やはり本当だった?インターコンチネンタルとスターウッドの合併
やはり火のないところには煙が立たずですね。
ここでも前に「こういう噂が・・・」とご紹介したインターコンチネンタルとスターウッドの合併話ですが、「初期段階の合併交渉を行った」との報道が出、株式を公開しているホテル会社としては欧州2位のインターコンチネンタル・ホテルズ・グループは、ロンドン時間午後4時の時点で株価が3.7%上昇。
一時は5.5%高まで買い進まれたそうです。
スターウッドの株価はニューヨーク市場で、前日とほぼ変わらずとのこと。

     http://www.bloomberg.com/news/articles/2015-07-30/intercontinental-hotels-jumps-on-report-of-starwood-merger-talks

合併成れば、これで世界最大のホテル・グループの誕生です。
by shackinbaby | 2015-07-31 12:16 | ホテル | Comments(4)
Commented by shoji at 2015-07-31 22:09 x
またも出ましたね、この記事。
ここまで来ると信憑性も高いかもですね。
spgをメインにしてるのでどうなるのか関心があります。
Commented by shackinbaby at 2015-07-31 22:38
>shojiさん
もし本当に合併したとしても、スターウッドのメンバーシップ、ロイヤリティプログラムは上手いってそうなので、そこが大きく変わるなんてことはないような気がします。
つまりあまり客側には問題は出ないのでは・・・と思っています。
Commented by shoji at 2015-08-01 00:41 x
SPGのロイヤリティプログラムは秀逸だと思います。
個人的にはIHGのアンバのようにお金出してまでとは考えていないので、そうならないといいなと思っています。
Commented by shackinbaby at 2015-08-01 08:57
>shojiさん
合併するとなると、両社の力関係、合併条件などによるんでしょうけど、ブランド名は残っても、FSPはやがて統一されていくことになるんでしょう。
状況は違いますがル・メリディアンがスターウッド傘下になった時に、モーメンツというル・メリディアンのFSPはSPGに統一されちゃいましたからね。
名前
URL
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。



<< 今日の航空系面白ニュース~隣の... 弾丸ハノイ~もうこれ以上は食べ... >>