大阪の味
「大阪の味」なんていうとちょっと大げさなタイトルですが、友人と秋の同窓会の打ち合わせをする他は何の用事もない「無理やり旅」(笑)。
どこで何を食べても良かったのですが、そういう時に限ってなかなか「これが食べたい!」ってものが思いつきません。
一人旅だし、豪華なものを食べたいって気もしません。
そこで、以前行った「はり重」の隣にある「カレーショップはり重」を今日のお昼にしてみました。
f0036857_1140735.jpg

「はり重」は前回も取り上げたように有名な精肉店(兼レストラン)。
芳芳さんもよく行かれていたというお店です。
当然精肉部門が高級志向のお店ですからそのレストランのほうも東京に比べて相当リーズナブルとは言えどやや高めの値段、その隣にある「カレーショップ」の方は一品500円くらいからの超安価なレストランになっているのです。
中は「はり重」の方と同じ、かなりレトロ。
それもチープめのレトロ感、一杯です。
f0036857_11403271.jpg

メニューはもちろんカレー・メニューが多いのですが、中に「ビーフワン」というのがありました。
「ビーフワン」???
聞いたことないなぁ、何だろう。
で、当然注文はそれにしました(笑)。
f0036857_11405713.jpg

出てきたのはいわゆる「他人丼」でした。
なんで「ビーフワン」って言うんだろう。
大阪ではそういう言い方するのかな?
味は至極まっとうなもので、ご飯の炊き方も悪くないし、美味しくいただきました。
金700円也でした。
動物園前という超ダウンタウンで降りて友人のところに行きしばらく歓談。
友人達を呼ぼうとしてもなかなか連絡が取れず彼も多忙、僕は一人で町をぶらぶら歩きしたい気もあったので、彼の夕食の誘いを丁重に断り、再び難波へ。
飛行機は午後7時過ぎ発の便だったので、早めの夕食はここで。
f0036857_11423990.jpg

角座近くのお好み焼き屋「美津の」です。
僕はここの名物「山芋焼き」という、山芋を使った超フワフワのお好み焼きのファンなのです。
f0036857_1143515.jpg

山芋焼きは、その名の通り、お好み焼きの小麦粉のつなぎを山芋に変えたもので、中にはさくっとした食感を残したきざみ山芋も入っています。
具材は貝柱など海鮮類。
いつものお好み焼きとは違った「外はパリッ、中はフワフワの半生みたい」という食感が病み付きになります。
隣の人が食べていた、お店の名を取った「美津の焼」というミックス焼きもゴロゴロしたバラエティ豊かな具材で、美味しそうでした。
辛子マヨネーズも、こういう粉ものには絶対の相性ですね。
店は小奇麗で、バックグラウンドにはジャズが・・・そんな「若者向け」そうな店ですが、どうしてどうして創業ウン十年の老舗だそうです。
by shackinbaby | 2008-02-03 00:45 | グルメ | Comments(2)
Commented by まっつん at 2008-02-03 08:21 x
今朝は雪だね。寒い。
君は仕事だろ、お疲れ。
でもさすがに今日はヒマなんじゃない?
俺はうちで自家製お好み焼きでも作るか。
この写真、うまそうだな。
ビームもすすむはずだぜ。
Commented by shackinbaby at 2008-02-04 11:52
そうでもなかったよ。
雪にも負けず出てきた人、多かったよ。
やっぱ「時期」なんじゃない?
名前
URL
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。



<< 大阪の味(2) 大阪へ・・・JAL国内線のファ... >>