<   2009年 07月 ( 57 )   > この月の画像一覧
バンコク弾丸旅行、滞在はたったの22時間 (8) 「AGALICO」は秘密のティールーム
結局は「ジム・トンプソン」で買ってしまったクッション・カバー。
買うまでには色々歩いたんです、暑いバンコクの街を・・・この苦労をうちの奥さんは分かってくれません(笑)。
といっても、その「街歩き」が、僕、大好きなんですけどね・・・(笑)。
BTSの「プロンポン」駅で降りて「エンポリウム」に・・・目星をつけていた店(タイ雑貨、家具を扱っているコーナー・・・)には、ちょうど良いものはありませんでした。
次は「エンポリウム」の反対側、スクムビットのソイ41にあるホアヒン・コットンの名店「コマパット」を目指しますが、残念、あるはずの店が見つかりません。
(あるいは、お休みだったのでしょうか?)
ついつい、このソイの奥は何があるんだろう・・・と探究心がわいてしまうので、結構な運動量です(笑)。
少し疲れたので、どこかでお茶したい、昼飯にはまだ早いし・・・。
で、思いついたのがトンローにある「アガリコ」(Agalico)です。
f0036857_1213295.jpg

BTS「プロンポン」駅の一つ先が、日本人の多く住む「トンロー」地区。
BTSの「トンロー」駅から「プロンポン」駅のほうに戻るように歩いて数分、この何の看板も表示もない真っ白い建物は比較的簡単に見つかります。
ここが週末にしか開いていない「秘密のティールーム」(笑)の「アガリコ」です。
この日は日曜日、たぶん開いているはず・・・。
f0036857_122312.jpg

あ、ドアは開きました、やっています。
眼の前に、一面真っ白の、タイとイギリスを混ぜてコロニアル・スタイルにしたような天井の高い(2階まで吹き抜けです)空間が広がります。
冷房もキリっと効いて・・・でも大きな窓からは木々越しに陽の光が一杯差し込んでいて、これは居心地良さそうなティールームです。
f0036857_12104862.jpg

バックグラウンド・ミュージックは無し。
店員は笑顔ですが、声を出しては挨拶しません。
席にも案内せず、好きなところに好きなように座っていい、というような仕草をします。
静寂が支配する空間です。
でも暖かさも充分感じられます。
tranquil and peaceful sanctuaryって感じでしょうか。
f0036857_12111417.jpg

店員は注文さえ取りに来ません。
こちらがカウンターに出向いて、注文するのです。
スコーンやケーキなど数種類がカウンターの上に・・・あとは飲み物を選びます。
ここは(カフェというより)ティールーム、飲むならここでは紅茶でしょう。
でも・・・でも、ここ、ティーバッグなんですよ、その紅茶が。
トワイニングのティーバックから好みのを選ぶんです。
f0036857_12115192.jpg

ここは本物の茶葉でやって欲しかったなぁ・・・(笑)。
ケーキはキャラメルのケーキにしましたが、ま、普通のケーキです。
日本だったら平均より下になってしまうかな・・・。
f0036857_12121021.jpg

色々なスペース、色々な椅子やソファー・・・その時の気分で好きな所に座れます。
(この店のHPによると、ここに置かれている家具などすべてが「売り物」だそうです
http://www.agalico.co.th/)
あ、奥に庭がありそう、出ても良いのかな?
f0036857_12122083.jpg

ドアを開けて外に出てみると、ここが「トンロー」駅から歩いて数分、すぐそばにバンコク有数の混雑道路のスクムビット通りが走っているなんて信じられないほどの緑豊かな庭園が広がっています。
f0036857_12123727.jpg

庭の奥にはイギリス式のちょっとシノワズリーも感じられる東屋が・・・。
f0036857_12124922.jpg

ここは人数さえ集まって(6人以上?)予約をすれば、使わせてもらえるそうです。
この日は中には入れませんでしたが、ここでのお茶会、きっと素晴らしい時間になるになると思いますよ。
f0036857_1301279.jpg

ここは3階までこの「白い家」が続いています。
2階から見下ろすと、こんな感じです。
f0036857_1303056.jpg

紅茶とケーキ、実にゆったりした平和な時間が通り過ぎます。
これで値段は190バーツ(510円)、バンコクにしては高い値段ですが、この雰囲気にこの値段は決して「高すぎない」と思います。
by shackinbaby | 2009-07-20 00:04 | 旅行 | Comments(6)
桃、もも、モモ・・・(笑)
いつもお願いしている笛吹市の農園から桃が届きました。
何軒かのお宅にお中元としてお届けするのと一緒に、自宅用にも送ってもらっているのです。
f0036857_1345624.jpg

もう箱を開けたときから、桃の良い香り。
沢山あったので、中国風に(?)山盛りにしてしまいました。
本当はフルーツ・キャップを外して盛りたかったのですが、それが躊躇われるほど、繊細な桃の表面です。
笛吹市はブドウと桃の出荷量が日本一の街だったような記憶が・・・。
笛吹市周辺のフルーツ・カレンダーです。
f0036857_13161663.gif

もう少し東京に近ければ住んでみたくなるようなカレンダーですね。
by shackinbaby | 2009-07-20 00:03 | グルメ | Comments(2)
面白投稿ビデオ
僕のように音楽とエアライン両方に趣味を持っている人間には、最高のビデオです。
ユナイテッド航空に自分の35000ドルもするギターを壊されたという実話を、歌にして、更に英語が聞き取りにくくてもその内容が良く分かる映像付きのビデオ。
http://www.youtube.com/watch?v=5YGc4zOqozo&feature=email
もう全世界で200万回以上見られているようです。
僕には幸いにしてこういう体験は今までないのですが・・・。
さて、これがユナイテッド航空の新ビジネスクラス・シートです。
f0036857_23263148.jpg

デザインはB/Eエアロスペース社。
ここは、2003年度のグッドデザイン賞を受賞した「JALシェルフラットシート」の基本デザインを担当した会社でもあります。
by shackinbaby | 2009-07-20 00:01 | 旅行 | Comments(2)
バンコク弾丸旅行、滞在はたったの22時間 (7) クッションカバーを探して~ジムトンプソン
ここからは多少「時系列」的ではなくなりますが、どこに行っても奥さんからのリクエストは頭に入れておきました。
最初に考えた「セントラル・デパート」のチッドロム店にも「エンポリウム」にも足を伸ばしてみましたが(両方ともBTSから直結です)、どこにも僕が探しているサイズのコットンのカバーはありませんでした。
(シルクなら辛うじて、サイズがあるにはあったのですが・・・)
それじゃ、発想を変えてコットン専門店はどうだろう?・・・専門店と言って僕が思い浮かぶのは「ナンダクアン」くらい。
大昔行ったことがあるだけで、場所もうろ覚え。
確かタイ料理屋の「プアンゲーオ」とかある近くだったはず・・・暑い中アソークのソイを探し回ります。
で、まだありました、「ナンダクアン」。
でも置いてあるのはファンシー過ぎなものばかり、若いお嬢さんの部屋には良いでしょうけれどね・・・というものでした。
で、結局その大きさのカバーを見つけたのは、めちゃくちゃベタですが「ジム・トンプソン」でした(笑)。
僕が泊まっている「ル・メリディアン・バンコク」から歩いて3分の、スリウォン本店です。
f0036857_1333342.jpg
f0036857_1333261.jpg

店の中でも奥の奥、あまり人のこないhome furniture(?)のセクションにいくつか置いてありました。
ここでは当然のことながらオーダーを進められましたが、そこまでは・・・。
あまり沢山の選択肢はなく、ジム・トンプソンらしく表はコットンでも裏はシルクというものでしたが、さすがにこの店のらしくデザインは凝っています。
本当は4枚欲しかったのですが、2枚しかないということで・・・。
f0036857_13334497.jpg

で、この茶色っぽい四角い大き目のクッションが、その時買ってきたものです。
奥に沢山置いてあるクッションもほとんどが昔買ったジム・トンプソンのものですが、シルクは滑るし、クリーニングも大変なので、真夏まではこの四角いクッションは重宝しそうです。
奥さんも気入ってくれたようで、一安心です。
by shackinbaby | 2009-07-19 13:13 | 旅行 | Comments(0)
ランキング?
このところ定期的にこのブログのアクセス報告をしていますが、7月10日にはユニーク・ユーザーが610人、ページビュー数が3126という「とんでもない」(笑)数字が報告されました。
嬉しいやら、驚くやらで・・・(笑)。
だってこんなに個人的な旅行報告のブログがそんなに沢山の方々に見られているなんて、この数字は本当なのでしょうか(笑)。
で、7月第1週の検索ワードランキングですが
1位 借金君
2位 ヒルトンプリンスクヒオ
3位 バリ フランバジニ
4位 ヒルトンハノイオペラ 
5位 ヒルトン 北京 王府井
という順番でした。
1位はもう不動ですね。
皆さん何を期待されてこんな名称を検索されるのでしょう〔笑)。
3位は、何故ランキングされたのか不明。
バリのサイトやブログなんて山ほどあるでしょうに・・・。
後は海外のホテル、夏休みのご旅行に備えての準備でしょうか?
いずれにしても、ここを見てくださった皆様、本当に有難うございます。
もしよろしかったら何か一言、足跡を残しておいていただけると嬉しいです。
今後ともどうぞよろしくお願いいたします。
今日は適切な写真が見つからないので、僕の昼飯を・・・(笑)。
ハウスの冷凍食品の解凍で、5分で準備出来ちゃぅ、超手抜き昼飯です。
f0036857_12554365.jpg

「シェ・イノ」が監修しているだけあって、ソースも本格派、肉もとても柔らかく、美味しい冷凍食品でした。
(ブロッコリーは僕が入れました、冷凍食品の中は肉とソースだけです)
by shackinbaby | 2009-07-19 00:51 | Comments(12)
バンコク弾丸旅行、滞在はたったの22時間 (6) ホテルから、BTSで街歩き
ホテルの窓の外は、こんな高層ビルだらけ。
シーロムやサトーン地区のビル群です。
f0036857_22345751.jpg

新聞はちゃんと日本の新聞が、天気情報とともに配られます。
これは嬉しいサービスです。
f0036857_2235187.jpg

昨日は深夜のチェックインで、別の顔を見せていた「ル・メリディアン・バンコク」のロビー・・・これが昼間の顔。
左側のブースがコンシェルジュ・デスクです。
f0036857_22354127.jpg

ラウンジ・エリア。
f0036857_2236222.jpg

ディスプレイもおしゃれですね。
f0036857_22362759.jpg

エレベーターの他に、こんな階段ででも2階にアクセス出来ます。
すごくクラビー(clubby)な感じが出ています。
f0036857_22364847.jpg

この人が誰なのか聞くのを忘れました。
このドアを開けてロビーから外に出ると・・・。
f0036857_22371064.jpg

もうすごい暑さと湿気です、33度C以上はあるでしょう。
外から見るとこんな感じのエントランス。
f0036857_22391231.jpg

更に引くと、ホテルはこんな風です。
とにかく回りに比べて、新しくてモダンなビルです。
f0036857_2238505.jpg

ところで皆さん、ここどこか分かります?
昼間のパッポンです。
信じられます?
f0036857_22374292.jpg

あの夜毎屋台と人で埋め尽くされているパッポンの昼間の姿なのです。
つまりあの屋台群は常設のものではなく、毎日組み立てられては取り壊されているのです。
もちろんタイのことですからすべて分業による作業です。
つまりやタイを組み立てる人と、屋台の売り子は別。
昼間のパッポンは人っ子一人居ず静か(写真には一人写ってますが・・・)、そして想像以上にきれい、清掃が隅から隅まで行き届いています。
これも清掃専門の人が相当動員されているのでしょう。
パッポン名物のゴーゴー・バーも昼間見るとこんな感じ。
f0036857_22394285.jpg

何か侘しいと言うか、滑稽と言うか・・・。
ホテルからソイ・パッポンを抜けてタノン・シーロムへ(「ソイ」は通り、「タノン」は大通り)、そこで「サラ・デーン駅」からBTS(スカイトレイン)に乗ろうというのです。
途中で見つけた「大戸屋」の看板。
(タイ語をほとんど使っていない広告は、どんなクライアントがターゲット?)
バンコクにも次々に支店が出来ています。
看板の向こうには、路上に寝そべるオジさんが居たりして、やはりここは日本ではありません(笑)。
f0036857_22403252.jpg

今日はこれからバンコクの街を色々動きたい・・・そんな時に強い味方なのが、このBTSの一日券(one day pass)。
一日に何回BTSに乗っても120バーツ(340円位)です。
5回以上BTSに乗り降りする予定の方なら、絶対お得です。
f0036857_22405717.jpg

BTSの駅と電車。
BTSが出来た時には、バンコクの中心部をうねうねと走るコンクリート製の線路と支柱が何とも醜悪で、どうしても好きになれませんでしたが、やはりその便利さには抗えません(笑)。
f0036857_22411832.jpg

そのBTSが今年の5月15日、久しぶりに路線が延長、何と「サパーンタクシン駅」からチャオプラヤ河を越して、トンブリ地区までが新たに開通したのです。
しかも今はプロモーション時期、この河越えが無料で乗れるんだそうです。
これは行ってみねば・・・(笑)。
あ、これを見たかったんですよ、電車の中から!
f0036857_22413992.jpg

河の左岸にペニンシュラ・ホテルとミレニアム・ヒルトン、右側にシャングリラ、オリエンタル、ロイヤル・オーキッド・シェラトンとバンコクの5星リバーサイド・ホテルが揃い踏みなんです。
f0036857_22422399.jpg

BTSの車内は、こんな感じです。
布などは使っていませんので、シートの座り心地はイマイチですが、車内は冷房がバッチリ効いていて、実にサバイサバイ(気持ち良い)です。
f0036857_22425199.jpg

さあ、終点の「ウォンヴィァンヤイ」駅に着きました。
川向こうのトンブリという地区にあります。
BTSが開通しなかったら絶対来なかっただろうローカルな所、駅の周辺はただいま大開発中といった感じで、あちこちで工事の音が響いていました。
f0036857_22431479.jpg

この時点でも、まだ朝は9時半ごろ。
まだまだ12時間以上はバンコクで遊べます。
やらなくちゃいけないのは唯一つ、奥さんに頼まれた「クッション・カバーを買う」ということだけです。
このクッションの大きさが実に中途半端で、このサイズを見つけるのは大変そう、それにシルクじゃなくてコットンが良いとのリクエストなので、探すのが大変かも・・・。
僕の経験からセントラル・デパートのチッドロム店が第一候補です。
次はMBK(マーブンコ-ン)でしょうか、でもあそこで「ある程度」のものとなると、すべてオーダー制かもです。
そのクッション・カバー探し以外の予定は何もなし。
BTSで移動中に、僕の記憶と直感で、行動を決めていきます。
by shackinbaby | 2009-07-19 00:32 | 旅行 | Comments(6)
ホテルで朝飯
ここの報告も遅れています。
ホテラバさん、ここ、どこの朝食かお分かりですか?
f0036857_1251683.jpg

六本木ヒルズが見えます。
でもこの方向以外にもほぼ180度の視界が開けていますから、これだけじゃ特定は難しいですよね。
で、ヒント。
大ヒント(笑)。
f0036857_1252273.jpg

部屋の窓からこれが見えるとなると、ホテル・ファンたるもの、何方でも分かっちゃうかもしれません(笑)。
僕の簡単デジカメで撮ってもこのくらいには撮れちゃいますから、高層階にさえ泊ままれれば・・・。
by shackinbaby | 2009-07-18 12:49 | ホテル | Comments(5)
バンコク弾丸旅行、滞在はたったの22時間 (5) 「LATEST RECIPE」の朝食
おはようございます・・・って、ほんの数時間寝ただけです(笑)。
でも超爆睡。
今夜10時過ぎにはもう日本に帰る「たった22時間」の弾丸バンコクですから、ゆっくり寝ている暇はありません(笑)。
廊下の端やエレベーターホールにある窓からは、もうギンギンの太陽が・・・。
外は暑そう!
f0036857_22164899.jpg

手前のワット(お寺)の古典的に建築に、あとは近代的な高層ビル、何やらゴチャゴチャした低層の雑居住宅のように見える地区も混在して、最近のバンコクの縮図のような風景が窓から広がります。
f0036857_2217814.jpg

さぁ、朝食です。
今回の僕のレートには朝食が付いています。
こんなに夜遅く寝た日には朝食をパスでも全然OKなのですが、ここの朝食は結構評判らしいので・・・そんなに「評判」なら試してみるしかないでしょう(笑)。
で、その朝食を出すレストランは「レイテスト・レシピー」(Latest Recipe)というこのホテルのメイン・レストラン。
ミシュランの3★シェフ、ジャン・ジョルジュ・ヴォンゲリヒテンが協力している店だそうです。
f0036857_22185112.jpg

これがエントランス。
ここの机の上に試験管のようなものが並んでいるのが見えますか?
これ、実は本当に試験管で、中にアイ・オープナーが入っているのです。
いかにもジャン・ジョルジュ・ヴォンゲリヒテンの店って感じですよね。
彼の料理には、ハーブや果物、珍しい野菜、更にはチリやクローブ・胡椒などのスパイスといった画期的な材料を使ったものが多いですが、ここのアイ・オープナーも、チリを使ったもの。
何種類かから選べますが、僕が飲んだのはパッションフルーツとメロンとチリという組み合わせのもの。
フルーツの甘みの後に、喉と頭を直撃するチリの強烈な辛さ!
これは本当にアイ・オープナーです(笑)。
胃だって、適度に刺激されますものね。
f0036857_2219525.jpg

ホテル全体のデザインに合わせて、レストランの中もモダン・シックに・・・。
エントランス付近は照明を落としてありますが、先のほうは一面のガラス窓で出来た、ちょうどこの下に位置するロビーからの吹き抜けになった、明るい開放的な席になっています。
f0036857_22201358.jpg

こんな感じ。
巨大なガラス窓から見えるのはホテルの向かいのビル群です。
バンコク一の歓楽街のビルですから、昼間見てもあまりきれいではありませんね(笑)。
f0036857_22203895.jpg

僕は明るいこの席が気に入りました。
いかにも朝食って気分になれます。
日の光はすでにもう一杯ですが、冷房は充分効いています。
f0036857_2221098.jpg

店内のディスプレイも、先ほど書いたジャン・ジョルジュ・ヴォンゲリヒテンが協力してる店にふさわしいものです。
f0036857_22212626.jpg

朝食はアラカルトでの注文も出来ますが、たいていの人はバフェで。
品揃えとディスプレイの美しさは、5★ホテル並といって良いでしょう。
まずは、ココナツのジュースから。
リゾートのホテルじゃなくて、ココナツが朝食時に置いてあるのは、タイでも珍しいのではないでしょうか。
f0036857_22214279.jpg

新しいホテルなので、カトラリーなどテーブルの上はすべてピッカピカです
f0036857_2222618.jpg

高級ホテルの朝食に必要なものはすべて揃っている感じです。
西洋料理、中華料理、日本食、タイ料理、果物、デザート・・・。
f0036857_2222263.jpg

この中央にいる人がとても感じの良いコックで、いつもニコニコ愛想が良く、丁寧・親切です。
↓のホット・ディッシュばかりを集めたコーナーは、超スタイリッシュです。
一つ一つのトレイの中もあまり沢山詰め込んでおらず、少量精鋭(?)主義。
この店のシグネチャー・ディッシュのシーフートのクレープ包みなんかも、ひっそり置いてあります。
f0036857_22225440.jpg

玉子はちょっとヘビーだし、和食は何にもタイで食べなくてもいいし・・・麺にしてみました。
バーミーナームです。
f0036857_22232420.jpg

さすがにここのはホテルのバーミー、出汁も本格派、具材なんかも屋台よりずっと高級です。
f0036857_2223492.jpg

タイのコーヒーは一般的にあまり美味しくありませんが、ここはイリーを使っています。
デザートも朝から色々選べますが、僕はアイスクリームを。
f0036857_22241234.jpg

スタイリッシュで大きいガラスの器に、フローズン・ドライのベリー類と一緒に盛ってくれます。
美味しいアイスクリームでした。
さぁ、朝飯もすんだし、もっと暑くならないうちに、少しバンコクを探検してみましょう。
で、今日の午後、ホテルはチェックアウトしなくてはなのですが、飛行機の出発は午後の10時半。
レイト・チェックアウトを交渉しますが、残念ながらスターウッドは平会員。
難航しましたが、午後4時までとゴールド・メンバーと同じところまでは成功。
後はSPGのスターポイントを1時間当たり750ポイント支払うということで、午後5時までのレイト・チェックアウト確約に成功しました。
これからまだ8~9時間はこのホテルを中心にバンコクを遊び歩ける段取りです。
他のタイの高級ホテル同様、チェックアウト後もシャワ-を浴びたりが可能なので、チェックアウトしても更に3~4時間遊んで、ホテルでシャワーを浴びてから空港へ・・・も可能です。
たった22時間のバンコク・ステイですけど随分沢山のことが出来そうですよ~~~(笑)。
by shackinbaby | 2009-07-18 00:14 | 旅行 | Comments(11)
すごい、まだ現役? ロイCと一緒に日本公演か?
このポスター、すごいでしょ?
これなら、コアなソウルファン、誰でも絶対見てみたくなりますよね。
f0036857_8284435.jpg

人間の健康なんて本当に分からないもの、まだまだ若いアリ・オリー・ウッドソンがleucemiaのために来日出来なくなるなんて悲しい事実もあれば、こんなベテランがまだまだ南部ではがんばっているのです。
下はROY Cのライブ写真です。
f0036857_13294650.jpg

両者とも、最近同一の人物がバックに付いたようです。
ということは、サー・ラティモア・ブラウンのカムバックCDの可能性も?
by shackinbaby | 2009-07-17 23:28 | 音楽 | Comments(0)
バンコク弾丸旅行、滞在はたったの22時間 (4) 深夜のカオカームー
部屋の偵察もほどほどにして(笑)、ホテルの目の前に広がるバンコク一の盛り場に襲撃です(笑)。
スリウォン側のパッポンにはホテルから歩いて30秒以内、タニヤにだって3分あれば行けます。
何と言う好立地なのでしょう、夜遊び派には「絶対」のロケーションですね(笑)。
でもそういう人には、ここの宿泊代は少し「高すぎ」かもしれません。
(遊ぶ方にお金沢山使っちゃうから、という意味です)
この時間、パッポンやシーロムの夥しい屋台群も、早いところはそろそろ店じまいです。
急いでシーロムまで出て、マッサージの最終に間に合わせます。
その店は午前1時までに入れば1時間の足マッサージはOK(2時間のタイマッサージはもう不可)なのを知っているので、ギリギリの時間に・・・。
シーロム地区なのでマッサイージの値段は高めで250バーツ、終わった頃には店はもう真っ暗、僕らの他には誰もいません。
彼女が鍵を閉めて帰るのでしょうか?
で、夜ももう2時過ぎ〔日本時間では4時過ぎ!)、さしものシーロムのソイ2,4辺りの狂乱も終りです。
ダンス・クラブからの帰り客ばかり。
でも、そうした客を狙っての屋台はまだまだ出ていて、このブログで過去2回は取り上げたことのある、このオジさんのカオカームー屋もその一つです。
f0036857_20275482.jpg

店を出している場所は多少変わりますが、たいていはこの辺(ロビンソン・デパートの近く)で、夜遅くまで(早朝まで?)やっているので、そう特別なカオカームーという訳ではないのに、ついついテイクアウトしてしまいます。
f0036857_20281827.jpg

カオカームー・・・僕の大好きなタイの「ぶっかけ飯」です。
カオはご飯、ムーは豚肉です。
豚足を中心にとろっとろに煮込まれた豚肉、注文を受けるとオジさんはチラッと僕のほうを見て(外国人かどうかのチェック?)、鍋(巨大な「たらい」みたい・・・)の中の豚のいろいろな部分をご飯の上に載せ始めます。
それに青菜、外国人と見るとたいてい頼まなくても煮玉子も1個入れてくれます。
(タイ人だと、玉子入れるかどうか聞いてるみたいです)
下手なタイ語で値段を聞くとたいてい「50バーツ」と言われますから(シーロムの屋台は高いです)、何も言わずに訳知りの外国人の顔をして40バーツ(100円~110円)出せば(笑)、それでOKです。
良くも悪くも、これがタイです(笑)。
(たぶんタイ人なら玉子の半分入れて30バーツでしょうけどね)
僕のように「訳知り」に振舞う(笑)外国人には、黙っていても、生の激辛唐辛子や大蒜、特製ダレなどもつけてくれます。
ホテルへの帰りに終夜営業のスーパー「フードランド」でマンゴも調達。
夏前までのタイのフルーツと言えば、それは何と言ってもマンゴでしょう。
(8月になると急にマンゴが不味くなると聞いたことがあります)
f0036857_20284263.jpg

店の人に「すぐ食べるので、熟れているものを選んでね」と身振り手振りで・・・慣れているせいかすぐに了解、匂いをかいだり柔らかさを確かめたりしながら、選んでくれます。
2個で59バーツ(150~160円)でした。
f0036857_2029292.jpg

ホテルの部屋でタイの味を満喫、カオカームーとマンゴ2個で丁度100バーツ、タイの物価の安さも満喫です(笑)。
f0036857_20292052.jpg

いくら飛行機の中で寝ているからといっても、もう日本時間で朝の5時前、そろそろ眠気が・・・。
こういうベッド周囲のホテル・オリジナルの小物たちも、かなりおしゃれ。
明日よく見直しましょう。
f0036857_2029422.jpg

バス・アメニティーはホテル・オリジナルのもの。
f0036857_20411829.jpg

シャワー・ブースも付いています。
f0036857_20311122.jpg

もう後は、ベッドに倒れこむように・・・(笑)。
by shackinbaby | 2009-07-17 00:20 | 旅行 | Comments(2)