新千歳空港のリニューアル、ピーチ・バニラ・春秋のチェックインカウンターが2階に
国内線旅客ターミナル施設整備工事に合わせて南側から各社カウンターのリニューアルを実施してきた新千歳空港。
1月17日から、国内線旅客ターミナル1階にあったピーチ、バニラエア、春秋航空のチェックインカウンターと、ANAの団体チェックインカウンターが2階に移転、もともと2階にあったAIR DOカウンターと共にリニューアル・オープンしたとのことです。
これで各社のカウンターがすっきりレイアウトされましたね。



# by shackinbaby | 2018-01-19 18:54 | 旅行 | Comments(2)
今日の航空系面白ニュース

南米歴訪中のフランシスコ・ローマ法王がチリの首都サンティアゴから北部イキケに向かうLATAM航空の飛行機の中で、客室乗務員カップルの「サプライズ結婚式」を執り行ったということです。
2人は2010年2月に2010年2月にサンティアゴ市内の教会で挙式を予定していたそうなのですが、大地震で教会が崩れたため中止となり、婚姻届だけ出していたんだとか。
法王と乗務員の記念撮影の際、カップルが事情を説明して祝いの言葉を掛けてくれるよう依頼したところ、法王は「今、式をしましょうか」と逆提案。
驚くカップルを促して、航空会社幹部らを立会人に即興で結婚式を行ったそうです。
この空中結婚式、きっと2人にとって最高に思いでになることでしょう。
でもカップルが同じフライトに乗務なんて、確率的に・・・。
幹部が乗っていたのは法王が乗っていたためでしょうが。



# by shackinbaby | 2018-01-19 06:11 | 旅行 | Comments(2)
reduced rates 10679円@「ヒルトン東京ベイ」 (2)
激安価格で泊まった「ヒルトン東京ベイ」のking celebrio park roomレポートの続編です。
f0036857_8243047.jpg

白基調のデザインを優先させた部屋だからでしょうか、この椅子は相変わらず座り心地が良くありません。
f0036857_8244713.jpg

celebrio selectの部屋ではないので、冷蔵庫の中は空の状態。
次いで、ここもcelebrio selectとは大きく違うウェットエリアを見てみましょう。
f0036857_8251459.jpg

アメニティは最近のヒルトンすべて同じのクラブツリー&イブリン。
f0036857_825345.jpg

洗い場付きのバスルームでも、TV付きでもない、昔からのスタイルのままです。
f0036857_8255188.jpg

「セレブリオラウンジ」の説明書。
f0036857_829111.jpg

ダイアモンドメンバーへの説明書。
f0036857_8291817.jpg

午後5時半からのカクテルタイム時のバフェ・テーブルの様子です。
f0036857_8343923.jpg

この日は小海老のアヒージョ、ピザ、ミネストローネ、サンドイッチ、サラダ、チーズ、ピクルス、フルーツ、ケーキなどが並んでいました。
僕はサンドイッチ各種とサラダ、スープにチーズで結構満腹(たぶん昼飯を食べ過ぎたため?)。
f0036857_8345630.jpg

つまりこの日はこれで夕食代わりに。
パーク側の部屋だったので、午後8時半からのディズニーランドの花火見物には絶好でした。
f0036857_8351745.jpg

僕のポケット・デジカメでもこのくらいには写ります。
もちろん実際にはこの数倍はきれいです。
f0036857_835544.jpg

現在中華料理の「王朝」はクローズ中、リニューアルされて2月8日には再オープンするようです。
f0036857_8361273.jpg

今度はラウンジの朝食について。
f0036857_8455253.jpg

朝食は朝の6時半からで、「フォレストガーデン」でのフル・バフェでも食べられますが、あそことはとにかく混むので、食欲全開でもなければ、ここの方が良いでしょう。
f0036857_8363342.jpg

和食。
f0036857_8365055.jpg

サラダ。
f0036857_83778.jpg

コールドカッツ。
f0036857_8373236.jpg

パン各種。
f0036857_8374873.jpg

フルーツ。
f0036857_838745.jpg

基本アイテム。
f0036857_838231.jpg
f0036857_8384252.jpg
納豆もありますよ。
f0036857_839569.jpg
ま、今回は「こんな値段で泊まってすみません」的料金での宿泊だったので、アップグレードなんてなくても、全然気になりません。
これからもお得なレートが出れば、ビジネスホテル的感覚で使おうと思っています。
# by shackinbaby | 2018-01-19 00:02 | ホテル | Comments(2)
JALグループの今年度路線便数計画
JALグループの今年度の路線便数計画が発表になりましたが、あいかわらず地味というか堅実路線ですねぇ。
国際線では関西・ホノルル線と成田・バンコク線の増便を来年3月30日まで継続。
羽田・バンコク線ではJALスカイスイート仕様の777-200ER型機による運航を増やし、今年8月以降の羽田・バンコク線は、すべてJALスカイスイート仕様の777-200ER型機での運航となるそうです。

f0036857_21362068.gif
f0036857_21221269.jpg

また、日本・ロシア間のビザ発給要件緩和に伴う需要増加に対して、昨年度同様、成田・モスクワ線を増便し、今年7月~10月には毎日運航に・・・。
さらに成田・ホノルル線では夏の高需要期にファーストクラス付きのJALスカイスイート仕様の777-300ER型機を投入するとのことです。

f0036857_21365205.gif

ハノイとダラス線は787-9型機と大型機の使用。
国内線の新規路線としては徳之島・沖永良部・那覇線を7月より開設、「奄美群島アイランドホッピングルート」として奄美群島5島と那覇を結ぶそうです。



# by shackinbaby | 2018-01-19 00:01 | 旅行 | Comments(10)
「FLIGHT STATS」の2017年定時運行調査アジア・パシフィック主要航空会社部門でJALが第1位
今日のランキングはまたまた定時到着率。
アメリカの「FLIGHT STATS」の2017年定時運行調査で、JAL国内線・国際線の運航実績が、アジア・パシフィック主要航空会社メインライン部門、傘下の会社を含めたネットワーク部門双方で6年連続、8回目の第1位に選ばれたとのことです。

     http://press.jal.co.jp/ja/release/201801/004570.html

     https://www.flightstats.com/company/media/on-time-performance-awards/#1483397188573-43132da0-d5a8

では各地域のトップは?というと北米はデルタ航空、ヨーロッパは何とイベリア航空、中東・アフリカはカタール航空、南米はコパ航空、LCCではイベリアエクスプレスだったと・・・。
# by shackinbaby | 2018-01-19 00:00 | 旅行 | Comments(0)
仁川空港第2ターミナル本日オープン

韓国ソウルの仁川空港の第2ターミナルが本日オープンしました。
新ターミナルは地下2階、地上5階建て。
大韓航空のほか、デルタ航空、エールフランス航空、KLMオランダ航空などスカイチーム各社がこれまでの第1ターミナルから移転です。




大韓航空はファーストクラス乗客専用のチェックインラウンジも設けたとのことです。

f0036857_13222954.jpg
f0036857_13230490.jpg
プレスティッジクラスラウンジ(ビジネスクラスラウンジ)は2か所に。
f0036857_13241885.jpg
最新の空港ターミナルですから、各所に最新の技術が凝らされているのでしょう。
早く体験してみたいですが、僕の場合JAL以外選択肢がないので、コードシェア便でも狙ってみますか。



# by shackinbaby | 2018-01-18 12:37 | 旅行 | Comments(0)
「オリオン」の「ビアナッツ」
沖縄のお土産として、仕事場の若い人から全員にいただいた「オリオン」の「ビアナッツ」。
僕もこの5連で売られている「ビアナッツ」は見たことはありましたが、買ったことはなかった・・・。
これは沖縄の「オリオンビールを造る時にできるビール酵母を」使ったお菓子で、タコス島唐辛子、ウコンカレー、アーモンドチーズの3種の味が混じったもの、いわゆるナッツではありません。

f0036857_14000934.jpg



沖縄ではビールのつまみというとこれとのことですが、ビールを飲まない(飲めない)僕にも「やめられない止まらない」って感じでしたよ。
5袋がセットになった切り離しタイプで、値段を調べるとなんと300円(ごめん、Y君)、多くの人に配るばらまき土産には、これ最適ですね。
ご馳走様ぁ。


# by shackinbaby | 2018-01-18 12:36 | グルメ | Comments(0)
reduced rates 10679円@「ヒルトン東京ベイ」 (1)
僕の新春ホテル初め第4弾は舞浜の「ヒルトン東京ベイ」。
もう何回も取り上げたホテルですが、今回も簡単にレビューしておきます。
f0036857_235189.jpg

宿泊レートはking celebrio parkが1泊1室8750円++、総額10679円というもの。
f0036857_2352329.jpg

リゾートホテルなのでシーズナリティが大きく、閑散期はこんなに安く泊まれます。
f0036857_2354682.jpg

僕はこのホテルを東京駅から20分の舞浜というロケーションから、ビジネスホテルととらえ、値段の安い時だけ、主に仕事の前泊あるいは後泊として使っています。
今回の激安価格はセールの時に取ったもので、残念ながら混んでいるためアップグレードはなしということでしたが、メンバーシップのおかげで「セレブリオラウンジ」は利用できます。
f0036857_2361080.jpg

レセプションにはいつものスリランカ人男性がいて、僕の顔を見るや流暢な日本語で「お久しぶりです。お元気でしたか?」などと声をかけてくれます。
この人、本当に何時でも完璧なホスピタリティで、ヒルトンに置いておくのはもったいないほど(?)。
f0036857_2362595.jpg

ラウンジは朝の6時半から夜の8時半までのオープン。
f0036857_2364380.jpg

朝食はオープンから午前10時まで。
アフタヌーンティー・タイムは特になく、カクテルタイムは午後5時半から7時半までです。
f0036857_2371100.jpg

僕がチェックインしたのはカクテルタイムの前、テーブルの上にはまだ何も出ていません。
f0036857_2371964.jpg

アウトドアのスペースに出てみると、ちょうどサンセット。
f0036857_2374089.jpg

東京ゲートブリッジの所に真っ赤な太陽が沈みつつあり、富士山もくっきり見えています。
あぁ、良い景色、良い夕焼け。
f0036857_237565.jpg

ラウンジと同じ1階にある「ラウンジ・オー」では恒例のスイーツ・バフェ、今期は苺メインの「ストロベリーフィールド」をやっていたので、第2部は午後6時までだし、スイーツ以外のものもあるはずので、夕食代わりにここでも良いかと寄ってみましたが、完全満席、「1席もご用意出来ないんです」とのこと。
すごい人気です。
f0036857_2381459.jpg

現代的になったエレベーターで・・・
f0036857_2383038.jpg

アサインされた11階の部屋に急ぎます。
f0036857_2384791.jpg

おぉ、このタイプの部屋は久しぶりです。
f0036857_239694.jpg

最近ずっとアップグレードされて、セレブリオセレクトの部屋になっていたので。
f0036857_2393236.jpg

でもこのホテルには数の少ないキングの部屋になったのは、1人利用の僕としては嬉しかったかな。
f0036857_2394783.jpg

インテリアは若い人向けで、ホテルのウェブ

     http://www.hiltontokyobay.jp/rooms/celebrio

には

白が基調のシンプルな空間に、ゆるやかな曲線と、アクアソーダブルーやラズベリーピンクなどの
優しいマカロンカラーを美しく使った、明るく遊び心のある客室です。
アートを感じさせるこの空間で、とっておきのリフレッシュタイムをお過ごしください


とあります。
f0036857_2310832.jpg

独特のフォルムのコクーンソファが窓際に。
f0036857_23121253.jpg

窓からはディスニーランド(の駐車場)が見え、パーク側は35㎡、海側が広さが40㎡です。
これは最近いつも置かれているウェルカム・アメニティ。
f0036857_23122977.jpg

俺に部屋がアップグレードできなかったということでアルコールかスイーツをと言われ、スイーツをお願いしたら届いたバウムクーヘン。
f0036857_23134818.jpg

これが意外に美味しく、良いお土産になりました。
これ買うといくらなんだろう・・・。
# by shackinbaby | 2018-01-18 00:02 | ホテル | Comments(11)
reduced rates 34000円@ホテル椿山荘東京 (3)
「ホテル椿山荘東京」のプライムクラシックエグゼクティブスイートツイン(ガーデンビュー)という部屋を見ています。
f0036857_21201872.jpg

全体の広さが60平米なので、ベッドルームの方は、ベッド2台入ると、それで一杯という感じです。
f0036857_21203941.jpg

オリエンタルというか和の要素も強めのインテリア。
f0036857_2120556.jpg

ベッドやリネンは標準よりやや上、寝やすかったです。
f0036857_2121288.jpg

ここは簡単ですが、夕方のターンダウン・サービスもあります。
ベッドルームは窓も小さいし、ほぼベッドだけだし少し地味かなぁ、でも寝るための部屋とすればこれで良いのかもしれません。
f0036857_21214732.jpg

今度はウェットエリア。
f0036857_212296.jpg

リニューアルされてるだけあって、照明、空調は充分です。
f0036857_21222742.jpg

バスタブは広め、以前は東京一だったあっという間にお湯が溜まる水圧のすごさは今はありません。
f0036857_21254921.jpg

シャワーブスには頭上シャワーは無し。
4段切り替えのシャワーヘッドはハンスグローエ社ということろのものだそうです。
f0036857_21224524.jpg

バスローブは少しごわごわ。
f0036857_2123932.jpg

ベイシン脇にはTV付き。
f0036857_21232843.jpg

基礎化粧品セットが置かれ、アメニティは「ロクシタン」のシトラスヴァーベナシリーズでした。
これは良い匂いだし、どなたにも合いそう・・・。
f0036857_21265827.jpg

f0036857_21275745.jpg

個室のトイレ。
f0036857_21234653.jpg

開けるとライトの点くクローゼットの中はこんな具合です。
f0036857_2124885.jpg

ハンガーのパイプがビニールだったのは安っぽく感じましたが、一部のデリケートな衣服を傷めない為?
f0036857_21285220.jpg

改めて窓の外を見ておきます。
f0036857_21243021.jpg
なおホテルのHPはここです。

     https://hotel-chinzanso-tokyo.jp/

最上階に2016年9月に出来たスイートルームゲストラウンジ「パゴダラウンジ」は僕らのようなアップグレード客には利用できないようでした。

# by shackinbaby | 2018-01-17 18:32 | ホテル | Comments(2)
reduced rates 34000円@ホテル椿山荘東京 (2)
まだ若いベルに先導されて「ホテル椿山荘東京」のアップグレードされたスイートへ・・・。
f0036857_20583483.jpg

玄関やロビーは3階、2階がヘルスクラブ、1階はボールルームになっています。
客室は4階から14階までに全267室。
そのうちスイートは50室もあるそうです。
f0036857_213848.jpg

今回はプライムクラシックスーペリア ツイン(ガーデンビュー)からプライムクラシックエグゼクティブスイートツイン(ガーデンビュー)にアップグレード。
横に長いホテルなので、エレベーターから僕のアサインされたスイートのある一番端まではそこそこ歩きます。
部屋までアテンドしてくれた若い女性ベルはとても素朴な感じ。
しゃべるべき定型句は淀みないのですが、僕の何気ないちょっとした質問には?のニュアンスが・・・。
f0036857_20591277.jpg

ドアを開けるとこんな感じ。
一見して最近リニューアルしたんだな・・・が分かるきれいさがあります。
でも僕は閉めたドアのこういうところも見ちゃったんですねぇ。
f0036857_20593655.jpg

この前日には「パークハイアット東京」に泊まっていて、あそこのドアノブにしろ何から何までがピッカピカをずっと見てきたので、こういう眼に付くところの劣化(汚れ?)は気になりました。
ベルは丁寧かつ熱心に部屋の説明を・・・。
f0036857_20595390.jpg

たぶん「パークハイアット」なら、そのゲストを見てホテルに慣れているかどうかなどを判断、説明を省いたり、詳しくしたり、応変に対応すると思うのですが、このベルは覚えていることをすべて言わないと済まないタイプのようでした。
f0036857_2101126.jpg

ウェブにはこのプライムクラシックエグゼクティブスイートツインガーデンビュードルームの説明として

古きよきものを後世に受け継ぐ思いを大切に2015年9月、新たに改装した客室です。
リビングエリアとベッをフレンチドアで仕切った間取りとなっており、ご接待やビジネスミーティング、ご家族での旅行に理想的なスイートルームです。
ガーデンビューの客室からは、夕焼けや庭園のライトアップもご覧いただけます。
【デザインコンセプト】
■自然豊かな庭園との融合による、上質なくつろぎが心地よい“第二の我が家”
■古きよきものを後世に受け継ぐ思いを大切に
【設備】
●ハンスグローエ社(ドイツ製)の新シャワーヘッド設置
(4段階切替のマッサージ効果のあるスパイラル状のシャワーヘッドを新設。)
●アメニティは国内常設“初”のバスアメニティ「シトラスヴァーベナシリーズ」をお一人様1セット
●基礎化粧品セットを常設 (クレンジング、洗顔料、ローション、乳液の4点)
●アイロン、アイロンボード設置

部屋タイプ ツイン
広さ60平米
定員2~3名
階数8~14階
設置ベッド幅120cm × 長さ200cm × 高さ57cm 2台


とあります。
f0036857_2103120.jpg

ここのコーヒーメーカーはillyのFrancis Francis。
使い方の説明書はないので、ネスプレッソに慣れていると戸惑いますが、要はタンクに水をれて、カプセルを装着して・・・と同じは同じです。
カプセルは3種類、計6個。
f0036857_2104956.jpg

冷蔵庫の中の瓶のラベルの向きがばらばらなのはちょっと。
メインとなるエリア、リビングルームです。
f0036857_211751.jpg

ダブルのカーテンは電動で操作可能。
f0036857_2164689.jpg

窓際にデスク、仕事を持ち込んでも、この立派なデスクで、眼の前には大きな窓から椿山荘の庭園の緑、そして高層ビル群が見え、仕事もはかどりそうです。
f0036857_217766.jpg
f0036857_2172449.jpg

でも要注意、このホテルはこういうギザギザ構造のため、窓を全開にすると、お互いの部屋が見えてしまいます。
これはもう直しようがないのでしょうが、窓際で(人眼があって)くつろげないというのはこのホテルの大きなマイナスポイントだと思っています。
f0036857_2183887.jpg

最近多くなりましたね、無料貸し出しスマホ。
f0036857_2110668.jpg

簡単な登録は必要ですが、便利に使えます。
f0036857_21102630.jpg

机の裏側、窓のすぐ下を見てみると、最近リニューアルしたというのに、この配線はどうなんでしょう?
f0036857_1842433.jpg

窓の外はさすがのガーデンビュー。
f0036857_2181510.jpg

ここガーデンビューを更に楽しむにはもう少し低い階の方が良かったのかもしれませんが、高層になると東京のシティラインも良く見えてきて、どちらが良いのか迷ってしまいます。
f0036857_21114627.jpg

窓際のビジネスデスクもですが、このデスクなども木製のしっかりしたもの。
このリビング、色合いなども良く考えられているとは思うのですが、ソファなどの質感はだいぶ落ちます。
座り心地より耐久性で選んだような・・・。
f0036857_2112951.jpg
テーブルの上に「リシェス」(RICHESSE)という豪華雑誌が置いてありましたが、その次月号の特集は「ハイエンドホテルの未来」だそうです。
これは買わなくちゃですね。
で、これが「一休」特典のバウムクーヘンだそう。
f0036857_21153547.jpg

いただいといて申し訳ないですが、「は?」って印象。
この後「ヒルトン東京ベイ」でもバウムクーヘンをいただきましたが、こちらは見た目も味も「有難うございます」って感じでした。
フレンチドアの向こうがベッドルーム。
f0036857_21122752.jpg

全体で60平米なので、このドアというか壁を取ってしまって広い一部屋(ジュニアスイート)にしてしまった方が今風だったかもしれませんね、このスイート。
f0036857_21124670.jpg

後半に続きます。
# by shackinbaby | 2018-01-17 00:02 | ホテル | Comments(6)