僕の乗るユナイテッド航空803便は午後6時15分の出発、この時期、この時間はもう外はかなりな暗さです。
f0036857_1328698.jpg

この飛行機はワシントンから飛んで来たもののよう、機材は777-200です。
僕が予約を入れた頃にはこの古い機材ではなく、ライフラットの新シートが装着されたものが予定されていたのですが、年度途中でこの機材に変更されたようで、勝手にシートのほうも変更されていました。
f0036857_13282868.jpg

僕の席は8のA、すぐ前には、古い形のものですが僕の席よりはずっと坐り心地の良さそうなファーストクラス・シートが並んでいます。
f0036857_23164454.gif

ファーストクラスすら満席、さすがさすがの搭乗率です。
FAはかなりな高齢者ぞろい、体型も日本やアジアのキャリアーではあまり見ない超巨体の方も少なくなくて・・・。
f0036857_13284836.jpg

機内のサービスは本当にアメリカ~ンな感じ、日系の濃厚なサービスに比べると、とてもさばさばしたものです。
さすがにファーストクラスを担当するFAには笑顔がありとてもアテンティブに見えましたが、ビジネスの方はFAによっていろいろ、中には黙って目の前にものをぬっと出してくる本当に愛想のない人もいました。
僕の席からは、日系キャリアーと違ってファーストとの間にカーテンが引かれないので、両方のクラスのサービスの差をよく見ることが出来たんです。
f0036857_13291119.jpg

機内食はずいぶん簡単なもの、バンコクまでの6時間45分というフライトで3コースのディナー一回のみ、到着前の軽食はありません。
飲み物なども種類が随分絞られた品揃えです。
あと面白かったのはユナイテッドでは機内食のチョイスというのがとても大切らしくて、往路復路とも搭乗するとすぐに食事は何にするのか、3種類あるチョイスから必ずセカンド・チョイスまで聞かれました。
まずはグリーンサラダ。
量と鮮度は標準以上でした。
メインは牛ショートリブ、タイ風グリーンカレーソースのチキン、すずきの若狭焼きからの選択。
f0036857_132932100.jpg

僕の選んだショートリブの蒸し煮、甘酢風味はやや甘過ぎる気はするものの、かなりな美味しさだったと言えます。
ビーフのボリューム感も日本のキャリアーとは比べ物にならないし、その柔らかい蒸し煮具合も、味のしみこみ方も・・・これはなかなかの出来で満足感のうちに食べ終えました。
サイドのガーリック・マッシュポテトも付け合わせとして最高。
これだけは実に「トレーダーヴィックス」らしい一皿でした。
デザートはチェリーのタルト。
f0036857_1330310.jpg

ソースはクレームアングレーズ、いわゆるカスタード・ソースです。
テレビ・モニターは最悪(画面が小さい、画像が悪い、経年劣化で位置が保持出来ない・・・)、それでも道中長いので映画を一本。
マット・デーモンの「コンテイジョン」(CONTAGION)。
インフェクション(INFECTION)と言うより恐怖感のある単語で、僕の理解では接触感染と言うような意味です。
面白く見ましたけど、最後の方は現実にはありえないような・・・。
食事、映画、そして2~3時間の睡眠の後、ユナイテッド航空803便は定刻よりやや早めにバンコク・スワンナプーム空港に到着。
f0036857_13302587.jpg

プライオリティレーン用のパスは配られませんでしたが、幸いイミグレーションは各カウンター2~3人待ちのみという状態。
今回は預け荷物があったので、イミグレ通過後約5分でカルーセルに荷物は出てきました。
両替をして(この日は1バーツが2.57円くらい)、タクシーに乗ろうとすると、ここはかなりな列。
10分以上は待ったでしょうか、2時間の時差があるのでここからはタイ時間で記載しますが、午後11時20分着陸でタクシー乗車がちょうど日付が変わる頃でした。
タイにしては暑くない時期ですが、日本から行くとそれでも十分蒸し暑くて・・・汗が少しにじんでくるのも「あぁ、タイに来たんだぁ」の実感を盛り上げてくれます。
by shackinbaby | 2012-01-07 00:27 | 旅行 | Comments(17)

僕の2011年年末~2012年年始にかけての旅行は、ずいぶん前に予約を取ったユナイテッド航空のバンコク単純往復ビジネスクラス航空券を利用たもの。
予約を入れたのはユナイテッド航空の規約が変わる前だったので、かかった費用はわずかに4490円のみ。
あ、もちろん、これ、僕の「ピークシーズンの旅行は特典航空券利用で」のポリシー通り、日々の買い物だけで細々と貯めているユナイテッド航空のマイレージプラス提携のクレジットカードによるマイル、65000マイルを使っての予約です。
昔はこの半分以下のマイル(30000マイル)でよくバンコクやシンガポールに行かせてもらっていたのですが、最近はなかなかセイバー特典では予約が取れず、そろそろこのクレジットカード(セゾン・ゴールド)とも「さよならか」とも考えています。
f0036857_13183137.jpg

僕の出発はいわゆる出国ピークを過ぎた頃、なので成田空港第一ターミナルの混雑はご覧のようにたいしたことはありませんでした。
f0036857_13185823.jpg

ただ普段ワンワールド派の僕はめったにこちらのターミナルには来ないので、あちこちうろうろ、お上りさん状態でした。
f0036857_13192367.jpg

ユナイテッド航空カウンター前には、いつものJALの時のように無駄に人がいず、いたってクールな対応。
すべてのチェックイン作業を機械で済ませます。
f0036857_13194938.jpg

ただとても日本らしく、僕のようにまごまごしている人間にはちゃんと隣に人が来てアシストしてくれます。
僕の隣にいた人なんて何か何まですべてやってもらっていました。
それならグランドホステスもカウンターの中で業務したほうがやりやすいんでしょうが、ユナイテッドとしては将来を見据えて、このチェックイン機に早く慣れて欲しいのでしょう。
f0036857_13201047.jpg

僕の乗るユナイテッド航空803便バンコク行きは午後6時15分発、エアカナダとのコードシェアの表示が出ていますが、実際にはコンチネンタル航空、全日空などともコードシェアしています。
f0036857_13203953.jpg

チェックインカウンターは意外なほど混んでいなかったので安心をしていたら、セキュリティは大変なことに・・・。
いつもはJALのファストセキュリティレーンを使ってしまうので、この混雑には最近慣れていません。
贅沢になってしまっていました。
でもセキュリティを抜けると、イミグレーションはさほどの混みではありません。
大きな窓からは複数のユナイテッド航空機が見え、あ、これから普段乗らない飛行機に乗るんだぁと、旅人気分に浸ります。
奥さんに頼まれた化粧品を免税店で買った後、レッドカーペットクラブがユナイテッドクラブと改称されたユナイテッドのラウンジを横目に、ANAのラウンジまで進みます。
f0036857_1321214.jpg

もちろんJALの時のようにファースト用のラウンジを使うことは出来ず、ビジネスクラス用のラウンジです。
まずはシャワーを・・・。
直前まで仕事をしていたということもあるのですが、少し温まりたいという気分もあったのです、
f0036857_13212152.jpg

JALのと違って、完全にドアが閉まるタイプではなく、アメニティも一回用の使い切りタイプのものでした。
あと、便座の蓋がなかったのも、少し気になったかな・・・。
f0036857_13213951.jpg

シャワーの後はラウンジの中に・・・このアルコールのコーナーには意外なほど人がいません。
食事の充実度は、JALのラウンジに比べるとちょっとです。
f0036857_1321593.jpg

スープなどは品切れ、ラウンジが大きくくつろいでいるゲストの数も多いので、寿司などはすぐに品切れになっています。
当然昼は抜いてきているので(笑)、天麩羅そばもいただいちゃいました。
f0036857_13221867.jpg

たくさんのブースの中には、PCが・・・。
f0036857_13225122.jpg

滅多に来ることのないANAのラウンジ、充分利用させてもらいました。
あ、あとこのラウンジには、外貨両替機もあるんですね。
f0036857_13385979.jpg

ユナイテッド航空のボーディングタイムはかなり早く、午後5時半頃にはもうゲートが開きました。
さぁ、今回の旅行はどんな旅行になるんでしょう。
f0036857_13234079.jpg

by shackinbaby | 2012-01-07 00:11 | 旅行 | Comments(4)