2017年 03月 24日 ( 6 )
JAL、おまえもか・・・
パリ線が満席という状況にも驚きましたが、ANAのあの先例をどうして教訓にしないのか・・・とぷんぷんです。


by shackinbaby | 2017-03-24 20:57 | 旅行 | Comments(32)
ザ・プリンスギャラリー東京紀尾井町、ラグジュアリーコレクションホテル (3) ゲストルーム
僕らの泊まった赤坂・紀尾井町の「ザ・プリンスギャラリー東京紀尾井町、ラグジュアリーコレクションホテル」。
34階のクラブラウンジでゆったり座り、窓からの大東京のパノラマを見ながら、ウェルカムドリンクをいただき、更にはテーブル上一杯に出されているスイーツも堪能させてもらいます。
f0036857_17411898.jpg

僕らの部屋はラウンジと同じ34階と・・・。
ラウンジ・スタッフが部屋までアテンドしてくれ、部屋の説明、使い方を丁寧に教えてくれます。
部屋のドアなどは通常の「プリンス・ホテル」よりは重厚な作り。
f0036857_17444919.jpg

閉まる時もピアニッシモ、嫌な開閉音がありません。
部屋番号の下には小さなライトが付き、たぶん赤は「ドン・ディス」、緑は空室の表示かも(不確か)。
あれっ、ドア脇のこれは?
僕が聞く間もなく、部屋のドアが開けられ、中に入るよう促されます。
細長いホワイエの奥に部屋があるようです。
f0036857_1746021.jpg

ホワイエの右側には大きな姿見、左側には・・・やはりドア脇の鍵付きのドアはヴァレー(VALET)ボックスでした。
f0036857_17462861.jpg

最後までここの説明はなく、翌朝の新聞やシューシャインサービスの受け渡しにも、ここは使われませんでした。
こうしたボックスというかクローゼット、ホテルによって呼び方が異なるので正式には何と呼ぶのか分からないのですが、入口のドアを開けなくても物の授受が出来る便利なこれを、このホテルではパスボックスと呼んでいるようです。
f0036857_17465055.jpg

奥に入って行きます。
f0036857_17485825.jpg

おぉ、こういう作り!
窓はカーテンもブラインドも全開にされていて、窓も大きく2面あるので、明るく開放感を感じる部屋です。
f0036857_1747697.jpg

いかがです?この感じ。
さすがはコーナールームです。
f0036857_17472297.jpg

この東京のど真ん中に建つ高層ホテルに泊まるからには、窓からの景色は最高のご馳走、それを目いっぱい楽しむためにはこうした角部屋でしょうということで、この部屋タイプを選びました。
f0036857_17473690.jpg

予約は大手予約サイトの「一休」からで、プラン名は「特別価格&ビューバス付『グランドデラックス コーナー』へアップグレード!クラブ特典付 3月までの宿泊」という長いもので、「グランドデラックスコーナーキング」(ダブル)1泊2名1室81972円というもの。
f0036857_1747521.jpg

僕らの宿泊は土曜日だったので、ウィークデイよりさらに高く、8万円という値段にはビビりましたね(笑)。
shackinbaby家的には高過ぎ、最近こんな値段を出してホテルに泊まったことはありません。
f0036857_17492585.jpg

ま、「一休」のポイントがここから引かれるし、前にも書いたようにここに泊まるきっかけは西武系列のレジャー設備で使える金券をいただいたからで、その金額も引かれますが、それでもため息の出る値段。
f0036857_17494240.jpg

もちろんサードパーティー経由の現地払いにもその金券が使えるか確かめてからの予約です。
f0036857_1750063.jpg

(ソファは4人くらいは掛けられるL字型、もう少しクッション性が良いと好みなのですが。たっぷりのクッションは色合いも含めて〇。窓際のデスクにはBoseのCDプレーヤー。TVのリモコンは和デザインの箱入り。机は段差のある面白い作り)
f0036857_17502028.jpg

全体に良く揃っているホテル内ですが、ここまでは部屋の広さ(58㎡)に比して、ややごちゃごちゃ家具が置かれていて、大柄な人には少しせせこましい気がするかもしれません。
逆に特筆すべきはガラス窓のきれいさ。
これで外の景色がよりクリアに見え、いつでもこの状態位に保つことが出来ていたら、これはすごいでしょう的・・・。
f0036857_17503772.jpg

クローゼットは左右非対称に開きます。
f0036857_17505417.jpg

ネスプレッソ完備。
f0036857_17511568.jpg

冷蔵庫の中の瓶のラベルもすべてきれいにこちらを向けて並べられています。
f0036857_17513214.jpg

鉄瓶風(重くない)のスタイリッシュな茶瓶。
f0036857_17515070.jpg

ティーバッグなどはホテルのオリジナル・ブランドでした。
リヴィング・スペースをまとめて見たところ。
f0036857_1752685.jpg

さてこの部屋は前述のように「グランドデラックスコーナーキング」という部屋タイプ。
58㎡はありますが、ジュニアスイートではないので、リヴィング・スペースとベッドの間には仕切なしです。
f0036857_17522214.jpg

白いクローゼット。
エナメル塗装で、かろうじて安っぽさから救われています。
f0036857_17523677.jpg

まだ出来たててどこもきれい、必要なものは大体揃っています。
靴べら、ブラシ、使い捨てのスリッパ(小さ目)も・・・。
f0036857_1753359.jpg

浴衣もあるし、バスルーム前にはバスローブも、そしてターンタウンの時にリクエストでパジャマも置いておいてくれます。
パジャマは着心地の良いもの。
f0036857_204727100.jpg

空気清浄機付き。
温度、照明などのコントロールはベッドサイドにあるiPadでも簡単に操作できますが、壁面のコントローラーも分かりやすいです。
f0036857_17534559.jpg

この後は次回に触れますが、最後にフロア・マップを・・・。
f0036857_1754916.jpg

by shackinbaby | 2017-03-24 08:01 | ホテル | Comments(10)
福岡空港にはダイアモンドプレミアラウンジ登場
もう一つJALラウンジの話題。
3月30日には待望の福岡空港のダイアモンドプレミアラウンジがオープンするそうです。
同時にサクララウンジもリニューアルと・・・。
国内4か所目となるこのダイアモンドプレミアラウンジは、最近のラウンジと同じく「和」と「地域」がコンセプトのようで、和の素材や福岡の伝統工芸が随所にちりばめられたデザインになっているそうです。
面積はダイアモンドプレミアラウンジとサクララウンジを合わせると従来の約2倍、ほぼすべてのエリアが窓に面し、開放的な空間になるっているとも・・・。
f0036857_844283.jpg

ダイニングエリアにはかまど型のテーブルがあり、お馴染みJAL特製焼きカレーパンをはじめ、福岡限定となる熊本県産「万次郎かぼちゃ」を使った特製スープや味噌汁、パン、おにぎり等が用意されているそうです。
by shackinbaby | 2017-03-24 08:00 | 旅行 | Comments(0)
広島空港「サクララウンジ」リニューアル
JALのこのところのラウンジ整備は急ピッチですね。
新千歳空港や伊丹空港のダイアモンドプレミアラウンジの新設、那覇空港のサクララウンジのリニューアル、国際線もセントレアやバンコクのスワナプーム空港のサクララウンジのリニューアル・・・。
今度は広島空港国内線サクララウンジの全面リニューアルで、3月28日オープンとのことです。
ラウンジ・コンセプトは最近のJALラウンジと同じ「日本のたたずまい」のようで、ここ広島は赤みのある木材など和の素材を基調とした空間に統一し、広島をイメージした赤や鯉をテーマにした装飾品がラウンジを彩っているそうです。
ま、赤はJALも赤だし、カープも赤ですし、テーマカラーにはピッタリでしょう。
広さはこれまでの1.5倍に広がり、これまで40席だった席数についても1.5倍近い増席となっているとのこと。
場所は2階出発フロアのB/C搭乗口付近にあり、保安検査場がオープンする6時30分から最終便出発までオープンだそうです。
by shackinbaby | 2017-03-24 00:04 | 旅行 | Comments(0)
羽田空港国際線ターミナルでボディスキャナーの運用開始
3月29日から羽田空港国際線ターミナルでボディスキャナーの運用が開始されるそうです。
設置場所は、中央保安検査場と北側保安検査場。
導入機器は、欧米を中心に世界各国で使用されているアメリカのL3製「ProVision2」とのことです。
このボディスキャナーはミリ波と呼ばれる電波を使用。
これはX線等の放射線とは違って、照射されても遺伝子を傷つける作用はなく、電波の強さも、携帯電話の数100の1から10000分の1程度と微弱なものだそうですよ。


by shackinbaby | 2017-03-24 00:03 | 旅行 | Comments(4)
JAL、プレミアムエコノミーの当日アップグレードを値上げ
JALの国際線プレミアムエコノミークラスに空席が運航当日存在する時、エコノミークラスの乗客がアップグレードする際空港で支払う追加料金が、4月1日から多くの路線で値上げとなるようです。
アメリカ・ハワイは30000円/300USドル → 40000円/400USドル。
ヨーロッパはロンドンが30000円/210ポンド → 40000円/290ポンド (要航空旅客税)になり、パリ・フランクフルト・ヘルシンキが30000円/250ユーロ → 40000円/330ユーロに、モスクワは30000円/10000ルーブル → 35000円/18000ルーブルになるようです。
シドニーは変わらず。
アジアでは変わったところだけ記載すると、バンコクは20000円/6200バーツ、シンガポールは20000円/250シンガポール・ドル、ハノイが20000円・180USドルと倍額に、デリーは30000円/18000ルピーと1.5倍になるようです。
色々なところでジワリと値上げですねぇ。
by shackinbaby | 2017-03-24 00:02 | 旅行 | Comments(2)