GWバンコク弾丸 (14) 「ザ・スコータイ・バンコク」あちこち
「ザ・スコータイ・バンコク」にチェックイン。
めでたくそのガーデンスイートという人気スイートにアップグレードされ、部屋を一回り見た後は・・・
f0036857_22365770.jpg

本館向かいに建つプール棟に行ってみます。
f0036857_22371441.jpg

この棟には客室、プールの他、有名なイタリアン・レストラン「スカラ」もあります。
f0036857_22373465.jpg

このプール棟は現在リノベーションの為、予約は取っていないはずです。
前にも書きましたが、改装後はラウンジの付いたエグゼクティブ棟となるとのこと。
f0036857_22375040.jpg
f0036857_2238538.jpg
f0036857_22382362.jpg
f0036857_22384264.jpg

プールサイドでしばらく過ごした後は、またも館内をあちこち・・・。
ここはバンコク有数の高級タイ料理店「セラドン」の建物です。
f0036857_22385657.jpg

いかにも高級店のエントランス。
f0036857_22391241.jpg

レストラン内もタイ情緒+モダン・エレガンスの本当に良い雰囲気。
f0036857_22393436.jpg
f0036857_22395190.jpg
f0036857_2240813.jpg
f0036857_22404412.jpg

本当にここのは見てもきれい、食べても美味しいの高級タイ料理なんですよね。



こちらも別棟になるスパ。
f0036857_22412679.jpg

f0036857_2241112.jpg

こちらは更に奥に建つ大きなカンファレンスルーム(?)。
f0036857_22414789.jpg

こんな奥の方までは、ホテル・ゲストもほとんど来ません。
# by shackinbaby | 2017-05-14 00:03 | 旅行 | Comments(6)
GWバンコク弾丸 (13) 「ザ・スコータイ・バンコク」の客室の続き
僕がバンコク2泊目に選んだ「ザ・スコータイ・バンコク」。
どういう訳かガーデンスイートという蓮池を望むテラスのあるスイートにアップグレードされました。
f0036857_20214031.jpg

あっ、この部屋には似合わないTV画面のとこで、写真撮っちゃいましたね。
f0036857_20205138.jpg

前にも書きましたが、このホテル、TVを付けるとデフォールトのチャンネルがNHKワールドになっていたのです。
ゲストの出身国に合わせての心配りなんでしょう。
f0036857_2021948.jpg

ベッドやリネン類の質は良く、ベッドサイドには照明やエアコンの分かりやすいコントローラーも置いてあります。
f0036857_20212362.jpg

日本語表示にも切り替えられます。
f0036857_21105765.jpg

ホテルのウェブではこの部屋を

ガーデン スイートには、スイレンの上に浮かんでいるように見える広いバルコニーがあり、中庭やスイレンの池が見渡せます。
76㎡ の広さを持ち、シルクを被せた四柱式のキングサイズベッドが完備したスイートは、ホテルの穏やかな周囲環境の中にある心落ち着く場所です。
ラグジュアリーな要素をさらに加えるものとして、招待主用マスターバスルームのほかにゲスト用のレストルームがあり、エンターテーメントを演出します。
高い天井を持ち、美しい装飾が施されたガーデン スイートは、点数に厳しいデザイン愛好家をも納得させる、模範となる客室です


と説明しています。
f0036857_20384984.jpg

クッションの色合いも良いですねぇ。
f0036857_20223513.jpg

壁のレリーフ像がまたタイ情緒を高めてくれます。
f0036857_2023011.jpg

こういう装飾がちゃちくないところがさすがです。
改めて部屋を見たところ。
f0036857_20232269.jpg

今度はウェット・エリアを見てみましょう。
この鏡使いは好き嫌いはあるにしても圧巻。
f0036857_202343100.jpg

そしてその広さ、76㎡の半分弱がここに当てられているのです。
f0036857_2024094.jpg

それにしてもここのハウスキーピングは本当に大変でしょう。
夕方のターンダウン時は3人体制で、すべてきれいにしてくれますが、その手際の良いこと。
f0036857_212921.jpg

ここもほぼ左右シンメトリーに、そして中央に大きなお休み椅子が・・・。
f0036857_21293731.jpg

贅沢な木材使い、スリッパも用途に合わせてこんなに置いてあります。
f0036857_20245526.jpg

カランなどはやや経年も感じますが、不具合はありません。
およそ必要と思われるものはほとんど揃っています。
f0036857_20251470.jpg

シンクは1つずつ、部屋の両側にあります。
f0036857_20253113.jpg

ソープやシャンプー、コンディショナーなどは「エル・スパ」製品(ELLE SPA)。
f0036857_20254958.jpg

昔は長くイギリスの「フロリス」(FLORIS)だったような気が・・・。
その他のものはホテル・オリジナル。
f0036857_20261297.jpg

この広過ぎるウェットエリアに比してバスタブそのものはあまり大きくも深くもなく、日本人にはもう少しリラックス出来る大きめサイズのものが欲しかったですけどね。
f0036857_20262865.jpg

ドア無しのシャワーブースも今の基準ではやや狭め。
f0036857_20264696.jpg

f0036857_20271964.jpg

ウェットエリアを逆にドア方向に見たところ。
向かって左右奥がクローゼット2か所ですが、セイフティボックスは右の方にあります。
f0036857_20273511.jpg

今度はガーデンテラスの名前の所以、窓からテラスに出てみましょうか。
f0036857_20275560.jpg

おぉ、テラスそのものは広くありませんが、一面の蓮池を見ながら、ここで十二分にくつろげるスペースはあります。
朝食もインルームダイニングにして、ここで食べても気持ち良いでしょう。
f0036857_20281924.jpg

睡蓮の世話は専門の人が丹念にやっているようで、滞在中2回も池の中に入っている人を見ました。
f0036857_20283988.jpg

心配した蚊や虫にも出会いませんでした。
強力な殺虫剤でも使っているのでしょうか。
f0036857_20291427.jpg

蓮の花が目の前にこうして咲いているのが見られるこのガーデンスイート、部屋が暗いとか文句も言いましたが、やはりアップグレードされて嬉しかったですね。
f0036857_20293767.jpg

最後にチェックイン時もらった日本語でのホテル説明書を・・・。
f0036857_1758827.jpg

# by shackinbaby | 2017-05-14 00:02 | 旅行 | Comments(4)
「パークハイアットバンコク」の宿泊レポート続々
僕がオープン前ショールームをさせてもらった「パークハイアットバンコク」。
オープンは5月12日でしたが、もうネットには複数の旅行記がアップされています。
これなどはそのスイートの様子が良く分かる映像と思い、ここに転載させていただきます。



有名なホテル・マニアがレポートしているだけにディテールに渡って見せてくれてますよ。
# by shackinbaby | 2017-05-13 12:45 | ホテル | Comments(2)
GWバンコク弾丸 (12) 「ザ・スコータイ・バンコク」の客室へ
僕のバンコク2泊目は「ザ・スコータイ・バンコク」。
f0036857_14522175.jpg

チェックイン担当の美女からガーデンスイートへのアップグレードを申し出られた時は、もう有頂天。
何でまたこんな凄いアップグレードが僕に・・・。
腰の低いベルボーイにアテンドされて、客室棟へと。
f0036857_14584714.jpg

ここを抜けると中庭。
振り返ると、チェックインをした本館の メインの部分(ここだけ9階建)。
f0036857_14524144.jpg

綺麗に整備された中央の通路の周囲には、完全シンメトリー配置の蓮池が広がっています。
f0036857_1452599.jpg

僕がアップグレードされた ガーデンスイート は、向かいに見える低層の建物の1階の庭園に張り出したテラスのある部屋。
f0036857_14531781.jpg

中庭の通路から本館メインの方を再び振り返ったところです。
f0036857_14533750.jpg

ここが中庭の先のホテル棟入り口。
ホテルは中庭の周囲にロの字型にあります。
f0036857_14535372.jpg

すべて本物の蓮、フェイクじゃありません。
f0036857_14541099.jpg

館内の廊下、気品ある白で統一。
f0036857_14543172.jpg

そこに並ぶ大きな木製の質感あるドアを開けると・・・
f0036857_14544886.jpg

おぉ、出ました、「ザ・スコータイ・バンコク」のガーデンスイートルーム!
f0036857_1503763.jpg

(ミニバー・コーナーはぎっしり物で埋まっていて、ティーバッグはTWG製。下は品揃えの良い冷蔵庫)
f0036857_150531.jpg

冷えすぎるほど冷やしてある部屋(確か16℃くらい?)に1歩入ると、高い天井、白い壁、質感のある木材(多分チーク材)、黒基調の石剤、鏡、タイシルクの張地・・・などが作り出す、まさに「ザ・スコータイ」の世界が現れます。
f0036857_1501836.jpg

そしてこの部屋を特徴づける、壁に美術館のように飾られたセラドン焼きなどのタイ陶磁器。
部屋の広さに対してやや小さめの窓なので(更に窓には厚めのドレープ)、部屋全体は照明を点けないとやや暗め、陶磁器のバックの赤い色とあいまってか、どこかエロティックな雰囲気もある部屋です。
f0036857_1511295.jpg

立派なデスク。
今ではこういうデスクはもう作れないでしょう。
f0036857_1525916.jpg

傷一つなくメンテナンスも良好。
コンセントも複数あり、仕事にも何の支障もありません。
もちろんfree wi-fiでもありますが・・・。
f0036857_1531716.jpg

このホテルでは昔からウェルカム・スイーツはこの特製生チョコでした。
これが旨いんですよ。
f0036857_1512661.jpg

でも昔は5個乗ってたような気がするんですけど(食い意地張り過ぎ?笑)
この椅子、張地のタイ・シルクが何ともいえません。
f0036857_1594946.jpg

椅子として座りやすいかと言われるとそうでもないのですが、ここにこれはピッタリ。
f0036857_152744.jpg

テーブルの上にはドラゴン・フルーツが一つウェルカムスイーツとして・・・。
f0036857_1522417.jpg

でもこれも食べるというよりは見る?
見ると言えば、これも思わず見入っちゃいますよね。
f0036857_1524294.jpg

まさか本物のアンティークではないのでしょうが・・・。
ソファセットの方向を変えて見るとこう。
この奥は超々々広いウェットエリアです。
f0036857_2073082.jpg

眼を部屋の奥の方に移していくと・・・
f0036857_2075212.jpg

180角度を変えられるTVの奥に天蓋付きのベッドが現れます。
f0036857_208123.jpg

この厚めのドレープの天蓋付きベッドもまたどこか淫靡な感じが(僕の感じ過ぎ?笑)。
f0036857_205364.jpg

TVのスイッチを入れると、NHKワールドが写るようになっているのにもびっくりしましたね。
f0036857_2054779.jpg

# by shackinbaby | 2017-05-13 08:23 | 旅行 | Comments(7)
reduced rates 13685円@ヒルトン東京お台場
kitakituneさんに聞かれたので、もう今更とも思ったのですが、僕が最近11050円++(13685円)という激安価格で泊まった「ヒルトン東京お台場」について、写真中心で・・・。
トイレタリーがこのホテルもクラブツリー&イブリンに変更になったくらいで、実際何か書き加えるほど変わったことは何もありませんでした。
f0036857_064752.jpg

本当にいつもと同じです。
f0036857_072332.jpg
f0036857_07333.jpg

客室はヒルトンルームからスーペリアデラックスへのアップグレード。
f0036857_075389.jpg

スーペリアデラックスでも部屋の仕様には少しずつ違いがあって、ここはキングベッド1台、バスルームとベッドルームの間に窓があり(もちろん閉められます)、ソファは4人掛けられるものが入っているタイプの部屋です。
f0036857_08371.jpg
f0036857_081310.jpg

ベッドサイドのコントローラーでカーテンの開け閉めが自動で出来ます。
f0036857_082659.jpg
f0036857_084012.jpg

TVが大画面なのは嬉しい・・・。
f0036857_085188.jpg
f0036857_09136.jpg

ガウン、浴衣完備。
f0036857_091142.jpg

ミニバーはヒルトン標準です。
f0036857_09284.jpg

冷蔵庫はすかすか。
f0036857_094266.jpg

セイフティボックス、使い捨てスリッパ。
f0036857_095481.jpg

バスルームは今回わずかに下水臭を感じました。
照明ももう少し照度があれば・・・。
f0036857_010797.jpg
f0036857_0101939.jpg

f0036857_0103246.jpg

トイレタリーが他のヒルトン同様、ピータートーマスロスからクラブツリー&イブリンに変更になっています。
少し香りが安っぽいかな?(感じ方によるかもですが)
f0036857_0144471.jpg

ラウンジのカクテルタイムは外のテラスで過ごしました。
前述のようにこの日は気温が上がり、湿度も低めで、風もあったので、最高のテラス日和。
f0036857_0151947.jpg

唯一の難点はあまりの気持ち良さに皆さん長居で、席がなかなか空かなかったことくらいでしょうか。
f0036857_015274.jpg

自分の部屋からの夜景。
f0036857_0104638.jpg

相変わらずこの景色は本当に素晴らしい、ましてこういう晴れた天気の良い日には・・・。
f0036857_0105970.jpg
f0036857_0111170.jpg

朝食はシースケイプのバフェでも、このラウンジ朝食でもどちらでもOKですが、僕は早朝チェックアウトなので、ラウンジでチェックアウトしてもらいながら簡単にちょこっと・・・。
f0036857_0115217.jpg

f0036857_012395.jpg
f0036857_0121423.jpg

f0036857_0122762.jpg
f0036857_0123843.jpg

早朝のゆりかもめ新橋行きの車窓から。
f0036857_14314628.jpg

もうこの頃から前日の晴天はどこへやら、かなりな曇天となってしまいました。
kitakituneさん、こんなところですが、いかがでしょうか?
# by shackinbaby | 2017-05-13 08:22 | ホテル | Comments(4)
ヒルトンの「go more, get more」プロモ
5月1日からのヒルトンの新プロモ。
kitakituneさんがコメント欄で触れられ、僕もそこで「皆さん、登録しておいてくださいね」と書いたのですが、やはりコメント欄では注目度が低く、改めて稿を起こしておくことにしました。
「go more, get more」というプロモです。
f0036857_13405153.jpg


     https://www.hiltonhonors.com/en_US/HHCM/20170425_15194/landing

Earn Double Points on every stay at 4,900 hotels when you sign up and complete a stay from May 1 through August 31, 2017.
Have Diamond Status? You will earn Triple Points on every stay from May 1 through August 31, 2017.


FAQは

     http://hiltonhonors3.hilton.com/en/promotions/bonus-promotion/faq/index.html

をご覧ください。
つまり8月31日までダブル・ポイント、ダイアモンド・ステイタスの人はトリプルになるというプロモ。
ステイタスによるボーナス増量はヒルトンでは初めてですかね。
ポイントを最大に受け取るためにはearning styleをpoints & pointsに変えておくことでしょう。
     
# by shackinbaby | 2017-05-13 08:21 | ホテル | Comments(2)
「コンラッド大阪」の内部映像
6月9日に開業を迎える大阪・中之島のホテル「コンラッド大阪」の客室やロビー、スパ&フィットネスのフロアがメディアに公開となっています。
「フェスティバルタワー・ウエスト」の33階から40階を占めるこのホテルのコンセプト「雲をつきぬけて」に伴い、レストランや客室、チャペル、宴会場などには「天の川」や「南十字星」など星をモチーフにしたアートワークがほどこされ、日本の代表的な工芸である「漆」をアクセントに、モダンななかにも温もりのある空間になっていると・・・。
最上級客室の「コンラッドスイート」は広さが220㎡で、真紅の漆で仕上げられた円形のバスタブが目を引きます。
館内には、ロビー・エントランスの名和晃平作の「Fu/Rai」をはじめ、389点の現代アートがいたるところに飾られているとのことです。



何とも早く体験してみたいですね。

     http://conrad.hiltonhotels.jp/hotel/kansai/conrad-osaka

     http://conradhotels3.hilton.com/en/hotels/japan/conrad-osaka-OSACICI/index.html
# by shackinbaby | 2017-05-12 18:52 | ホテル | Comments(10)
ヒルトンのタイムセール
ご存知とは思いますが、ヒルトンのタイムセールagainです。
5月16日午後2時から、19日午後2時まで。

     http://hiltonhotels.jp/sale

「日本国内対象ホテルが50%OFF」と言ってますが、果たして・・・。
タムコンには

すべての対象ホテルにて、シンプルステイ料金(以下「BAR」)およびベッド&ブレックファスト料金(以下「B&B」)から45%の割引が適用されます。ヒルトン・オナーズ会員の方には、さらにシンプルステイ料金およびベッド&ブレックファスト料金から5%の追加割引が適用されます。ヒルトン・オナーズ会員の方は、ヒルトン・オナーズ会員料金でご予約いただく必要があります。
BARおよびB&Bとは、特別な条件や制約のない特定の料金タイプで、購入日に応じて変動します(割引料金を除く)。ご予約時に宿泊料金の全額をお支払いいただきます。払い戻しはできません。ご予約は事前カード決済にて、宿泊料金の全額をお支払いいただきます。現地の法律により特に規定されていない限り返金やクレジットの発行はいたしかねます。代金を他のご滞在やサービス、商品に適用することはできません。予約後の変更はできません。このオファーを他のプロモーション、オファー、割引と併用することはできません。また、既にご予約済みの場合や団体予約には適用されません。この特典を第三者に譲渡したり現金と交換したりすることはできません。また、次回以降の滞在に利用することもできません


とありました。
残念ながら「コンラッド大阪」は対象ホテルに入っていません。
# by shackinbaby | 2017-05-12 18:51 | ホテル | Comments(12)
テラスが最高に気持ち良かった@ヒルトン東京お台場
この日の東京お台場。
日中気温はぐんぐん上がって28度くらいまでいったようですが、風も適度にあって、湿度は低く、「ヒルトン東京お台場」のラウンジのテラス@午後7時は気持ち良いことこの上なかったです。
f0036857_20023579.jpg


唯一の難点はあまりの気持ち良さに席がなかなか空かなかったことくらいですかね。
この日のレートは11050円++と激安。
ゴールデンウィークの満室、高値が嘘のような滞在でした。
# by shackinbaby | 2017-05-12 12:23 | ホテル | Comments(2)
GWバンコク弾丸 (10) 「パークハイアットバンコク」のオープン前ショールーム
ラッキーにも本日5 月12日にオープンとなる「パークハイアットバンコク」のオープン前ショールームをしてくることが出来ました。
f0036857_1249391.jpg

ホテルのお偉い人の「写真公開はオープン前はちょっと・・・」の釘刺しを守り、5月12日までは公開しないことにします。
写真も撮った半分以下の掲載と自主規制しておきます
f0036857_23311065.jpg


     https://bangkok.park.hyatt.com/en/hotel/home.html

ホテルの構成としては、エレベーター表示からは
     9階に「リヴィングルーム」(ラウンジ)、「エンバシールーム」(オールデイダイニング)、「プール」。
     L階(10階)に「レセプション」、「ホテルロビー」、「バー」。
     11階に「スパ」、「フィットネス」。
     12階から34階に客室。
     35階に「ザ・ペントハウス・バー&グリル」。
     36階はまだ表示なし
でした。
f0036857_23312753.jpg

↑のレセプション・デスクの向こうというか奥に行くと、階下にファンクション(バンケット)・ルームが広がっていますが、その吹き抜けに飾られているのが常滑のデザイナー「澤田ヒロトシ」氏の作品です。

     http://www.s-s-d.com/

f0036857_23321364.jpg

この他にも氏のデザインは数多く使われています。

f0036857_23315459.jpg


L階のレセプション・カウンター。
f0036857_23323150.jpg

タイのモチーフを思いっきりモダンかつエレガントにした像が目立つところにありました。
f0036857_23333594.jpg

窓の向こうに広がるバンコク市内。
f0036857_23325222.jpg

「この部屋などはいかがでしょう?」と見せられたのがこのdeluxe room(corner room)です。
f0036857_2334560.jpg

55~85㎡あるそうで、こういうテイストでまとめられています。
f0036857_23342585.jpg

上海のパークハイアットのような黒い大きなテーブルも印象的です。
f0036857_23344457.jpg

バスルーム。
ビューバスの部屋もあるということですが、案内してくれた彼、ちょっと不確かなよう。
f0036857_2335578.jpg

まだ水の入っていないプール。
この時はにわか雨に降られたので、プール周囲には出ませんでした。
いずれにしてもかなり小さいプールです。
f0036857_2335284.jpg

今度はスタンダードなsuite。
68~109㎡あるそうです。
f0036857_23354583.jpg

通常の部屋もスイートも階数(高さ)による値段の差はないそうですから、なるべく高層階を希望した方が良い感じです。
f0036857_2336088.jpg

バスルームのロータス・デザインもライティングの具合で微妙に変わり、なかなか格好良かったですよ。
トイレタリーはLE LABO社のBERGAMOTE22で、たぶん釜山のパークハイアットなどと同じはず。
f0036857_23361880.jpg

9階の「リヴィングルーム」というラウンジを彩るデザイン。
f0036857_23364079.jpg

シェフたちがアフタヌーンティー・メニューの相談をしていました。
f0036857_23381776.jpg

この階段を上がるとL階。
f0036857_23383449.jpg

階段一つとっても格好良いです。
「リヴィングルーム」から境なく続いている「エンバシールーム」というオールデイダイニング。
f0036857_2338044.jpg

f0036857_233709.jpg

アウトドアテラスもあり、プールサイドにも出られます。
f0036857_23373640.jpg

僕が気に入ったのはこの「エンバシールーム」のセミ個室。
周囲の壁はすべてジム・トンプソンのシルク張りという豪華さです。
f0036857_23372150.jpg

写真で見るより実物はずっと良いです。
いかがでしたか?皆様のご想像通りだったでしょうか。
今度はぜひ皆様の実際の眼でお確かめくださいね。
ただオープン当初はかなり限られた客室数での営業となるようなので、予約を取るのはちょっと大変かも。

# by shackinbaby | 2017-05-12 02:00 | 旅行 | Comments(14)