jpg

左眼下(↑)にはホテルのプール、ホテルのタイ・レストラン「ティップタラ」が見え、中央奥(↓)にはホテルの親会社が開発した高層ビルが林立しているのが見えます。
f0036857_23352481.jpg

中央から右にかけての景色。
この大きな池で連日噴水ショー(ドバイ・ファウンテン)が行われるのです。
f0036857_23353934.jpg

つまり僕の部屋からは噴水が丸見え、部屋の冷房に当たりながら、飲み物でも飲みながらの見学も可能な部屋なんです。
眼を一番右に移すと、世界一の高層ビル「ブルジュ・ハリファ」の全景が見えます。
f0036857_2336184.jpg

バルコニーは決して狭くなく、充分くつろげるスペースがあります。
f0036857_23361764.jpg

by shackinbaby | 2017-05-26 00:02 | 旅行 | Comments(0)
奥さんのいない日の朝はいただき物で・・・
エミレーツ航空の機内でもらってきたエクストラヴァージンオイルとバルサミコ酢は、意外に量が入っていて、帰国後封を開け、サラダなどで楽しんでいます。
f0036857_173283.jpg

これは奥さんがいなかった某日曜日の朝、冷蔵庫の野菜を切り、いただき物のブランド・チキンだけは茹で、同じく娘が置いていったクラッカーなどでランチとしました。
甘いもの好きの僕は更に前日某氏から仕事場の方にいただいたBAKEのタルトもデザートに・・・。
f0036857_1741527.jpg

僕の仕事場に来る途中ちょうど良いところにBAKEの店があるので、最近本当に良くこれを手土産にいただきます。
最近ではJAL国際線機内食としても出るみたいですね。

by shackinbaby | 2017-05-26 00:01 | グルメ | Comments(1)
24 hours Dubai (6) 「パレスダウンタウン」に朝4時半チェックイン
午前3時40分、僕の乗るエミレーツ航空EK319便はドバイ空港に無事到着。
午前5時50分頃、一番で降機でき、ミート&グリート・サービスを受け、更には空港からの無料送迎車に乗りと、すべてが超スムーズで、午前4時40分前には、宿泊する「パレスダウンタウン」でチェックイン可能でした。
UAEディルハム(AED)の現金は持っていなかったのですが、支払うとすればリムジンの運転手のチップだけなので、ポケットには取りあえずUS$紙幣は数枚入れておきました。
f0036857_21134927.jpg

これが僕が予約し、泊まる予定のホテル「パレスダウンタウン」。
f0036857_21142625.jpg

超巨大ショッピングモールの「ドバイモール」などこの辺りの不動産開発をする会社の持つホテル・チェーン「ジ・アドレス・ホテルズ」に属する高級ホテルです。

     http://theaddress.com/en/index.aspx

f0036857_21151181.jpg

ホテルのウェブは

     http://theaddress.com/en/hotels/the-palace-downtown-dubai/index.aspx

です。
f0036857_21145150.jpg

アラブ情緒濃厚な外観のこのホテル、ご覧のように世界一高い「ブルジュ・ハリファ」至近。
f0036857_21152933.jpg

ということは壮大な噴水ショーでお馴染のドバイ・ファウンテンに隣接、僕は自分の部屋から噴水ショーが眺められるところを予約しています。
f0036857_21154738.jpg

更にいえば、ショッピングやアトラクションのメッカ「ドバイモール」も一つ別のショッピングモールを介してですが準直結というロケーションにあるホテル。f0036857_21165094.jpgこの時間でも、例えば噴水などは止まっていますが、ベルもちゃんといるし、チェックイン・チェックアウトする人、散歩に出る人(?)もいます。
f0036857_21175947.jpg

僕の予約はホテルのウェブからで、予約したのはちょうどepic saleというセール時期、このホテルに泊まるからには噴水ショーが部屋から見られる部屋が良いだろうと予約を入れたのはpalace suite fountain viewという部屋。
f0036857_21174020.jpg

この部屋の予約には空港到着時のミート&グリート・サービス、往復の無料リムジン送迎、朝食、24時間ステイ(チェックイン時間から24時間宿泊可能)で、2099.25ディルハム++という値段でした。
f0036857_21181586.jpg

++もドバイはだいぶ付きますから総額では2664.11ディルハム、日本円にすると1ディルハムが30.2円くらいですから約80500円くらいとなります。
結構高いですよね。
f0036857_211901.jpg

でも僕はチェックインが午前4時、チェックアウトが翌日の午前2時頃と、変な時間の滞在時間24時間の滞在、通常のホテルなら2日分の予約をしなくてはなので、上記のサービスもすべて付いているし、いろいろシミュレーションした結果、こことしました。
ただこういう条件の時はエミレーツ航空がやっている「ドバイストップオーバー」というサービスも使えます。

エミレーツ航空から申し込むもので、こんな特典付きのパッケージ。

  • ドバイ国際空港でのご到着のお出迎え(ミート&グリーとサービス)
  • ドバイに関する便利な情報冊子を含むウェルカムパック
  • 90を超えるホテル、リゾート、アパートメントからご選択可能で、お部屋の種類も多数ご用意
  • すべてのホテル、アパートメントで24時間チェックイン/チェックアウトが可能
  • ホテル空港間の送迎付き
  • 朝食バイキング
  • 現地での税金・サービス料ドバイ宿泊税を除く。
  • 地元当局が導入した手数料や料金に変更があった場合、また追加手数料や税金が発生した場合、差額がその実施時に追加されます。

僕はこれもいろいろチェックしたのですが、ロケーション、値段、空き状況から、「パレスダウンタウン」のウェブ直接予約の方がベターと・・・。
f0036857_21183675.jpg

このホテルではエアライン・マイルも付かないし、このホテル・チェーンだけのポイントプログラムにポイントがたまるだけですが、そしてこの値段でしたが、僕は満足しましたね。
良いホテルだったと思います。
日本人スタッフ、日本語を話せる人、日本語表示はX。
f0036857_21191593.jpg

ミート&グリート・サービスとか無料送迎に付いては、事前にホテルに連絡しておく必要があります。
でも返事も早くて的確、実際すべてが予約通りに動きました。
f0036857_21253989.jpg

チェックインはスムーズ。
f0036857_2121392.jpg

レセプショニストから受け継いだ親切なインド人のベルが部屋まで案内してくれます。
f0036857_21241442.jpg

ここがコンシェルジュデスクだそうです。
お茶缶のインテリアが素敵です。
f0036857_21201046.jpg

レセプションのあるのはホテルの3階、僕の部屋は最上階の6階だそう。
エレベーターにもアラビアン・モチーフが・・・。
f0036857_2238425.jpg

エレベーターホール。
このホテルは左右にとても長いのに、エレベーターは複数なく、部屋によってはエレベーターと客室間だいぶ歩かなくてはです。
f0036857_22385963.jpg

長い廊下。
f0036857_22392278.jpg

ルームキーをセンサーにかざすスタイルでベルがドアを開けてくれ、僕がアサインされたpalace suite fountain viewという部屋に入ります。
f0036857_22394695.jpg

おぉ、こういう感じね。
まだ夜も開けていないので、部屋の灯りだけですが、濃厚なアラブ情調を感じるインテリアと、現代性、エレガントさも加わった、良さそうな部屋です。
f0036857_224013.jpg

部屋の説明はウェブには

Size:105sqm View:Fountain Bedding:King Only Max occ.:4 Max adults:3 Max Child:1 Number of Bedrooms: 1 Book a Palace Suite with Fountain View and experience Dubai in an authentic Arabian setting. The suite’s distinctly sophisticated interiors boast a separate living room with wide entrance and guest bathroom for added space. Relax in a generously proportioned suite or gaze across the panoramic views over the iconic Dubai Fountain from your own private balcony. For those traveling with children, we offer a complimentary bed for children under 12 years. Tourism Dirham fee of AED 20 per night applies. Book your Suite today for stays between 1 February to 20 May 2017 using your Mastercard and enjoy tickets to the world’s largest indoor theme park, IMG Worlds of Adventure courtesy of Mastercard

とありました。
f0036857_2240208.jpg

ミニバー周辺の大きなカウンター、4人用のダイニングテーブル、4人は座れるソファ。
この部屋は最大4人まで泊まれる部屋だそうです。
f0036857_22403665.jpg

窓の方から入口方向を見たところ。
f0036857_22405449.jpg

TVの前にはアルコールが置いてあって、その下にはグラス類や冷蔵庫が収められています。
f0036857_2241814.jpg

冷蔵庫はもう一つ別にあります。
by shackinbaby | 2017-05-25 00:00 | 旅行 | Comments(0)
お知らせ
1日に6000名もの方においでいただいたと書いたばかりですが、ちょっとした事情でブログを少し休みます。
もちろん少しだけですよ、すぐに戻ってきます、大丈夫です。
すでに作ってあるあと数回分は順次アップしますが、その後は今の所不明です。
お騒がせばかりして申し訳ございません。

by shackinbaby | 2017-05-24 00:01 | Comments(5)
24 hours Dubai (5) エミレーツ航空ファーストクラス機内食2食目~ドバイ到着
JALのマイルで取ったエミレーツ航空A380ファーストクラス。
成田・ドバイの飛行時間1時間50分を満喫中のshackinbabyです。
食事をし、シャワーを浴びた後は、しばしのお休み。
f0036857_11411148.jpg

ドアを閉めて、きれいにターンダウンされた気持ち良いデュベの間に体を滑り込ませます。
f0036857_1141269.jpg

僕がよく乗るJALのビジネスクラスとはベッドのゆとりが全然違います。
つまり寝心地も・・・。
機内も就寝モードになっていて、機内の天井はこんな風に。
f0036857_11413845.jpg

メニューにはないのですが、ベッドサイドにはフルーツも置かれます。
f0036857_11415467.jpg

この後は何と約6時間の熟睡。これはすごい、6時間寝られれば、着いてからが全然違うはずです。

     zzzzzzzzzzzzzzzzzzzz・・・・

目覚めると外は明るくなっているようですが、機内はまだ休みモードで暗い・・・。
中国は抜けているはずなので、もうネットも繋がるだろうとモぞモズし始めると
f0036857_1142658.jpg

どこかで見ているのでしょうね、「お目覚めですか?」とFAが近寄ってきて、何かの飲むか、トイレ兼シャワー室は使うか、デュベを片付けるか・・・いろいろ聞いてくれます。
その後食べた機内2食目、僕にとっては朝食がこれです。
今度は和食にしてみました。
f0036857_11422175.jpg

これも充分豪華ですよね。
小鉢にはしめじとしし唐を添えた木綿豆腐の銀餡掛け、サーモンのポン酢ジュレ掛け、胡瓜と大根を添えて。
台の物は平目のロースト、はじかみ生姜、揚げ銀杏、季節の野菜の煮物。
それにご飯とみそ汁、フルーツが付いています。
f0036857_11423914.jpg

日本の機内食会社が作っているだけあって味はピュアな和食でした。
ご飯もまずまず、たとえばキャセイパシフィック航空のご飯なんかよりもずっと上。
f0036857_11425263.jpg

食後のお茶もファーストならではの出し方ですね。
f0036857_1143899.jpg

色々体験したこの長距離フライトもそろそろ終わり。
窓からはUAEの灯りが見えてきました。
f0036857_11435846.jpg

写真には見えませんでしたが世界一ののっぽビル「ブルジュハリファ」も見えました。
あぁ、ついにドバイです。
このドバイ空港に深夜着陸する時には、この機首からのカメラも見ものです。
f0036857_11441336.jpg

ドバイ時間の午前3時40分に着陸。
(日本との時差は5時間あります)
外の気温は29℃だと・・・。
深夜でもドバイ空港は昼間と同じ、どこも活気にあふれています。
f0036857_11442683.jpg

エミレーツ航空が着くのはエミレーツ専用のターミナル3。
どこも天井が高く、空間をぜいたくに使った最新ターミナルと言えるでしょう。
こんな時間でも数分おきに来るスカイトレインに乗ります。
f0036857_11444074.jpg

車内。
絶対これは日本製ですね、日本の電車とほとんど同じです。
f0036857_11445396.jpg

ターミナル3の構造はこんな風。
f0036857_1550092.jpg

たぶん僕はコンコースAに着いてコンコースBまで電車で来たということでしょう。
電車を降りると、僕の名前を掲げて待っていてくれる女性がいます。
ミート&グリート・サービスというやつです。
エミレーツ航空のファーストクラスに有償で登場すれは、確かマルハバ・サービスというこのサービスが無料で付いてくるはずですが、僕のは特典券。
こうしたサービスは付いていません。
同じく空港からホテルまでの無料送迎も僕の場合は対象外。
f0036857_1145750.jpg

ところが僕が予約したドバイのホテルには何とこのミート&アシスト・サービスも往復の空港・ホテル間無料送迎も込みなのです。

     https://www.dubaiintlhotels.com/ahlan/services

しかもチェックインは24時間いつでもOK、宿泊はそれから24時間単位で1日と考える24 hours stayを謳っているホテルで、朝食も付いているんです。
ドバイはホテル天国、超高級ホテルから格安ホテルまでありとあらゆるホテルが揃っていますが、今回僕がそのホテルをヒルトンやハイアットのような使い慣れたチェーンのホテルでもないのに選んだのは、そういう理由からなのです。
このホテルが使うサービス会社はアハーン・サービス(AHLAN SERVICE).
フィリピン人の女性がこの後イミグレや荷物のピックなどお手伝いをしてくれるのです。
f0036857_1145191.jpg

このラウンジでまずは一休み。
f0036857_11453583.jpg

僕はここで入国できるのかと思ったのですが、それは駄目なようで、出されたコーヒーも一口にして、入国審査の方にエスコートしてもらいます。
f0036857_11454765.jpg

後で聞くと、このラウンジで一休みは省略も出来るそう。
f0036857_1146220.jpg

審査にはプライオリティレーンもあって、そこに案内されます。
入国審査は超簡単。
f0036857_1146171.jpg

というより僕にはいい加減にも見えました。
隣の係員と話をしたり、あくびをしたり・・・。
荷物のピックも椅子に座っているだけで、トランクの特徴を言っておくと、彼女がピックしてきてくれます。
f0036857_11503920.jpg

出国をしたところ。
f0036857_1150557.jpg

ここを左に曲がって・・・。
時間はこの時点で午前4時20分です。
f0036857_11511423.jpg

丁寧な対応のフィリピン人女性は僕の宿泊先である「パレスダウンタウン」(PALACE DOWNTOWN)の属する「ジ・アドレス・ホテルズ」(THE ADDRESS HOTELS)の空港ブースに僕を連れて行ってくれて、これで彼女のミート&アシストは終了。
f0036857_11513049.jpg

ここにはドバイの名だたるホテルのブースが並んでいます。
ここでも、水はいるか、コーヒーはどうだと大歓迎を受け、「車はもう用意出来ています」と事もいたってスムーズ。
f0036857_11514376.jpg

一般のタクシー乗り場はここ。
f0036857_11515920.jpg

その近くに僕をホテルまで送ってくれる車は待機していました。
f0036857_11525025.jpg

この時間はこの程度の混み具合ですが、昼間混んでいる時にはかなりな混雑になるとも聞いています。
出所不明ですが、この辺りの動線がネットにありました。
f0036857_15525047.jpg

上記ホテルのブースは、↑のホテルインフォメーションとあるところに・・・。
なお税関もほぼノー・チェックでした。
by shackinbaby | 2017-05-24 00:00 | 旅行 | Comments(0)