HPCJのバースデイケーキプレゼント@コンラッド東京
僕の誕生月は3月。
毎年この時期にはHPCJのバースデイケーキプレゼントに惹かれて、たいていどこかのヒルトン系ホテルで食事をしています。
今年は「コンラッド東京」で・・・。
f0036857_2045332.jpg

最近のこのホテルは高いので宿泊はせず、ランチだけ。
3月までは食事だけでもHPCJ割引が20%OFFなのも都合良く、ランチでこのケーキをいただいてきました。
苺を多用したチーズケーキで、やはりホテルの格が上がると、プレゼントのケーキもどんどん美味しく、豪華になって行きますね。
ご馳走様でした<コンラッド東京「チャイナブルー」様。
なおHPCJのバースデイケーキ・プレゼントの詳細については

     http://www.hpcj.jp/news/id/2

をご覧ください。
# by shackinbaby | 2017-03-11 00:02 | ホテル | Comments(12)
宿泊予約転売サイトってどうでしょう
皆さんは「CANSELL」というサイトをお使いになったことはありますか?

     https://cansell.jp/

このサイトはキャンセルしたい宿泊予約を転売しようという人とそれを買いたい人との仲介サイト。
最近のフリマ・アプリの「メルカリ」や、チケット売買サイトの「チケットキャンプ」のような、2次流通市場の一つです。
転売の流れとしては、まず宿泊予約を出品者が自分で価格を決めて出品、売買が成立すると、販売価格から手数料15%を引いた金額が、出品者に支払われる仕組みのよう。
たとえば、1泊6万円のホテルをキャンセルし、50%のキャンセル料がかかる場合、宿泊者の負担額は3万円になります。
しかしこのサイトに5万円で出品し(元の宿泊料以上の価格は設定出来ない仕組み、高額転売防止)、売買が成立すれば、5万円から15%の手数料を差し引いた42500円が支払われ、普通にキャンセルするより、12500円損を軽減できるという流れです。
対応しているのは、予約者の名義変更を受け付けていない一部のホテルと、現地払いのケースを除き、国内ほぼすべてのホテルや旅館とのことですが、実際にサイトを覗いてみると、まだそう取引数は多くないようです。
今日現在ではヒルトン東京お台場などが出品されていました。
で、このサービスって法的にはどうなんでしょう?
「全国のホテルや旅館で使われている『モデル宿泊約款』には、禁止規定がないので、宿泊権利を包含する契約上の地位の譲渡として、宿泊施設の同意があれば、譲渡は可能」が法的な考え方なんだそうです。
海外には同様のサービスがすでにありますが、このサービスがこれからどんどんポピュラーになってきたとき、ホテル側の対応が変わってくるかもしれないし、流れに負けてホテル側の許容度も広がって行くのかもしれません。
いずれにしても注目したいサービスです。
# by shackinbaby | 2017-03-11 00:01 | ホテル | Comments(2)
そうだ京都行こう~無料宿泊@ハイアットリージェンシー京都 (5)
ハイアットからもらった1泊分のfree night awardで泊まった「ハイアットリージェンシー京都」。
昼間は日差しもあり、だいぶ暖かかったのですが、さすがに朝晩の気温はまだまだ低く、僕らの京都2日目はきりっとした冷たい空気の中で始まりました。
f0036857_2219678.jpg

ホテル玄関の外には、誰でもいただけるコーヒーなどが・・・。
こうした朝のコーヒー・サービスはロビーで行われているところがほとんどで、外で・・・というのは珍しいと思います。
f0036857_22193137.jpg

このホテルの朝食は、ロビー奥の「ザ・グリル」で朝6時半から始まります。
f0036857_2219545.jpg

洋食のバフェか和朝食。
有償で食べると3000円++のようです。
f0036857_22201067.jpg

それが2人分無料でいただけるので、ハイアットのメンバーシップは本当に有難いのですが、そのハイアットとも近々さよならしようとしています(残念ですが)。
f0036857_22202334.jpg

席は普通のテーブルの他に、カウンター・テーブルのようなところも・・・。
f0036857_22213765.jpg

僕らは窓際の席に案内され、奥さんは洋食、僕は和定食を頼みました。
f0036857_22205896.jpg

窓の下には石庭風のガーデン、僕らの部屋の窓も見えています。
ガラスがとても良く拭かれていて、とてもきれいだったのは〇です。
f0036857_22211769.jpg

洋食の方のバフェ・テーブルを見てみましょうか。
f0036857_22204167.jpg

出ているものを大体写しておきました。
f0036857_22222132.jpg

少し写真が暗いですが、右上に見える巨大なブロックから切り出すハムが、バフェのメインのようでした。
f0036857_22224434.jpg
f0036857_22225990.jpg
f0036857_22231875.jpg

f0036857_22234212.jpg

和朝食は注文してから15分ほどかかるということで、その間ここのジュース類と・・・
f0036857_2224062.jpg

このフルーツは食べて良いと言われます。
f0036857_22241924.jpg

で、和朝食。
これはここのキッチンで作っているのではなく、地下1階にある「東山」製とのことで、たぶん厨房も別なのでしょう。
例えばご飯の代わり一つにしても、持って来るまで時間がかかりますから。
f0036857_22243560.jpg

全体的には東京のホテルの和朝食よりは上かも(京都という先入観?)。
f0036857_22245666.jpg

魚は西京焼き、右側の白い液体は豆乳、壬生菜も季節のものですね。
f0036857_22251225.jpg
f0036857_22253077.jpg

朝食の後は早速行動開始、ホテルから歩いて6~7分の京阪七条駅を目指します。
# by shackinbaby | 2017-03-11 00:00 | ホテル | Comments(10)
大阪に出来る「星野リゾート」の600室超の大型高級ホテルは・・・
本当にこんなところに(失礼!)「星野リゾート」できるのぉ?です。

     http://www.city.osaka.lg.jp/kyoiku/page/0000392833.html

2019年に着工、2021年オープン予定の「星野リゾート」の大阪のホテルは客室600室超の大型高級ホテルだそうですが、ロケーションが何とJR新今宮駅北側に工場跡地なんだそうです。
f0036857_18472077.jpg

周辺には超高層ビル「あべのハルカス」や通天閣、天王寺動物園などがあり、商業施設が集まる場所ではありますが、数分も歩けばあいりん地区です。
f0036857_23572195.jpg

ネット検索すると現在この周辺のホテルは1泊1室463円~なんて値段が山ほど出てくるそんな土地柄です。
これを機にこの辺りも大きく近代化されるということなのでしょうか・・・。
それにしてもすごいところに出来るものですね。
# by shackinbaby | 2017-03-10 00:03 | ホテル | Comments(16)
転職するならANA+ビズリーチで500+2500マイル
こんなところまでマイルがたまりますよ。
転職希望の人はANA+ビズリーチでどうぞ、「BizReach for ANA マイレージクラブ」で見事転職先が決定した人には、アンケートの回答後にご祝儀として2500マイルがもらえるとのことです。

     https://anabizlife.bizreach.jp

上記「ANA BIZ Life」経由で、即戦力人材と企業をつなぐ転職サイト「ビズリーチ」をANAマイレージクラブ会員向けに特別アレンジした「BizReach for ANA マイレージクラブ」に新規登録し、審査が完了するともれなく500マイルももらえるそうです。
f0036857_19124129.jpg

# by shackinbaby | 2017-03-10 00:02 | 旅行 | Comments(4)
来週の東京の高級ホテルが高い理由
来週の東京は高級ホテルの値段がどこも高くなっている気がします。
理由はたぶん46年ぶりのサウジアラビアの王様御一行の来日故の、ホテル需要逼迫のせいでしょう。
中東の産油国の首長の外遊は豪勢なことで知られ、今回のサルマン国王も1000人を超える王族や企業幹部らが同行すると・・・。
ホテルだけではなく、移動のための高級ハイヤーも予約がすごいようで、まさに「サウジ特需」状態。
到着する羽田空港では、81歳の国王がスムーズに飛行機からおりられるように電動タラップも、すでにサウジアラビアから到着してるようです。

     http://www.sankei.com/politics/news/170308/plt1703080004-n3.html

3月12日から15日の東京(の高級ホテル)ステイはちょっと大変そうです。
# by shackinbaby | 2017-03-10 00:01 | ホテル | Comments(4)
「グランドハイアット福岡」のレストラン・リニューアル
もうハイアットはGOODBYEと言いながら、まだまだハイアットの記事をアップしていますが、「グランドハイアット福岡」1階のレストラン「アロマーズ」、ティーラウンジ「ラ・テラス」が3月末で終了、地下1階のベーカリー「スタールヴァンシス」は6月で終了し、夏からはレストランとティーラウンジ、ペストリーショップが一体となった複合型オールデイダイニングが誕生するとのことです。
新レストランには、フロア内に新しいレストランの顔となる「チャコールグリル」を配したオープンキッチンを設けるそうですが、お近くに有名ステーキハウスもオープンしたばかりですが・・・。
# by shackinbaby | 2017-03-10 00:00 | ホテル | Comments(4)
カタール航空の新ビジネスクラスシート「Qスイート」
さんだーばーどさん、aka BKS-BBAさん御用達のカタール航空の新ビジネスクラスシート「Qスイート」が発表になりました。

     http://www.qatarairways.com/global/en/press-release.page?pr_id=pressrelease_itbseatreveal_eng

航空業界で初めてビジネスクラスでダブルベッドが可能となり、、プライバシーパネルを備えて、調整可能なパネルと中央の4つの可動式モニターは、一緒に旅行する同僚、友人、家族で共有スペースとしたり、プライベートスイートにするなど、それぞれのシチュエーションにによって、変更できるんだそうです。
f0036857_17514145.jpg

f0036857_17565648.jpg

f0036857_1875595.jpg

う~~ん、ビジネスクラスのシートもどんどん変化していきますね。
もちろんカタール航空ですから、シートにはハンドステッチのイタリアン・レザー、ゴールドフィニッシングなど、贅沢なディテールが施されていたり、新たな食事や飲み物のコンセプトを発表し、機内食の提供メニューもさらにグレードアップされるそうです。
BKS-BBAさん、乗ってきてぇ!
# by shackinbaby | 2017-03-09 20:32 | 旅行 | Comments(6)
國光客運の「國光客運台北車站」オープン
3月2日の桃園空港MRT正式開業に対抗するかのように(?)、國光客運の新しいバスターミナル「國光客運台北車站」が同日オープンし、桃園空港・台北駅間の1819線が東三門からこの新ターミナル発着に移動となっているようです。

     http://www.kingbus.com.tw/newsContent.php?pid=486

僕は実際に見ているわけではないのですが、國光客運の新しいターミナルはMRT台北駅のM2出入口の上部に位置するようです。
f0036857_194430100.jpg

行き方についてはM1出入口から地下通路を通ってバスターミナルへアクセスすることができ、大きな荷物を持っている人はM2出入口のエレベータを使用することができると書かれています。
このターミナルのオープンにともない、今後、台北駅と桃園空港を結ぶシャトルバスは24時間体制で運行するとのこと。
台北駅から空港までの所要時間は約55分、運賃は大人125台湾元だそうです。
このバス、MRT開通後も、まだまだ需要はあるはずよね。
既に語経験の方、台湾在住の方の追加情報、訂正をお待ちしています。
# by shackinbaby | 2017-03-09 20:31 | 旅行 | Comments(0)
そうだ京都行こう (4) 居酒屋でも質の高い和食
僕らの京都での夕食は、友人の仕事終わりに合わせて午後9時とかなり遅い時間からのものに・・・。
店は京都近郊在住の彼に任せ、「大丸京都店」からほど近い食事の美味しい居酒屋というか、若者向け割烹といった店に予約を入れてくれてました。
f0036857_223328.jpg

人通りの多いところの角に建つ店ですが、なかなか一見では入りにくい感じ。
中はカウンターのみ、全部で12席くらいでしょうか、まだ若い寡黙な男性2人がただひたすら料理を作り続けています。
f0036857_223314.jpg

客の席からカウンター越しに、料理人まで1メートルもなく、息遣いまで分かる距離。
f0036857_2243235.jpg

お客に年配者はおらず、皆若そうな人達ばかりです。
そしてどの人も良く飲まれています。
これがこの日のメニュー。
f0036857_225190.jpg

全体にこういう外見の店にしては(失礼!)、値段高いですかね。
それでも春野菜の酢味噌和えのお通しに続いて、このメニューから、友人は飲む中心、僕らは食べる中心で・・・。
食べたものの半分も写せはしませんでしたが、主なものの写真を。
蛸と季節の菜の花の辛し和え。
f0036857_225474.jpg

蛸は本当に柔らかく、辛しと合います。
菜の花は少しピンボケだったのでもう1枚パチリ。
f0036857_2263668.jpg

素晴らしい色合いと味付けでしたね。
やはりこの店は居酒屋というより割烹と呼んだ方が良いのでしょうか。
f0036857_224173.jpg

お聞きすると、何でも「和久傳」のご出身とか・・・。
そりゃあ、料理が旨いはずです。
京都らしい素材からは生麩のバター焼き。
f0036857_2271384.jpg

蓬とかぼちゃの生麩。
これもバターの風味、塩味がちょうど良く、友人のお酒はどんどん進むようです。
奥さんも「ヘルシー過ぎなくて、これなら良いわね」とにっこり。
鴨肉100%の鴨のハンバーグ。
f0036857_2274214.jpg

鴨肉の美味しさと、和風だれ、合いますねぇ。
この店名物というポテトサラダ。
f0036857_2281325.jpg

ポテトはつぶさず、上から生クリーム・ベースのソースをかけただけですが、酒飲みにも〇だったそうです。
僕の〆は牛丼。
といってもここの牛丼は豪華で、醤油だれに漬けた和牛を炭火で炙り、丼にしたもので、旨くないわけない・・・という仕上がりです。
f0036857_2283366.jpg

小さい店で、炭火焼きメニューも多いので、強力な換気扇はありますが、時にかなり煙たくなります。
でも、それがまた、食欲をそそるんでしょうが・・・。
全体に美味しい店でした。
ただ少し値段が高めかな?(何度も書いてごめんなさい)
観光客などはいず、地元のちょっと収入高い目のヤング御用達のような店ですが、きっと京都にはこういう路線のお店は何百軒とあるんでしょうね。
なので、ここの名前は伏せておきます。
なお友人は、「ろはん」、「年神」、「うずら屋」、「富小路春隆」といった食事の美味しい系カジュアル店にも予約入れようと当たってくれたそうですが、彼と僕らの時間と店の空き状況が一致したのは、この店だけだったようです。
この店の後、近くにある古い京町屋を使った「Bar奥」というバーに移動。
ここは下戸の僕にはその価値が良く分からない店ですが、ウィスキーの種類がものすごかったです。
翌日は別の友人というか先輩と、今度は超豪華な店で夕食の予定です。
# by shackinbaby | 2017-03-09 00:04 | グルメ | Comments(29)