今日のホテル系面白話
イギリスの著名なyou tuberの女性が、宣伝に協力するからホテルにただで宿泊させてほしいとメールしたことから、ホテルのオウナーが激怒したという話です。

彼女のメールをSNS上にさらし
「もしあなたを無料で泊めてしまったら、誰が人件費を払うのでしょう?
今後も、ホテルに泊まる際には、他のお客様と同じように宿泊料を支払うことをお薦めします。
もしあなたの宣伝にありがたいと感じたら、あなたの部屋をスイートにアップグレードするでしょう。
追伸、お返事はNOです。」
と・・・。
これに対して多数の批判的なコメントが殺到。
彼女も
「私がホテルのオーナーに申し出たことは、ブロガーだったら普通のこと。
(ただで泊めてもらうだけではなく、むしろ)報酬をもらうのが普通だし、彼もホテルで働いているんだからそれを知っているはずよ」
と反論。
それにまたホテル側が反論して・・・。
最後には「今後、うちの施設は一切ブロガーお断りです」と締めくくることになったとのことです。
f0036857_11354205.png
日本でもこんなことがあるんでしょうかね。
大きな影響力のあるブロガー(インフルエンザ・・・じゃない、インフルーエンサー)だったら、ありうるのかもしれません

# by shackinbaby | 2018-01-23 08:30 | ホテル | Comments(10)
大雪、大変でした
昨日の大雪はすごかったですね。
僕は仕事場に泊まってしまったので、溜まってる仕事は片づけられるは、外の大変さとは無縁だは・・・で、カップ麺ですませた夕食が残念だったものの(コンビニまで行く勇気がなかった)、超楽チンなsnow nightでした。
もう皆さまからは「昨日は雪で飛行機が欠航、大変でしたぁ」コメントもいただいています。
昨日トラブルにあわれた方、お疲れ様でした。
今日からは日本海側の地域が大変なことになると、お気を付け下さいませ。



ゆりかめもも大変だったよう。
雪の中あの線路を歩かされるとは・・・。



# by shackinbaby | 2018-01-23 08:29 | 旅行 | Comments(8)
グランドハイアットマニラ
ハイアットからもうすぐ離脱のshackinbabyですが、ハイアットには興味を惹かれるホテルが一杯です。
その一例として、日本ではあまり話題になっていない「グランドハイアットマニラ」を・・・。
僕も泊まった「ハイアット・シティオブドリームス・マニラ」に続くマニラ2軒目のハイアットです。
ロケーションは、僕も前々回のマニラ旅行で訪れた(フォート)ボニファシオ(Bonifacio)地区。

     http://shackinba2.exblog.jp/24526431/

ニノイアキノ空港から直線距離にして約2キロという僕ら外国人にも便利なエリアです。

ボニファシオにはここがとてもマニラとは思えないような(特に昔のマニラしか知らない方には)洗練された街並みが広がり、新たな高級住宅材・ビジネス街として大きな注目を集めています。



その「ボニファシオ・グローバルシティ」内の高層ビルに「グランドハイアットマニラ」がこの1月15日にオープン。
ここはもともとはフィリピン軍の主要基地だったところ、1995年ごろから再開発が始まり、今やマカティやオルテガスに並ぶほどの発展を遂げています。
このエリアではすでに「シャングリラ・ザ・フォート・マニラ」も2016年にオープンしているので、高級ホテルとしては2軒目。

     http://www.shangri-la.com/jp/manila/shangrilaatthefort/

「グランドハイアットマニラ」の入る建物はホテル・オフィス棟(66階建て)とレジデンス棟(51階建て)からなり、下層階でつながっています。
f0036857_21182059.jpg
デベロッパーはフィリピンの銀行グループのようですが、日本の「オリックス」も大きくかかわっているようです。
ホテルの詳細はウェブに説明はあるものの、あまり詳しくなく、僕の想像では下層階と高層階にホテル施設があるようで全451室。
1泊1室3万円弱くらいからという価格帯のようです。
f0036857_21192728.jpg
f0036857_21185594.jpg
 
f0036857_21195716.jpg

f0036857_21203351.jpg
f0036857_21204997.jpg

grand clubと名の付く部屋カテゴリーがあるので、ラウンジがあるのかもしれませんが、これも詳細は不明。
どなたかのレポートを待ちたいと思います。
これはそのロビーの映像、ハイアットっぽいですね。



こちらはバフェ・レストランの映像です。



# by shackinbaby | 2018-01-23 00:02 | ホテル | Comments(4)
Don’t upgrade your seat, upgrade your airline
いや~、これ良いヴィデオクリップだなぁ。



エミレーツの広告なんですが、チェックインカウンターであの手この手でアップグレードをねだる客がいる中、エミレーツではアップグレードなんて必要ない、「Don’t upgrade your seat, upgrade your airline. Fly Emirates」と・・・。
あまり評判の良くないエミレーツのエコノミーですが、値段に見合うフルサービスですよという、エコノミークラス旅行を推進する新マーケティング・キャンペーンのプロモ映像です
カウンターでアップグレードをといろいろ策を練る姿のなかに、shackinbabyと同じ姿も・・・(笑)。


# by shackinbaby | 2018-01-22 08:52 | 旅行 | Comments(4)
今後の旅行予定
僕の今後の海外の予定ですが、仕事でシンガポール、以前発券したソウル行きの特典チケットをそろそろ使わなくちゃ・・・が近々の予定です。
シンガポールの方は現地では複数人での団体行動となる予定で、いつもこの会議ではJALかANAの(希望は聞いてくれる)、割と自由度の高いチケットをくれるので(以前はJALでは予約クラスBかW)、席さえあればプレミアムエコノミーにもなりやすいし、マイルでのアップグレードも可能。
今回はまだチケットを受け取ってないのですが、最近この出張ルールが変わってないことを祈るばかりです。
最近の経費削減でスクートや最近多いマニラ乗換えなどにならないように、でも旅程表の出発時間帯から、乗換えで11~12時間かかるものにはならないと思いますが・・・。
ホテルは前回の時もお仕着せの3★程度のホテル。
僕は自腹で別のホテル(その時はヒルトンにしたのかな?)にしちゃいましたけど、たぶん今回もあまり興味のそそられないホテルだったら、スケジュールを見て、また自腹で違うホテルにしてしまうと思います。
こうなると夢は膨らみ、仕事もそっちのけ状態(うそ、うそ、笑)。
どこにしようか最終旅程表の到着待ちですが、良いホテル(5★?)に滞在となっているなら、もちろんそこにしますが、それは期待薄。
SO SOFITEL SINGPORE
f0036857_6444449.jpg
f0036857_6445722.png

JW MARRIOTT HOTEL SINGAPORE SOUTH BEACH
f0036857_6504634.jpg
f0036857_651119.jpg

辺りは泊まってみたいし、
PARK ROYAL ON PICKERING
は出来てからもうだいぶたつのにまだ外観を見ただけ。
f0036857_656317.jpg
f0036857_6564384.jpg

それに大本命の
ANDAZ SINGAPORE
f0036857_715141.jpg

f0036857_704093.jpg

もあるし、あと独立系の小規模ブティックホテルにもそそられるところはたくさんあります。
さぁ、どうしよう。
自腹で料金払っても仕事の一部を楽しみに変えるよう、いろいろ胸算用しているshackinbabyです。
# by shackinbaby | 2018-01-22 04:41 | 旅行 | Comments(20)
マリオット、2018年は8つのラグジュアリーブランドで約40軒が開業予定
少し古いプレスリリースになりますが、マリオットの「2018年は8つのラグジュアリーブランドで約40軒が開業予定」というものを引っ張り出してきました。

     https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000107.000011305.html

それによると、マリオットはラグジュアリーホテルに力を入れるようで
「ラグジュアリーに関する認識は世界的に見ても変化していて、次世代のジェットセッターが捉えるラグジュアリーに応える、他とは一線を画すカスタマイズされた体験を提供するのがマリオットの役割であると認識」
としています。
(こういう表現、よく理解出来なかったりするけど・・・)
まずラグジュアリーをけん引する「リッツカールトン」と「セントレジス」ブランド、前者ではジュネーブのオープンに続いて中国の南京にもオープン予定、計6軒の開業となるようです。
f0036857_1342990.jpg
f0036857_13422344.jpg

(ザ・リッツカールトン南京)
「リッツカールトンリザーブ」の方は最近のロスカボスを含め3軒オープンの予定。
「セントレジス」は上海、アスタナのオープンに続きカイロやアンマンがオープン、ローマの改装なども控えているそうです。
f0036857_13451670.jpg

f0036857_13474228.jpg

(セントレジス上海静安)
ライフスタイル・ブランドの「W」は今年度中にテルアビブ、ドバイ、ブリスベン、パナマなど計8軒のオープン予定と・・・。
大阪はそのもっと後ですね。
高級ブティックホテルの「エディションホテル」は今年度中に現在の4軒から11軒に増え(三亜、上海、バンコク、ボドルム、バルセロナ・・・)、2020年までには20軒まで広がるとのことです。
f0036857_13512477.jpg

f0036857_13514682.jpg

(エディションホテル三亜)
現在102軒もある「ラグジュアリーコレクション」もロスカボス、サバンナ、沖縄(えっ?)などに増えるそうです。
マリオットの名を冠する最高級ブランド「JWマリオット」では去年オープンしたバンクーバー、ジャイプール、ベトナムのフーコック島など現在の79軒に続いて、ナッシュビルやモルディブにも今年オープン予定。
バンコクやロンドンのグロブナーハウスはリニューアルにも入ると・・・。
マリオット(もうスターウッドと書けないのが少しさびしいですね)の進撃、すごいですね。
そういえば、福岡にマリオットがオープン予定というあの話はどうなったのでしょう。
福岡市中心部の旧大名小跡地への進出、あの話の後をご存知の方ご教示くださいませ。
# by shackinbaby | 2018-01-21 11:49 | ホテル | Comments(2)
「ハイアットセントリック銀座東京」の「ナミキスイート」
1月22日、東京は雪になるかも?と言われていますが、その日いよいよ「ハイアットセントリック銀座東京」がオープンします

先日プレス用内覧会があったようで、各メディアでホテルのコンセプトや内装など、改めて記事になっています。
客室は5階から12階までに全164室、広さは35~47㎡、スイートは77~127㎡)
でも映像としてyou tubeに上がっているのはまだこれだけ。



それでも「ナミキ・スイート」という12階にある広さ127㎡の最上級スイートが見られて参考にはなりました。
僕ら夫婦はちょうど銀座の某フレンチで食事という予定があるので、ここはそのすぐ近く、「じゃ、泊まっちゃおうか」などと話していますが、前にも書いた通り、値段が僕の予想より上。
ウェブ上では部屋はまだまだありそうなので、もう少し考えてから泊まるかどうか決めることにしています。

# by shackinbaby | 2018-01-21 00:02 | ホテル | Comments(17)
「サロン・デュ・ショコラ」開催
毎年ますますその規模を大きくしているチョコレートの祭典「サロン・デュ・ショコラ」。

今年は会場を新宿のNSビルのイベントホールに移し、エムアイ・カード会員は20日から、一般会員には22日からの開催です。
今年のテーマは「ショコラの偉大なる冒険」(La grande adventure du Chocolat)で、過去最大108ブランドが参加



ただ入場はチケット制なので、ふらりと寄るわけにはいかないようです。

僕が行くとしたら買ってみたいチョコレートはこんなところですかね。
奥さんは絶対行くようなので、これらのうちのどれかは食べられるかな。









# by shackinbaby | 2018-01-21 00:01 | グルメ | Comments(4)
reduced rates 34000円@ホテル椿山荘東京 (4)
「ホテル椿山荘東京」の夕方から夜、そして早朝です。
ここに来たからには庭園の散歩はMUSTでしょう。
f0036857_15122971.jpg

「椿山荘」はウィキペディアによると

武蔵野台地の東縁部にあたる関口台地に位置し神田川に面したこの地は、南北朝時代から椿が自生する景勝地だったため「つばきやま」と呼ばれていた。
江戸時代は久留里藩黒田氏の下屋敷だった。
明治の元勲である山縣有朋は西南戦争の功により年金740円を与えられ、1878年(明治11年)に購入、自分の屋敷として「椿山荘」と命名した。
山縣は椿山荘において趣味である作庭を行っている。
1918年(大正7年)には大阪を本拠とする藤田財閥の二代目当主藤田平太郎男爵がこれを譲り受け、東京での別邸とした。
太平洋戦争での戦災で一部が焼失したが、1948年(昭和23年)に藤田興業の所有地となり、その後1万余の樹木が移植され、1952年(昭和27年)より結婚式場として営業を開始した。1955年(昭和30年)に藤田興業の観光部門が独立して藤田観光が設立されると、椿山荘の経営は藤田観光に移管された。
そして1992年(平成4年)に、敷地内にフォーシーズンズホテル椿山荘東京が開業した。
2012年末日をもってフォーシーズンズホテルズ&リゾーツ社との業務提携契約を終了し、椿山荘1とフォーシーズンズホテル椿山荘 東京は、2013年1月1日より「ホテル椿山荘東京」に変わった。
現在、庭園は一般公開されており、椿や桜など植物、史跡等を鑑賞できる。
庭園の頂上に建つ三重塔は、元々広島県賀茂郡入野(現東広島市)の竹林寺の塔であったが、大正時代に強風にあって三層目が大破してしまったものを藤田平太郎が1925年(大正14年)に譲り受けて椿山荘に移築し、三層目を復元したもので、繰形の特徴などから室町時代末期のものと推定されており、国の登録有形文化財に登録されている


と解説されています。
f0036857_17442248.jpg

国の登録有形文化財の三重塔。
f0036857_17445475.jpg

外国人だけではなく、日本人の僕も思わず写真を・・・。
f0036857_17451472.jpg
f0036857_17453547.jpg




椿でしょうか、八重姫という名前が下がっていました。
f0036857_1513627.jpg



滝の裏から・・・。
f0036857_15172756.jpg


こんな石彫も一杯。
いわれなどを読んでいっても面白いです。
f0036857_15142199.jpg

f0036857_1515080.jpg

樹齢500年以上という、ここのご神木。
f0036857_17460067.jpg


今度は夕方以降の部屋の様子です。
このホテルでは簡単ですが、ターンダウンサービスがあります。
f0036857_1422675.jpg

奥さんはプランについているスパ半額につられて(大人一人 4320円→2160円)、利用してきたようです。
f0036857_14370521.jpg


夕暮れ時のマジックアワーは、この部屋からも魅力的です。
f0036857_1423654.jpg
f0036857_14375679.jpg
f0036857_14243992.jpg

「イル・テアトロ」での食事を終えて部屋に戻ってくると、部屋はターンダウンされています。
f0036857_14294090.jpg
f0036857_1430110.jpg

そしてこれが早朝のホテル・エントランス。
f0036857_14302668.jpg
f0036857_14382389.jpg

都内なのに鳥の鳴き声も聞こえました。
f0036857_14313030.jpg
いつ見ても印象的なロビーです。

f0036857_18084003.jpg


レセプション前には早朝に出発する人用に、コーヒーなどドリンクのサービスがありました。
f0036857_1593217.jpg
f0036857_1510442.jpg
パンなどはありませんでしたけど・・・。
PCは24時間いつでも使える部屋があり便利です。

f0036857_18091809.jpg
アップグレードも含め良くしていただいた感はありますが、ホテルのハードもソフトも今一つしっくりこなかった、特にソフトの面では前泊していた「パークハイアット東京」の老練さにははるかに及びませんでした。
ドアマンもレセプショニストもコンシェルジュも、ゲストのためにというところが少し見えにくい、硬い印象でした。

# by shackinbaby | 2018-01-20 00:02 | ホテル | Comments(7)
「Hotels.com」の「お友だち紹介キャンペーン」
10泊分貯まると、1泊分の無料宿泊で有名な「Hotels.s.com」。

     https://jp.hotels.com/

その「Hotels.com」が3月11日までインセンティブプログラム「お友だち紹介キャンペーン」をやってるんです。



Hotels.com」の会員がメールやFacebookを使って、まだ会員ではない友人にキャンペーンの専用リンクを送ると、その友人にはHotels.comの初回予約で使える6000円相当のクーポンがプレゼントされるというキャンペーンです。
6000円引きは大きいですよ~。

# by shackinbaby | 2018-01-20 00:01 | ホテル | Comments(0)