バンコク48時間食べまくり (18) ホテルのプールでミニ・ロイカトーン祭りをやるはずが・・・
僕の滞在時間、たったの46時間というバンコク旅行も終わりに近づいています。
今回の旅行で一番の高級レストラン「SAVELBERG」でのランチは長く、すっかり満腹になり、メートルドテルやシェフに見送られて店を後にし、宿泊先の「パークハイアットバンコク」に着いたのは午後3時も過ぎた頃でした。
僕のチェックアウト・タイムは午後4時。
シャワーを浴び、荷物をパックしていると、もう時間です。
お世話になりました、「パークハイアットバンコク」。
するとお世話になったハウスキーピングのちょっと偉そうな人から、部屋のアメニティーとして置いてあったチョコレート掛けのマンゴを「奥様へのお土産にどうぞ」と持ってきてくれました。
f0036857_18584242.jpg

更にチェックアウトのカウンターでは、これまたお世話になったJ氏から、「これはホテルからの贈り物です」と、ドライフルーツ3種類詰め合わせを・・・。
f0036857_1973561.jpg

どんどん荷物が増えてしまいましたが、有難くいただき、家族へのお土産とします。
僕はここで荷物をホテルに預け、最終出発の午後7時過ぎまで、最後のバンコクを楽しむことにします。
すると何にでも気が付くJ氏、「チョコレートが掛かっていますから、これだけは冷蔵庫でお預かりしましょう」と、チョコレート掛けのマンゴに気をかけてくれます。
荷物を預けた僕は、当初の予定ではバンコク最後の食事を某レストランで取ることにしていたのですが、残念、まだお腹が空かない・・・。
ランチが量的にもヘビーだったし、食事を終えてまだ2時間もたっていないので、仕方ないかもしれません。
ということで食事は断念、前にも行ったことがあるタイ・マッサージの店に。
そして再び「パークハイアットバンコク」二午後6時半ごろ戻ると、顔見知りになったナイトシフト専門のベルが「いまプールサイドでロイカトーンのイヴェントをやってますよ、ご覧になって行かれたらいかがですか?」と、まずまずの日本語で教えてくれます。
じゃ、ちょっと見て行こうと、プールのある9階へ・・・。
f0036857_18545473.jpg

ロイカトーン(Loi Krathong)祭り、またはロイクラトン祭りとはタイの伝統行事、収穫に感謝し、水の精霊に感謝し、罪や汚れを水に流して魂を清めるというお祭りと聞いています。
バナナの葉や紙で作った灯籠にロウソクや線香を載せ、花で飾って川に流します。
開催時期は陰暦12月の満月の夜で、ちょうどこの日がその日だったのです。
バンコク、スコータイ、チェンマイ、ターク、アユタヤのイベントが有名で、特にチェンマイではイーペン祭りと呼ばれ、コムローイ、コムファイと呼ばれる熱気球を空に飛ばします。
今年のには、ここによくいらしていただけるOtopussyさんが行かれたようです。
典型的な映像を2つ。
まずはバンコクのロイカトーン祭りです。



次はチェンマイのコムローイが空に上がるイーペン祭りのの様子。



こんな映像に比べれば、ホテルのプールサイドで行われていたのは、ほんのお遊び程度の真似事。
この日開かれていた「エンバシールーム」のスペシャル・ロイカトーン・ディナーの余興のようなミニ・イベントでした。
f0036857_18551552.jpg

スタッフがプールの縁に花を置こうとするのですが・・・
f0036857_18553660.jpg

風が強くて、どんどん流されていってしまいます。
f0036857_1856323.jpg

プールサイドにはこんなフォトスポットも作られ・・・
f0036857_18562523.jpg

ところどころにこうしたキャンドルもともされています。
f0036857_18564599.jpg

僕らゲスト(もうチェックアウトはしていますが)は自由に、この蓮の花に刺された小さなキャンドルに灯をともして、プールに流すというか浮かべる手はずだったのですが・・・
f0036857_1857512.jpg

現実には風の強さでキャンドルの火がすぐに消えてしまい、スタッフもゲストも、諦めモード。
f0036857_1857272.jpg

でもホテルの女性スタッフが、タイの古典的衣装に着替えてサービスに当たっていたので、彼女をモデルにパチリ。
f0036857_18574870.jpg

つかの間のロイカトーン・ムードを楽しみました。
f0036857_18581662.jpg

そして午後7時過ぎ、ベル・デスクで約束通り冷蔵しておいてくれたものを含め荷物を受け取り、空港に向かいました。
ただ注意すべきは、この時間、タクシーが捕まりにくかったことです。
ホテルの外では必死に呼び込みをしてくれているようでしたが、15分くらいは待ったので、急いでいる時などはちょっとイライラするかもしれません。
空港までの道は、この日、混んでいました。
by shackinbaby | 2017-11-23 00:02 | 旅行 | Comments(4)
Commented by フロムリスボン at 2017-11-23 02:03 x
パークハイアットバンコクですがご指導頂いた方法で何とか納得できるかというレートで予約出来ました。
チェンマイは数年前から凄い人気ですね。
Commented by shackinbaby at 2017-11-23 08:43
>フロムリスボンさん
それは良かったです。
ウォルドルフアストリアがオープンするまではここか「137ピラーズ」でしょう。
後者は1.5~2万バーツしますが、僕は前々回写真は撮れなかったものの(やんわり制止された)ショールームしていますが、かなりな出来でした。
Commented by ルーニー1985 at 2017-11-23 22:34 x
初めてコメントします。パークハイアットバンコクに宿泊予定していますが、グローバリストとしての特典一覧のようなものはありますか?ホテルによってはチェックインの時に、そういう用紙をくれたりするので。その他グローバリストの待遇についてなんでも結構です、教えてください。
Commented by shackinbaby at 2017-11-24 08:54
>ルーニー1985さん
初めまして、ようこそ当ブログにおいでくださいました。
本当に有難うございます。
チェックインの時に、自分の名前が入ったグローバリスト用の説明書をいただきましたので、それを写真に撮ましょう。
後でアップさせてください。
ちょうどバンコク関連の領収書などすべて破棄しようとしていたところなので、間に合って良かったです。
パークハイアットバンコクは良いホテルでしたよ、グローバリストには特によくしていただけると思います。
ぜひお楽しみになってください。
名前
URL
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。



<< 金武アグーしゃぶしゃぶ金武 「フューチャー トラベル エク... >>