ものすごく慌しかった出張
ヘンな時間だったので、JALのダイアモンド・プレミア・ラウンジはガラガラでした。
北のラウンジのほうは外が見えるので良いですね。
あのセキュリティー・レインの後の窓なし部屋はいつになっても好きになれません。
f0036857_1551870.jpg

沖縄の「空港食堂」というジモティ御用達の食堂で、「ゴー・チャン」を。
f0036857_1552997.jpg

ゴーヤ・チャンプル定食、500円なりです。
少し足らない分は、仲間が買ったさわらの醤油タレ漬け寿司「大東寿司」。
f0036857_1554180.jpg

これ本当に南大東島の寿司なの?
シャリは甘めで、いい感じ。
ほとんどの人がこれを手にレジに並んでいました。
何がなんだか分からないほど慌しい半日の沖縄でした。
# by shackinbaby | 2007-01-26 01:54 | 旅行 | Comments(0)
いつもの店で新年会
和洋折衷、良いとこ取りのこの店のコースは僕の仕事場の女性たちに大人気です。
見た目にもキレイだし、食べて美味しい。
普段小食な子でも、最後のコーヒーまでOKでした。
f0036857_23243195.jpg

f0036857_23245327.jpg
f0036857_232548.jpg
f0036857_23251980.jpg
f0036857_23253083.jpg
f0036857_23254281.jpg
f0036857_23255426.jpg
f0036857_2326758.jpg

いつもご馳走様です。<筍亭さま
# by shackinbaby | 2007-01-25 00:26 | グルメ | Comments(0)
ヒルトン東京ベイ
「クラブ・イクスピアリ」のあと「朝まで騒ごう」(笑)という友人のリクエストで、ホテルを予約。
もちろん、舞浜でホテルといったら、僕の場合なんといっても「ヒルトン東京ベイ」です。
ホテル好きなので、本当は舞浜のいろんなホテルに泊まってみたいのですが、ホテルのロイヤリティー・プログラムの罠にまんまとはまっているので(笑)、ヒルトンがあるところはどうしてもヒルトンなのです。

リゾートライナーの駅から見た「ヒルトン東京ベイ」です。
f0036857_1472348.jpg

駅には誰もいません。
だってディズニーランドやディズニー・シーでのお楽しみ、真っ最中の時間ですからね。
こんな時間に駅にいるのは、舞浜に行ってもディズニーランドに行かない我々くらいなものです(笑)。
でも、駅で「おみやげ」は買いますよ。
それは、ここでしか買えない、ディズニーの絵柄つきの「パスネット」。
1000円のを10枚、どこでも喜ばれるので、我が家では常備のギフト品としていつもストック置いているのです。
クレジット・カードで買えるのなら(ポイントや、マイルがたまるから・・・・です)、もっと買っちゃうのですがね(笑)。
で、ヒルトンですがよほどのロー・シーズンなんでしょう、「ラッキー・デイズ」というディスカウント料金で、2名1室なんと13000円
嘘じゃないですよ、本当に「たった」の13000円なんです。
GWとかお盆とかの最繁忙期は5万円位するとも聞きましたが、それが今は・・・!
なんというシーズナリティーの差!
f0036857_1473746.jpg

それも、ヒルトンのメンバーシップのおかげで、最も人気あるモダンに改装されたデラックス・プラスの部屋にアップグレード。
やや広めの海側の部屋。
それに、朝食券、バーでのドリンク券、スポーツクラブの無料券、飲食料金からの500円引き券・・・なんやらかんやら沢山の特典がついてくるし、部屋には無料のミネラル・ウォーターやフルーツ、インターネット無料、浴室にはモルトン・ブラウンのフル・アメニティーが。
それも全部2人分づつ。
ヒルトン東京ベイさん、すご過ぎです、感謝しています。
ヒルトンの最上級メンバーでよかった、と思える優遇振りでした。
風呂にはクリアな画質のTVもついています。
浴槽がやや狭いですが、洗い場もあり、ハンド・レイン・シャワーも快適でした。
f0036857_1483065.jpg

窓の外には葛西の観覧車も見えます。
f0036857_149731.jpg

ヒルトンのスタッフは新人ぽさの残る人もいましたが、ベテランさんは誰も親切、ヒルトンのメンバーにはとても優しいホテルと思いました。
「朝まで騒ぐぞ」どころか、夜の10時には高いびきの僕ら(笑)。
翌日は、朝食もしっかりいただき、全員所定の時間には仕事開始できました。
最高に充実した「半日の」休日でした。

改めて、ありがとうございました<ヒルトン東京ベイさま。
# by shackinbaby | 2007-01-24 00:06 | ホテル | Comments(5)
次回のイヴェント「アルツハイマー」
f0036857_18728.jpg

関係者も「無関係」者も、この日は早稲田に!(笑)
# by shackinbaby | 2007-01-23 00:06 | 音楽 | Comments(0)
イクスピアリの・・・・
の「クラブ・イクスピアリ」に知り合いが出るということで、友人たちと夕方から舞浜に出かけました。
久しぶりの「イクスピアリ」ですが、こんなに「薄汚かった」(笑)?
隣接のディズニーランドなどが、年月を経てもその劣化を感じさせない素晴らしいメンテナンス状態なのに比べると、ここは・・・・。
特にひどいのが、上のレストラン街。
もともと「嘘っぽい」感じの作りが、ますます・・・です。
f0036857_138691.jpg

軽めの夕食にと、「アンジェリーナ」のサロン・ド・テに入りました。
ここも「アンジェリーナ」のパリ店を知るものには、安っぽすぎます。
出てくる料理も同じ感じ。
このオムライス、中のチキン・ライスもデミグラス・ソースも「コク」を全く感じません。
f0036857_1381741.jpg

唯一の「売り」は、ここだけの「デミ・ベア」でしょうか。
f0036857_1384018.jpg

でも、原価5円(?)くらいの「耳」付けただけだもんねぇ。
# by shackinbaby | 2007-01-22 13:09 | グルメ | Comments(0)
ピエール・エルメ
濃厚で芳醇な香り。
テクスチャーの違いが何層にも重なり、口の中でホロホロ、ハラハラ、シットリ、ネットリ・・・・溶けていきます。
チョコ・ガナッシュが美味しい「プレジール・シュクレ」。
f0036857_1335587.jpg

「ドゥ・ミルフィーユ」。
アーモンドが効いていて、僕はこちらのミルフィーユのほうが好きです。
f0036857_134978.jpg

うちへのお土産はダークチョコ掛けのヘイゼルナッツ。
高いけど、お土産の定番です。
f0036857_13475151.jpg

# by shackinbaby | 2007-01-21 12:48 | グルメ | Comments(0)
「ニオイ」の本
f0036857_12492527.jpg

すごい名前の本でしょ?
でも帯にあるとおり、「におい」をキーワードに平安貴族の暮らしに切り込んだ、歴史書であり文化書なんです。
それこそ、排泄物・廃棄物・動物・死などの「におい」から、芸術にまで高まった「薫香」の世界まで、読者を飽きさせずに「歴史書」「文化書」の質を保つ著者は、さすがにこの平安時代の時代考証のプロだと思わせます。
何で、僕がこの本を取り上げたかって?
「におい」フェチだから?(笑)
違います、この本の某所に僕のことが出てくるからです。
でも、僕が「におう」わけじゃありませんよ(笑)。
ご丁寧にも著者の教授から、いただいたのです。
そうでもなければ、「糞尿都市」とか「屍臭都市」なんて小見出しが並ぶ本には手が出ません・・・というか見向きもしなかったでしょう。
どこに僕のことが出てくるかは、ぜひ「お買い求め」のうえ、ご覧くださいませ。
(売り上げ向上努力中)
# by shackinbaby | 2007-01-20 00:46 | Comments(0)
黒ごまいちご大福
f0036857_21235381.jpg

今日の(というか昨日の)お夜食は、この「黒ごまいちご大福」。
奥さんがデパ地下で買ってきてくれてました。
名前の通り、写真の通りなのですが、黒ごま・餡とこの「大きすぎる」(笑)いちごのバランスが絶妙です。
ネットで大評判・・・というキャッチフレーズだったそうです。
埼玉県東松山市の富久屋さんというお店のものです。
# by shackinbaby | 2007-01-19 00:22 | グルメ | Comments(0)
ブルースを聴いてました
長かった仕事も終わり。
一つ一つは細切れだったんだけど、いくつも用事が連続していたから、ちょっとバテ気味で帰ってきました。
でも合間合間・移動時間に普段聞けないCDの大作BOX物に挑戦できたので、それはそれでまた良かったです。
f0036857_2181176.jpg

バディ・バイとジョン・リー・フッカー。
(後ろは近着のブルース雑誌)
ともに4枚組みで(バディの1枚はDVD)、彼らの初期から近年のものまでをマニアックに選曲してあります。
昔はこうした大作、編集者の愛情が人一倍感じられてすべて「良く」聞こえたものですが、近頃は如実に感じられる「全盛期を過ぎ行く哀れさ」に思わず気が滅入ってしまう時もあります。
僕が年を取ったということなのでしょうか。
バディーの、ジョン・リーの、最初期に見せるすさまじいまでの気迫、鬼気迫るギター・・・それが年代をさかのぼるほどに歌はマイルドに、ギターは「歌わ」なくなっていきます。
残酷です。
# by shackinbaby | 2007-01-18 21:21 | 音楽 | Comments(0)
最後の最後・・・
あまり写真のでないコンラッド・バンコクのデラックス・スイートです。
寝室部分はほとんど同じ作りですが、すべてに「さすが」の広さです。
ただ隣のオフィス・ビルが見えてしまう部屋もあるので、折角高いお金を払って泊まるのであれば、別方向のスイートがいいでしょうね。
僕はアップグレードだったし、ほとんど部屋にいなかったので、どうでもいいですが・・・・。
f0036857_1246263.jpg
f0036857_124655100.jpg

# by shackinbaby | 2007-01-17 00:45 | ホテル | Comments(0)