reduced rates 34000円@ホテル椿山荘東京 (3)
「ホテル椿山荘東京」のプライムクラシックエグゼクティブスイートツイン(ガーデンビュー)という部屋を見ています。
f0036857_21201872.jpg

全体の広さが60平米なので、ベッドルームの方は、ベッド2台入ると、それで一杯という感じです。
f0036857_21203941.jpg

オリエンタルというか和の要素も強めのインテリア。
f0036857_2120556.jpg

ベッドやリネンは標準よりやや上、寝やすかったです。
f0036857_2121288.jpg

ここは簡単ですが、夕方のターンダウン・サービスもあります。
ベッドルームは窓も小さいし、ほぼベッドだけだし少し地味かなぁ、でも寝るための部屋とすればこれで良いのかもしれません。
f0036857_21214732.jpg

今度はウェットエリア。
f0036857_212296.jpg

リニューアルされてるだけあって、照明、空調は充分です。
f0036857_21222742.jpg

バスタブは広め、以前は東京一だったあっという間にお湯が溜まる水圧のすごさは今はありません。
f0036857_21254921.jpg

シャワーブスには頭上シャワーは無し。
4段切り替えのシャワーヘッドはハンスグローエ社ということろのものだそうです。
f0036857_21224524.jpg

バスローブは少しごわごわ。
f0036857_2123932.jpg

ベイシン脇にはTV付き。
f0036857_21232843.jpg

基礎化粧品セットが置かれ、アメニティは「ロクシタン」のシトラスヴァーベナシリーズでした。
これは良い匂いだし、どなたにも合いそう・・・。
f0036857_21265827.jpg

f0036857_21275745.jpg

個室のトイレ。
f0036857_21234653.jpg

開けるとライトの点くクローゼットの中はこんな具合です。
f0036857_2124885.jpg

ハンガーのパイプがビニールだったのは安っぽく感じましたが、一部のデリケートな衣服を傷めない為?
f0036857_21285220.jpg

改めて窓の外を見ておきます。
f0036857_21243021.jpg
なおホテルのHPはここです。

     https://hotel-chinzanso-tokyo.jp/

最上階に2016年9月に出来たスイートルームゲストラウンジ「パゴダラウンジ」は僕らのようなアップグレード客には利用できないようでした。

# by shackinbaby | 2018-01-17 18:32 | ホテル | Comments(2)
reduced rates 34000円@ホテル椿山荘東京 (2)
まだ若いベルに先導されて「ホテル椿山荘東京」のアップグレードされたスイートへ・・・。
f0036857_20583483.jpg

玄関やロビーは3階、2階がヘルスクラブ、1階はボールルームになっています。
客室は4階から14階までに全267室。
そのうちスイートは50室もあるそうです。
f0036857_213848.jpg

今回はプライムクラシックスーペリア ツイン(ガーデンビュー)からプライムクラシックエグゼクティブスイートツイン(ガーデンビュー)にアップグレード。
横に長いホテルなので、エレベーターから僕のアサインされたスイートのある一番端まではそこそこ歩きます。
部屋までアテンドしてくれた若い女性ベルはとても素朴な感じ。
しゃべるべき定型句は淀みないのですが、僕の何気ないちょっとした質問には?のニュアンスが・・・。
f0036857_20591277.jpg

ドアを開けるとこんな感じ。
一見して最近リニューアルしたんだな・・・が分かるきれいさがあります。
でも僕は閉めたドアのこういうところも見ちゃったんですねぇ。
f0036857_20593655.jpg

この前日には「パークハイアット東京」に泊まっていて、あそこのドアノブにしろ何から何までがピッカピカをずっと見てきたので、こういう眼に付くところの劣化(汚れ?)は気になりました。
ベルは丁寧かつ熱心に部屋の説明を・・・。
f0036857_20595390.jpg

たぶん「パークハイアット」なら、そのゲストを見てホテルに慣れているかどうかなどを判断、説明を省いたり、詳しくしたり、応変に対応すると思うのですが、このベルは覚えていることをすべて言わないと済まないタイプのようでした。
f0036857_2101126.jpg

ウェブにはこのプライムクラシックエグゼクティブスイートツインガーデンビュードルームの説明として

古きよきものを後世に受け継ぐ思いを大切に2015年9月、新たに改装した客室です。
リビングエリアとベッをフレンチドアで仕切った間取りとなっており、ご接待やビジネスミーティング、ご家族での旅行に理想的なスイートルームです。
ガーデンビューの客室からは、夕焼けや庭園のライトアップもご覧いただけます。
【デザインコンセプト】
■自然豊かな庭園との融合による、上質なくつろぎが心地よい“第二の我が家”
■古きよきものを後世に受け継ぐ思いを大切に
【設備】
●ハンスグローエ社(ドイツ製)の新シャワーヘッド設置
(4段階切替のマッサージ効果のあるスパイラル状のシャワーヘッドを新設。)
●アメニティは国内常設“初”のバスアメニティ「シトラスヴァーベナシリーズ」をお一人様1セット
●基礎化粧品セットを常設 (クレンジング、洗顔料、ローション、乳液の4点)
●アイロン、アイロンボード設置

部屋タイプ ツイン
広さ60平米
定員2~3名
階数8~14階
設置ベッド幅120cm × 長さ200cm × 高さ57cm 2台


とあります。
f0036857_2103120.jpg

ここのコーヒーメーカーはillyのFrancis Francis。
使い方の説明書はないので、ネスプレッソに慣れていると戸惑いますが、要はタンクに水をれて、カプセルを装着して・・・と同じは同じです。
カプセルは3種類、計6個。
f0036857_2104956.jpg

冷蔵庫の中の瓶のラベルの向きがばらばらなのはちょっと。
メインとなるエリア、リビングルームです。
f0036857_211751.jpg

ダブルのカーテンは電動で操作可能。
f0036857_2164689.jpg

窓際にデスク、仕事を持ち込んでも、この立派なデスクで、眼の前には大きな窓から椿山荘の庭園の緑、そして高層ビル群が見え、仕事もはかどりそうです。
f0036857_217766.jpg
f0036857_2172449.jpg

でも要注意、このホテルはこういうギザギザ構造のため、窓を全開にすると、お互いの部屋が見えてしまいます。
これはもう直しようがないのでしょうが、窓際で(人眼があって)くつろげないというのはこのホテルの大きなマイナスポイントだと思っています。
f0036857_2183887.jpg

最近多くなりましたね、無料貸し出しスマホ。
f0036857_2110668.jpg

簡単な登録は必要ですが、便利に使えます。
f0036857_21102630.jpg

机の裏側、窓のすぐ下を見てみると、最近リニューアルしたというのに、この配線はどうなんでしょう?
f0036857_1842433.jpg

窓の外はさすがのガーデンビュー。
f0036857_2181510.jpg

ここガーデンビューを更に楽しむにはもう少し低い階の方が良かったのかもしれませんが、高層になると東京のシティラインも良く見えてきて、どちらが良いのか迷ってしまいます。
f0036857_21114627.jpg

窓際のビジネスデスクもですが、このデスクなども木製のしっかりしたもの。
このリビング、色合いなども良く考えられているとは思うのですが、ソファなどの質感はだいぶ落ちます。
座り心地より耐久性で選んだような・・・。
f0036857_2112951.jpg
テーブルの上に「リシェス」(RICHESSE)という豪華雑誌が置いてありましたが、その次月号の特集は「ハイエンドホテルの未来」だそうです。
これは買わなくちゃですね。
で、これが「一休」特典のバウムクーヘンだそう。
f0036857_21153547.jpg

いただいといて申し訳ないですが、「は?」って印象。
この後「ヒルトン東京ベイ」でもバウムクーヘンをいただきましたが、こちらは見た目も味も「有難うございます」って感じでした。
フレンチドアの向こうがベッドルーム。
f0036857_21122752.jpg

全体で60平米なので、このドアというか壁を取ってしまって広い一部屋(ジュニアスイート)にしてしまった方が今風だったかもしれませんね、このスイート。
f0036857_21124670.jpg

後半に続きます。
# by shackinbaby | 2018-01-17 00:02 | ホテル | Comments(6)
エアバスA380型機、生産中止の噂

ANAが3機発注、来年から成田・ホノルル線に投入予定のエアバスA380型機。
エアバスのCOOは最近、「A380型機はエミレーツ航空と取引できない場合は、(生産)プログラムを中止する以外に選択肢はない」と述べたとのことです。

A380型機は去年末の時点で18社から317機受注、222機が引き渡し済み。
2017年の引き渡しは15期で、今年以降は月産3機を1機に減らしていくそうです
どうなるのでしょうか、A380型機。

# by shackinbaby | 2018-01-17 00:01 | 旅行 | Comments(9)
reduced rates 34000円@ホテル椿山荘東京 (1)
僕らの新春ホテル初め第3弾は本当に久しぶりの「ホテル椿山荘東京」。
f0036857_102797.jpg

以前泊まったのはまだ「フォーシーズンズ」時代でしたから、相当前のことになります。
f0036857_1024588.jpg

名称変更は2013年の元旦だったので、この名前になってから5年目の宿泊に・・・。
f0036857_103653.jpg

今回ここを選択した理由には最新の東京の「ミシュランガイド」で5黒パヴィリオンという高評価を得ているということもあります。
本当かな?と。

     http://shackinba2.exblog.jp/28759058/

僕が予約を入れたのは大手予約サイトの「一休」からです。
f0036857_1032915.jpg

プラン名は「シンプルステイ ~年末年始もホテル椿山荘東京で~(室料のみ/スパ半額)」というもので、プライムクラシックスーペリア ツイン(ガーデンビュー/禁煙)(ツイン)が1室1泊33320円++、総額39000円。
f0036857_104769.jpg

その頃、「一休」から送られてきた5000円のクーポンを使い、実質は34000円になりました。
f0036857_1043280.jpg

更に僕はハイアットの最上級ステイタスを諦める代わりに(?)、去年の秋、この「一休」のダイアモンド・ステイタスを取ったので、その特典も付くはず。
f0036857_1045791.jpg


•お部屋の無料アップグレード(チェックイン時の空き状況により ※ご予約がスイートルーム以上の場合は対象外とさせていただきます。)
•レイトチェックアウト13時まで(チェックアウト日が、土・日・休前日・GW・お盆・年末年始を除く、平日限定となります。)
•ウェルカムギフト(ホテル特製バームクーヘン)をお部屋にご用意(お一人様につき1個/連泊の場合は初日のみのご用意となります。)
•スパご利用代金半額 (大人お一人様 4320円→2160円)(メンテナンス等、休館日がございます。お子様(4歳~12歳)は割引対象外となります)
•駐車場代無料(1室につき1台まで)


f0036857_1052824.jpg

そんないろいろを考慮しての「ホテル椿山荘東京」宿泊でした。
f0036857_1055687.jpg

エントランスにはたいていの時間ベルは複数配置されていて、到着時の対応はスムーズ。
f0036857_1061182.jpg

ドアを一歩踏み入れると懐かしいインテリアが飛び込んできます。
f0036857_1063089.jpg

僕はこのホテルに詳しくありませんが、ロビーは「フォーシーズンズ」時代とほぼ同じかと・・・。
f0036857_1064620.jpg

ヨーロッパの貴族の館を思わせる中に、east meets westの要素がふんだんに取り入れられています。
f0036857_107157.jpg

欧米のデザイナーが日本を意識したインテリア?
f0036857_1072168.jpg

中央に位置するシャンデリア、生花、オリエンタルな壺・・・。
f0036857_1073774.jpg

懐かしい思いがこみ上げてきます。
f0036857_1075313.jpg
チェックインは「お掛けになってお待ちください」はあったものの丁寧で親切。
f0036857_108996.jpg
そしてスイートへのアップグレードを告げられます。
「一休」のダイアモンド特典通りではありますが、以前皆さんからのコメントで「一休」の特典は忘れられることもあると聞いていたので、一安心。
f0036857_1082622.jpg
これで年末の「コンラッドマニラ」から数えると、連続4宿泊全てがスイートにアップグレードされたことになります。
めちゃくちゃラッキーの一言。
f0036857_20090359.jpg

# by shackinbaby | 2018-01-16 00:02 | ホテル | Comments(9)
今日のランチ
僕の休みの日、奥さんは実家に帰っていたので、自分でランチを用意。
中津唐揚げの店の唐揚げ、コンビニのおにぎりセット、自作の卵サラダ、缶入りを温めたパンプキンスープ。
f0036857_2015023.jpg

料理ブログじゃなく、僕の日記代わりということで、お許しください。
# by shackinbaby | 2018-01-16 00:01 | グルメ | Comments(0)
「グランドハイアット東京」の「MDNA SKIN マドンナ ラグジャリー宿泊プラン」

歌手のマドンナのファンの方には「グランドハイアット東京」で開催中のこのプランなどはいかがでしょうか。

     https://www.tokyo.grand.hyatt.co.jp/restaurants/recommended/madonna-stay-plan/

「グランドハイアット東京」が1日1組限定で出しているプラン「MDNA SKIN マドンナ ラグジャリー宿泊プラン」というもので、マドンナのライフスタイルと世界観を演出した宿泊パッケージ。

f0036857_19111439.jpg
含まれるのは

     東京で唯一のプール付きのプレジデンシャルスイート
     彼女の直筆サインやメッセージカード
     彼女のネイルを再現したダイアモンドを使ったラグジャリーネイル
     シャンパンのルイ・ロデール・クリスタル
     彼女がお気に入りのローズキャンドルやローズマカロン
     彼女自身がプロデュースするスキンケアブランド「MDNA SKIN」 のフェイシャルトリートメントとコスメセット
     室内には彼女のCDやDVD

など、まさに豪華なマドンナ尽くし。
このプランの売り上げの一部は彼女が支援するマラウィの慈善団体に寄付されるそうです。
お値段は100万円(税サ、宿泊性別)とのことですが、部屋をスタンダードルームにすると7万円(同)から同種の宿泊プランはあるそうです。



# by shackinbaby | 2018-01-15 19:52 | ホテル | Comments(2)
クイズ?
クイズです。
2017年、世界で一番運航頻度の高かった国際線路線はどれでしょう?

     (1) 香港・台北線   
     (2) シンガポール・クアラルンプール線
     (3) シンガポール・ジャカルタ線

では国内線ではどれでしょう?

     (1) ソウル金浦・済州線
     (2) シドニー・メルボルン線
     (3) デリー・ムンバイ線






答は、OAG(Official Airline Guide)の統計によると、それぞれ(1)が正解、順位は(1)(2)(3)の順だったそうです。
国内線は羽田・福岡線とか羽田・札幌線じゃないんですね。
あれだけ飛んでいるのに・・・。
# by shackinbaby | 2018-01-15 19:51 | 旅行 | Comments(2)
お値段10倍のスイートに@パークハイアット東京 (6)
「パークハイアット東京」の「ジランドール」で朝食。
その後は45階から47階にあるスパ&フィットネスクラブ「クラブ・オン・ザ・パーク」に行ってみます。
f0036857_18512363.jpg

ここもグローバリスト特典でその施設すべてが無料で使えます。
f0036857_18513838.jpg

いつも素晴らしく整っているロッカー・ルーム。
f0036857_18515768.jpg

ホットタブ、水風呂、シャワー室、ドライサウナ、そしてミストサウナと揃っています。
f0036857_185658.jpg

f0036857_18562271.jpg

リラクシングルーム。
f0036857_18521745.jpg

どこも本当にきれいに整えられています。
f0036857_18523447.jpg
f0036857_18525369.jpg

エレベーターで47階に上がると屋内プールとフィットネスが・・・。
f0036857_18531192.jpg

どこのガラスも良く磨かれ、陽の光で一杯、素晴らしい空間になっています。
f0036857_18533174.jpg

自己流ですが、念入りに体を動かします。
再び45階に降りてきて、またホットタブに入り、このエリアでくつろぎます。
f0036857_18534957.jpg

そしてこの暗いリラクゼーション・エリアでTVを見ながら更にリラックス。
f0036857_1854739.jpg

部屋に戻ると、もう早くも昼前、窓からの景色も最高です。
f0036857_1854328.jpg
f0036857_18544794.jpg

午後4時までのレイト・チェックアウトもお許しもらっているので、めちゃくちゃゆっくりの滞在。
2月にはもう僕のグローバリストのステイタスも終わりを迎えるので、今後は滅多なことではハイアットに泊まらなくなると思いますが、僕のハイアット・ヒストリーのほぼ最後に、最高のアップグレードをいただいて、本当に感謝です。
あとは2月までに銀座に新オープンの「ハイアットセントリック銀座東京」に泊まるかどうか・・・です。
# by shackinbaby | 2018-01-15 00:03 | ホテル | Comments(14)
ジャンクだなぁ・・・
実家近くをドライブしている時見つけた某チェーンのラーメン屋。
まぜそばがイチオシのようだったので、普通盛り770円を・・・。
出てきたまぜそばがこれ。
f0036857_20550302.jpeg
麺は200g以上はあるでしょうか、普通盛りなのにもう大盛り。
トッピングは無料で、僕のは全部増し。
f0036857_20570852.jpeg
頼んだ僕も僕ですが、強烈すぎるニンニク、エビマヨとは名ばかりのマヨネーズやスライスチーズが無造作にトッピング、なかなかのインパクトでした。
美味しいインパクトなら良いのですが、太い麺もそれほどではなく、量も香りも味も油も僕にはtoo much、そういえば店内には若い男性しかいませんでした。
久しぶりに残してしまったジャンクな麺でした。

# by shackinbaby | 2018-01-15 00:02 | グルメ | Comments(4)
今日の航空系面白ニュース
シリーズ名に反して、全然面白くない、恐怖心いっぱいの映像です。
あわや海にというトルコのLCC、ペガサス航空のこのニュースは、一般ニュースでもやってましたね。


# by shackinbaby | 2018-01-15 00:01 | 旅行 | Comments(4)